急性気管支炎

0
6771

私- 定義 :

C&rsquoは、気管支及び終末細気管支の急性炎症であります, 主にウイルスやウイルス細菌の, D’良性のコース

しばしば病変周囲から破壊上皮細胞遊走に関連した初期段階, 血管拡張および粘液の過剰分泌は、カタル期を担当しています

II- クリニーク :

カタル段階後VASは、気管支炎の徴候を生じます :

乾燥相 (初期) :

  • 咳痛みを伴う乾燥ハッキング, 周囲温度の変化が推進する非生産
  • レトロ胸骨の痛みは燃えるようでした
  • 呼吸困難の努力
  • 温度上昇 (38-38,5) 発振, ウイルス血症の制御
  • TIME (無力症, 頭痛, myalgie)
  • L’聴診 : 彼らは、低周波の喘鳴に置き換えることができるよううなり声が聞こえます (気管支喘息;&rsquoとDGC差動)
  • 期間 4-5 J

湿式相 :

  • 期間 3-4 J
  • 咳や乾燥や痛みを伴います
  • サイン一般的なS’修正
  • 呼吸困難が消えます
  • 咳は油性となり, ムコになることができセロ粘液喀出をもたらします- 細菌の重複の場合は化膿性
  • 喀血小さな豊富さが時々現れ、地上許せば内視鏡検査を課すことができます

III- 進化 :

  • 自己制限, 後遺症なし
  • 咳はヶ月と&rsquo見週間持続し得る;&rsquo外観、ポストウイルス気道過敏性
  • 特に、喫煙中, それは、慢性気管支炎のテーブルにつながることができます

IV- 病因 :

ウイルス :

  • ミクソウイルス
  • パラミクソウイルス
  • サイトメガロウイルス
  • アデノウイルス

細菌 :

  • ヘモフィルス・インフルエンザ
  • 肺炎連鎖球菌
  • クラミジア・ニューモニエ
  • マイコプラズマ肺炎
  • ボルデテラpertuisis

V- 臨床フォーム :

いくつかは、D&rsquoよりも懸念されている。他の :
– スラストD’&rsquo増悪、慢性気管支炎 (表D’ IRA)
– 増悪デDDB : リスク’ sのOAPホーム’貧しい左心室
– 近所のがん胸部照射 (彼の, 甲状腺, 気管支)

WE- 追加の検査 :

– FNS : 正常, hyperleucocytose (細菌), leucopénie (ウイルス)
– &rsquoのECB、特に&rsquoうち喀痰、呼吸不全
– 胸部X線 : 汚れた肺の様相 :

  • リニアイメージレール
  • 画像の面積 : 気道壁の肥厚
  • 混濁微小団塊病変優勢拠点

間質組織の炎症、気管支周囲;&rsquoを反映

– 私有地のレビュー : Rxのあなたのサイン, EFR, gasometry, fibroscopie, 免疫学的評価, 汗テスト, TDM)

VII- 治療 :

対症療法 : TRT単なる急性気管支炎
– 解熱剤
– 以下のための鎮咳 2-3 Jは、その後すぐに粘液溶解薬や粘膜の修飾子で置き換えます (抗炎症作用と鎮静)

根治治療 : (複雑なフォーム)
– ペニシリン
– 非定型胚芽 : テトラサイクリン, マクロライド
– 陸上では弱体化 : エネルギッシュATBpie (併用療法)
– トリート’増悪と地形

予防治療 :
– ワクチンのすべてのインフルエンザは毎年 (秋)
– 肺炎球菌ワクチン5年ごと (春)