虚血性脳血管事故が構成される

0
9678

私- 前書き :

DEFINITION :

  • 脳卒中 » AVC » 突然の神経障害です’血管起源の疑い
  • 脳血管虚血発作 » AIC » 突然の神経障害です’虚血起源であり、その臨床症状はそれ以上持続する 24 時間.
  • ストロークスの責任は 10 へ 12 % 先進国における死亡.
  • さまざまな種類があり、ストローク:

– AICは表し 80 % ストローク
– 出血性脳卒中 15% ストローク
– くも膜下出血 5 % ストローク

  • 75 % 脳卒中患者は、65以上の年を持っています( 若い被験者は、触れることができます
  • フランスの発症率 : 145/100000 住民/年、lとともに増加’年齢
  • わずかな男性優位
  • 脳卒中の有病率 4 8casへ / 1000 欧米諸国での時間
  • 脳卒中の死亡率はLMOISにあります 17 へ 34%
  • AIC危険因子であります :

– AITは、リスクを乗じて 7
– 相対リスクのあるHTA « RR »= 4
– RR = 1.5〜2と糖尿病
– 高コレステロール血症RR 1.3-2.9
– 虚血性心疾患 » RR = 4のIDM″
– RRとタバコ= 2.9
– 内膜メディアの厚RR 3.5
– アルコール, 避妊, 頸動脈の息, 夜の膨らみ

II- 解剖RECALL :

ARTERIAL SYSTEM :

  • 脳の消費 20% 質量lKg700gための心拍出量.
  • 脳血管系は、二つの動脈のシステムによって提供されます :

– 二つの内頸動脈 + 2つの椎骨動脈 + 脳底
– 脳の動脈サークル「ウィリス動脈輪」: lの基部にある脳Atの吻合’脳
– 浅大脳動脈
頚動脈 : 前のプロセスでのCIは、それが分かれclinoid 4 主要幹線の枝 :
1- 中大脳
2- A前大脳
3- A前脈絡膜
4- 後部通信

– 間に 2 前の大脳動脈、前交通動脈
分岐で脳底動脈 2 小脳のための後大脳動脈と所与の担保.

三の吻合レベル:
1- 動脈の間’入力する
2- ベースの動脈円
3- 皮質吻合足-mérinnes
血管新生C.EXE

TERRITORY CEREBRAL ARTERIAL :

フィギュア 5.2 の内部ビュー’右半球, 皮質枝および3つの大脳動脈の領土を示します. ACA, ACP, 前大脳動脈, 後部
フィギュア 5.3 の側面図’右大脳半球, 皮質枝および3つの大脳動脈の領土を示します.

VEINEU SYSTEM :

フィギュア 5.4 中大脳動脈の穿孔枝の分布, 脈絡膜前と後大脳 (回路図). L’前脈絡膜動脈は内頸動脈から発生します.
フィギュア 5.9 後脳の血管新生.

脳血管造影 :

III- PHYSIOLPATHOLOGIE :

  • 脳血流 « DSC » あなたl’生理学的状態= 50 ミリリットル/ 100グラム/分
  • 虚血 :DSC<22ML / 100グラム/分
  • 壊死 : DSC<10ミリリットル/ 100グラム/分以上3分
  • 10ミリリットル/ 100グラム/分<DSC<18mll00g /分=虚血性ペナンブラ領域.
  • のメカニズム’虚血:

– Thromboembolique
– 血行動態
– 動脈「lipohyalinosisを」穿孔の達成
– Vasospasme
– Hyperviscosité楽天

IV- 陽性診断 :

  • 審査 :突然発症, ATCD, リスク要因の研究
  • 神経学的REVIEW : 臨床病理学的症候群.
  • レビューの神経放射線学

SYNDROME臨床解剖学 :

– 梗塞頸動脈TERRITORY : 80% DES AIC.
– THEの領域内に梗塞’ ACM : 80% T.CIでAIC
– ACM梗塞TOTAL : 20 A 30 % CI梗塞 10 % 自治悪いPTC : 807早期死亡の前にO 15 J

LACA梗塞の合計 « 10% »
前脈絡膜動脈

地域で梗塞椎骨 :

脳幹梗塞 : « 7 へ 10 % 多くの場合、AIC»

PEDONCULES :

突起 :

BULB :

シンドローム・デ・ウォーレンバーグ :

大きなロータリーめまいでスタート + 病変部の側の眼振のhorizo​​nto回転 :

  • 痛みの片側顔面「V」との感覚鈍麻
  • 麻痺’嚥下障害を伴う半盲 » IX, バツ, XI »
  • 構音障害と小脳症候群動態
  • CLAUDE BERNARD症候群- ホーナー « 眼瞼下垂, enophtalmie, 縮瞳 »

* 病変部と反対側: -顔を尊重感覚鈍麻熱発痛.

の領域の梗塞’後大脳動脈 :

表面積 / 深い領土

小脳少ないです 5% 多くの場合、AIC :

  • L’広範囲の小脳梗塞は、それが’A. 小脳posterolateral下.
  • それは扁桃と擬似腫瘍臨床エンゲージメントを持っています : 死.

V- テスト :

A VISE診断POSITIF :

  • コントラストのないCTの脳 :

– L’虚血は動脈領域の限られた低密度をもたらします
– これは、通常であってもよいです 24 早い時間

  • IRM DW (B1000放送) + perdusion : 診断ダイスを初めて可能にし、虚血性ペナンブラ領域、前記, 画像高信号
  • バイオマーカー : «スループ»,MMP-、VCAM,vWFは、「6前診断が可能.

AIC CT :

輸液BROADCAST MRI :

Aは、病因と呼ば :

  • 首の血管のechodopplerと経頭蓋ドップラー
  • ECGおよび心エコー検査による心臓検査 « 経胸腔的および/または経食道
  • アンギオTDMらARM
  • 脳動脈造影.
  • FN5, グルコース , 化学パネル , 脂質アッセイ » コレスト,T6、LDL, HDL »; 炎症性のバランス, 血液学, 免疫学的バランス「のAc抗DNA, APL,.. »,

ドップラーDES CAROTIDES :

WE- 鑑別診断 :

臨床的に発生します:

  • 出血性脳卒中.
  • 二次脳腫瘍.
  • 腫瘍内出血.

VII- 病因診断 :

  • 頸動脈アテローム性動脈硬化症およびBRAIN : 20-30% 多くの場合、AIC.
  • HEART emboligenic :15 へ 20% AICと 23 へ 36% 対象若い「AC / FAで, IDM, valvulopathies,.. ».
  • 頸部動脈と脳解剖 : 20 % AIC若い患者.
  • 血液学の原因となります: 多血症 , thombocytémie, 白血病, 社会の, 凝固タンパク質欠損.
  • 他の原因:血管炎 » 全身性ループス », 抗リン脂質抗体症候群 , 妊娠,血管炎CNS ,
  • 常用癖, 感染症 » VIH , 梅毒 , ブルセラ症, HTA,….
  • IC未定原因 15 へ 40%

アテローム性動脈硬化症 :

L形成不全’椎骨動脈 :

16 小さな内頸動脈付加延髄 / 17 椎骨の正常なprétransversaire (A) および形成不全 (B).

VIII- MANAGEMENT : 位相ACUTE

  • L’AICは診断および治療上の緊急事態です
  • コンセプト « 時は頭脳 » 正確な時間枠での迅速な治療からなる
  • 患者が4時間前に入院した場合’ivのrt PAによる神経学的欠損血栓溶解のインストール < 4STROCK UNITEではhl / 2を考慮する必要があります « 神経血管ユニット » , このTRTは、再灌流を可能にします。’神経障害からの完全な回復.

– 動脈内血栓溶解を6未満に示すことができます
– 6前血栓吸引と血栓

  • 灌流は、T-PA«0.9mg / kgの»いけないデュ 10% エンボーラスシュルホームページ, 残りよりde60mn
  • の評価’神経学的状態/注入中15分

– 6時間と16時間での60分ごとおよび/ 30MN
– と: 頭痛, 少しPA, 嘔吐□注入を停止します + TDM

  • モニタリング: 「PA, ECB, 飽和 02, , FR, T°, 3DのためのGET」
  • 2時間BP測定/ 15mn, /30その後、16時間ごとに60分を6時間掛けmnは. そうでない場合は>180mmHgのまたはパッド>105ミリメートルHG – TRT antihypertenseur«ラベトロールOUニカルジピン».
  • 第六時間を超えて:
  • インターベンショナル神経放射線部門で実施する必要があり、最大で有効な血栓切除術’の兆候の開始後12時間’へのマンニトールによる脳梗塞TRT抗浮腫 20% (0.25グラム/キログラム/ 6H) フラッシュ 24 48時間s’CTで脳浮腫があります

lのTRT’収縮期血圧の場合は高血圧 > 220mmHgのおよび/または拡張期 >120mmHgの ; ノーませTRT<180mmHgのとDBP< 105mmHgの
– 抗凝固薬の予防投与量.
– 肺炎や尿路感染症のTRT
– 看護, 血行力学的定数のモニタリング » TA, パルス, FR,FC, T°,.. »
– 機能的リハビリテーション.
– lのTRT’病因

IX- INDUSTRY CAREストローク :

  • ICや他のストロークの学際的な管理の組織は、明確に定義された回路を通って行かなければなりません
  • フリーダイヤル番号と患者の並べ替えとコールセンター
  • AVC警告
  • 放射線医学センター内の通路の優先順位
  • 入場エンUNV
  • リハビリテーションセンター
  • 続い専門相談

バツ- 予防 :

  • Lによると’患者の病因とリスク要因 :
  • アテローム性動脈硬化症 :

– 鎮痛剤のプラケッタ « アスピリン 160 1300mg /日まで, クロピドグレル75mg / j »
– スタチン « 低脂血症 ».
– 頸動脈狭窄症の場合 > 70% TRT chirurgical » Endartéréctomie, 血管形成術 »

  • HEART塞栓 : 血小板凝集阻害剤の徴候に反する場合、治療量の抗凝固剤 « アスピリン »
  • 各特定の病因のためのTRT

XI- 予後 :

  • 年の死亡率は、 40%,
  • うつ病で 30% ケース
  • EpilepsieポストICのDANS 10%
  • 認知症のリスク
  • 障害の程度は、シートと脳損傷の程度や患者の医療分野に応じて変化します.

A.S FERKAOUI博士のコース – コンスタンティヌスの学部