薬物の吸収

0
9028

私/- 前書き :

薬剤投与の時間とし、その効果を得ます ; 薬には3つのフェーズにグループ化されたいくつかの段階を通過します :

ステージバイオ医薬品 : アクティブな生物の薬の可用性のステップを含みます. これらのステップは、医薬形からの活性物質の放出およびその溶解に結合され.

例えば、固体形態 (タブレット) : ソリューションの書式設定手順は次のとおりです : 腐敗と崩壊 (小さなサイズの粒子) その後、解散を形作ります ( 水性媒体中の分子状態で分散) 有効成分.

薬物動態の段階 : 時間の経過とともに体内での薬の将来の記述および定量的研究があります. したがって、吸収の研究を含んでいます, 配布, 代謝, 体内における薬物の除去 (コンセプトADME).

薬力学的相 : それは、活性成分およびそれらの作用メカニズムの生化学的および生理学的影響の研究であります

II /- 吸収の定義 :

吸収または再吸収は、全身循環へのその投与部位からの活性成分の移動現象であります. eimplique生体膜における旅客.

静脈内および動脈内を除き, 全てadministartionルートは吸収の現象によって影響を受けます.

III /- 薬物の吸収に関与物理化学的性質 :

1- 電離状態 :

薬の有効成分は、一般的に持っています, 弱酸または弱塩基の文字のいずれか, 例 :

葉酸BY pKaは 基本的なAP pKaは
アンピシリン 2.5 ストリキニーネ 8.0
アスピリン 3.0 パラセタモール 9.5
イブプロフェン 4.4 プロカイン 9.0

彼らは可能性が高いがある媒質のpHに応じて、イオン化しています, そして彼らのpK. ヘンダーソン-ハッセルバルヒの式に従って :

弱酸の場合 :

PH = PKaを + ログ {イオン化形態} / {非イオン}

弱塩基の場合 :

PH = PKaを + ログ {非イオン} / {イオン化形態}

2- Liposolubilité :

薬物分子の非イオン化分数によって運ばれる脂肪溶解度についてのKsの分配係数情報.

非極性溶媒中KS =薬物濃度 / 極性溶媒中の薬物濃度

もっとKsが高いです, 薬は、より可溶性であります.
もっとKsが高いです, PAの上に脂質膜を通過

3- hvdrosolubilité :

量が非常に限られている溶液中にあるように難水溶性物質は、難消化器系に吸収さ, したがって、水への溶解度は、消化器環境における薬物の溶解の制限要因であります.

4- 分子量 :

薬の転送速度はその分子量に反比例します.

非イオン化溶解された活性成分と十分に可溶性クロス
吸収部位の生体膜

IV /- 薬物の吸収に関与する機構 :

主なバリアは薬物は形質細胞膜を満たしていることです, 脂質二重層で構成.

薬物は、膜成分の参加を含む受動的プロセスまたは機構のいずれかによって膜を横切ることができ.

A- 受動拡散 :

これは、これらの分子が帯電されていない場合、有効成分分子が膜を通過することにより、最も重要な機構であります.

  • 懸念分子 liposilublesイオン化していません.
  • 濃度勾配の方向にあります.
  • エネルギーと輸送を必要としません。.
  • 薬物の物理化学的特性は、受動拡散を決定します.

B- 促進受動拡散 :

  • 分子の移動は、濃度勾配の方向であります.
  • これは、キャリアを必要とする現象であります (膜タンパク質).
  • それは飽和し、特定の現象であり、.

C- 能動輸送 :

  • 濃度勾配の反対方向にあります.
  • キャリア必須 (膜タンパク質) , そして、エネルギー
  • 能動輸送は、特定の可飽和であります.

D- 濾過 :

  • 細胞膜における孔を通る分子の通過.
  • 興味水と低分子量の分子 ( < 150 D)
  • 通路は、静水圧勾配または浸透圧の関数です。.
  • 飽和現象と特異性の欠如.

E- ラpinocytose :

これは、原形質膜の陥入によって形成されたベシクルに捕捉大きな分子の膜貫通路であります.

V /- 異なる投与経路によって、薬物の吸収 :

/- 経口薬物の吸収 :

1- 薬物の消化吸収に関与する解剖学的要素 :

要素

解剖の

生理学的特徴 PH 血管新生
  • 小さな吸収表面と厚い膜からなります (1 メートル )
  • 通常条件下で, 胃排出は高速であり、薬物の吸収における胃の役割は控えめです
1-3 低いです (血流量= 0,2 1/私に)
十二指腸
  • 材料交換表面
  • 有効成分の溶解を促進し、胆汁の存在
4-5 重要

  • 膜は、大きな吸収面を有する薄いです (microvillosité) (200 メートル2).
  • 小腸は、薬物吸収のための最も重要なサイトです
5-8 非常に重要 (血流量= 1 1/私に)

粘膜、胃腸を通る活性成分の通過はすべて貫通輸送機構を含みます : 拡散パッシブ ; 能動輸送 ; 促進拡散 ; 濾過らpinocytose.

2- 拡散薬のpH効果 :

唯一の非イオン化し、可溶性画分は、血液中に消化関門を通過します (pH = 7.4), 脂質proteiqueの性質 (受動的拡散による).

pHは、の間で変化します 1 と 8 腸内の, このpH値に応じて, イオン化および非イオン化形態の比率は、化合物のpKaに依存します.

低酸について :

例 1 : 医薬品のpKa = 3

•酸性媒体中で : Vionisationの低, 非イオン化分数大きいです, 薬は、最高の細胞膜意志.
•基本的な媒体では : イオン化が重要です, 画分は、より大きなイオン化場所, それによって物質の膜貫通部分を制限します.

弱塩基の場合 :

•酸性媒体中で : イオン化は大きくなります, 画分は、より大きなイオン化場所, 薬剤は、細胞膜を傷つけるだろう.
•基本的な媒体では : イオン化は低いです, 薬は、細かい細胞膜になります.

N.B : それが吸収される前に、活性成分の特定の量は、腸内の特定の酵素の影響下で代謝または変換することができます。 (Disaccharisadases , ジペプチダーゼ, エンテロキナーゼ, シトクロム) または形質転換産物による腸内細菌叢の酵素「は、腸の初回通過の効果である」代謝産物と呼ばれます

吸収した後、, 有効成分は、肝臓に行く門脈に達します. このレベルで, 画分を代謝することができます (=化学的に変換). 「初回通過効果」と呼ばれるこの現象は大幅に血流に到達する前に、これらの活性物質の量を減らすことができます.

3- 薬物吸収を修正する要因 :

A- 薬の物理化学的性質 :

  • PKAおよび活性成分のイオン化の程度
  • Liposolubilité.
  • 解散 (制限ステップ).
  • 剤形: (例: 液体形態; 吸収が速くなります).

B- 生理的要因 :

1- 消化の生理的なコンポーネント :

消化分泌 (PH stomacalアシド; 腸内細菌叢…) 物理化学的変化薬物分子につながる可能性.

2- 食べ物 :

薬の消化管吸収にダイエットの影響を予測することは困難であり、.

食事を取ることは、以下の変更が発生します :

  • 増加した内臓の血流
  • 減少した胃排出能 (高脂肪食)
  • 増加した胆管分泌.

3- 胃排出能 :

胃排出に影響を与える要因は、 :

  • 食べ物
  • 物理的な運動
  • ボディ位置
  • 薬物間相互作用

4- 内臓の血流 :

これは、直接、脂溶性薬物の吸収に影響を与えます

C- 薬物動態学的薬物相互作用フェーズ :

これが要因に薬の消化吸収を制限するパートナー薬のいずれかによって行われた変更の結果であります, つまり : 解散 ; 胃排出能 ; そして、腸の血流.

D- 医療条件 :

薬物の吸収は腸内輸送の混乱によって変更することができます, 分泌および腸粘膜の状態.

妨害波のレベル 結果
消化器分泌 内因子の分泌の欠如 ビタミンB12の減少吸収
胆汁分泌の不在 ビタミンKの減少吸収
腸粘膜 腸絨毛の変性 (クローン病) すべての薬の減少吸収
トランジット腸 腸粘膜に薬物接触時間を減少させました (diarrées). すべての薬の減少吸収

B /- 吸収舌下 :

薬は舌の下に置かれます, 消化管と同様の粘膜によって規定された領域, このレベルでの薬物吸収を助長する条件 :

-► 上皮ミンチ.
-► PH弱酸性.
-► 血液中に口腔粘膜を通じて豊かな可能通過を血管系

このルートで吸収任意の薬物, 防止 :

  • 様々な胃のPHのアクション.
  • 消化酵素.
  • 細菌叢.
  • 肝代謝 (肝臓の最初の通過)

C /- 吸収直腸 :

– これは、受動拡散によって行われます.
– 下大静脈へのドレインは初回通過肝臓を回避すること痔核静脈下部と内腸骨静脈に媒体リード.
– 痔静脈は、上記の肝臓に続い門脈に血液を供給し、下腸間膜静脈に接続されています.

リマーク : 直腸初回通過肝臓を回避し、確実に投与される薬物の量を予測することは困難です.

D /- 肺を介した吸収 :

肺は自分の体によって優れた吸収されています :

* 大きな交換面 (細胞の数は、の間で変化します 300 へ 400 何百万人).
* 非常に高い透磁率
* この投与経路によって非常に重要な血管新生吸収は、肺胞膜に受動拡散によるものです

E /- 非経口による吸収 :

薬物吸収は、直接体内に薬の一般急速に注入することです (静脈と動脈内の例外). そして、消化管による除去を回避しながら、. 但し, 全身循環に直接投与された薬物は、身体の他の部分に配信される前に肺を介して第1のパスの除去を受けることができます. distingueオン:

1- 薬物の吸収筋肉内 :

吸収は受動拡散又は容易によるものです.

活性成分は依存ではなく速やかに吸収されています : その脂溶性及び血管新生及び注射部位からの血流.

2- 皮下吸収 :

吸収は受動拡散又は容易によるものです, 吸収速度は、筋肉内にあるため、結合組織の地上物質の粘度のより少ないです (酵素を添加: 粘度を下げるヒアルロニダーゼ)

ガービ博士のコース. M – コンスタンティヌスの学部