慢性気管支炎

0
7660

私- 概要 :

  • 非常に頻繁に, 喜んで無視, 未知の潜在的な進化.
  • 20% IR、残りの呼吸困難に進行.
  • 毎年 1200 DC COPD.
  • フランス : 3 百万円、 1/3 プレゼントのtrbles閉塞性肺.
  • 6éme rang des affections chroniques juste après l’喘息.
  • 公衆衛生上の問題.

II- 定義 :

臨床定義 (anamnestique)

La bronchite chronique « 紀元前 » est une affection très fréquente caractérisée par une hypersécrétion de mucus suffisante pour entraîner une toux ramenant des expectorations séro-muqueuses et/ou muco-purulentes survenant a nimporte quel moment de la journée, 少なくとも用 3 ヶ月連続と少なくともについて 2 年連続.

それはS’agit aussi dun déficit ventilatoire obstructif caractérisé par un rapport peu ou pas réversible.

III- 病因 :

A- 外因性の要因 :

  • 能動的または受動喫煙 (90 % ケース).
  • プロフェッショナル汚染 (粉塵の吸入, 蒸気。), インダストリアル, 大気の, 主婦.
  • 天気と気候.

B- 内因性要因 :

  • 特にウイルス感染 (les viroses expliquent la BC chez l’子供).
  • アレルギーや気管支過敏性.
  • L’肥満.
  • 遺伝的素因 (時期尚早).
  • いくつかの免疫の不備 (特に分泌型IgAとアルアンチトリプシン。)
  • RGO

C- その他の要因 :

  • 有害社会経済状況.
  • L’年齢と性別 (男性より 50 年。)

IV- Anapath :

BCでの組織学的変化をすることができ :

  1. hypertrophie des glandes séro-muqueuses le long de larbre tracheo-bronchiques .
  2. modification des proportions des différentes cellules de lépithélium avec hyperproduction du mucus responsable de l’気道閉塞 .
  3. inflammation des voies aériennes avec tendance a latrophie et a la fibrose de celle-ci
  4. infection du mucus n’義務ではありません (la purulence naccompagne pas tjrs l’感染).

V- 臨床診断 :

それはS’この最も頻繁に’un homme 40 – 50 生産的な慢性の咳のための相談年 + 呼吸困難 (女性や子供のことができ).

* A l’interrogatoire on insiste sur :

  • の検索’éléments étiologiques suscités et signes dhypoxie sévère (cyanose, デジタルhippocratisme).
  • 咳の特徴, リットル’expectoration.
  • 呼吸困難と特性.

* 臨床検査検索 :

  • 病気の肥満, bréviligne, cyanosé, 胸部distendu, フーバーの兆候の存在と (↓逆説的基礎直径胸部), そして、Combellに署名 (胸骨に対して↓膨満軟骨)
  • うなり声サウンド. 時には喘鳴と関連します.
  • 時々、心臓の右への影響の兆候 (右ギャロップ, の兆候’それ, の兆候’HTAP, 下肢の浮腫).

WE- 診断Paracliniques :

A- 標準的な胸部X線検査 :

これは、最初に正常です, しかし、高度な段階で, 見つけることができます:

1- 胸部膨満兆し:

  • Horizo​​ntalizationオッズ
  • の増加’espace intercostal
  • 横隔膜の平坦化

2- 実質破壊の兆し : 末梢血管新生=の枯渇に関連したlucency> 肺気腫のインストール

3- 気管支炎の兆候 : 領域型画像.

4- 炎症性の兆候: 画像網状微小団塊.

5- 権利のハート記号: 心臓肥大と (HTAP, 拡張, IVD,…)

B- TDM :

  • 早期かつ正確な病変の在庫を確認します
  • KcをのDGC

C- 内視鏡検査:

  • 彼女はn’体系的ではない
  • Étendu de linflammation et confirmation
  • 分泌物の外観と豊富 (喀血)
  • Bx afin détablir un dgc histologique (dysmitose : 前Kcの病変)
  • COPDの検出
  • 任意のローカル原因を取り除いて (異物)

D- 肺機能検査 :

だが : DGC, 予後と治療

  • 古典的なスパイロメトリー : 流量とガスボリューム
  • カーブフロー/ボリューム : リットル’étude des débits respiratoires (ダイナミック) ボリュームでFCT (静的)
  • 肺コンプライアンスの測定 (静的および動的)
  • COの転送能力の測定 (DLCO ^)
  • mesure des gaz du sang artériel au repos et à l’努力

E- 臨床検査.

F- ECG.

VII- 進化 :

Variable dun sujet a l’その他の, 遺伝子型に依存します

段階的に進化しました, de la bronchite simple a la bronchite chronique avec troubles de lhématose et parfois vers la mort (時間的要素を考慮していません)

A- ブルータングスタジアム慢性気管支炎または単一 (初め) : 純粋に臨床, Absence danomalies respiratoires fonctionnelles, Tiffeneau N, その/ CV >70% (正常)

B- Stade de Bronchite chronique avec troubles ventilatoires obstructifs :

臨床的に :

  • 呼吸困難d’努力
  • スラストチアノーゼ.
  • 喘鳴を鳴らすのRails.

放射線学 :

  • 胸部膨満および/または実質破壊の兆し.

EFR : SD閉塞ほとんど、あるいはまったく可逆

  • そのベース, 低CV, Tiffneau BAS <70, 高いVR, CPTノーマル, CRFÎTT, 肺の弾力性が維持さが、抵抗が増加します.

COPDに応じて、FEVに分類することができます。 :
スタード 1 : FEVのための穏やかなCOPD> 80
スタード 2 : FEVの間に適度なCOPD 50 と 80%.
スタード 3 : 間のFEVのための中等度のCOPD 30 と 50%.
スタード 4 : FEVのための厳しいCOPD < 30%.

C- Stade de Bronchite chronique avec trouble de lhématose insuffisance respiratoire : それは絶対に修正する必要があります. その他, それが原因となります :

  • 時間のLER : D’hypoxie qui reflète leffet shunt
  • 2回目で : D’hypercapnie (ひどい場合よりも大きいか60mmHgに等しいです) 深刻さの兆候
  • 多血症, 東南アジアHTAP, d’IVD et d’oligurie.

閉塞性症候群は増加CPTで悪化します.

VIII- 治療 :

A- 予防治療 :

  • リスクのある患者のスクリーニング.
  • 場所や感染症の治療.
  • 原因を調査
  • 予防接種

B- 医療 :

1- スタードカタル :

  • 胸部理学療法.
  • 感染症であれば抗生物質治療.

2- スタードobstructif :

  • 気管支拡張薬.
  • 胸部理学療法.
  • 感染症であれば抗生物質治療.
  • 肥満であれば減量.
  • Jamais d’antitussifs.

3- Stade d’呼吸不全 :

  • 補助換気または酸素療法.
  • 気管支拡張薬.
  • 多血症ならばブレッド.
  • 抗炎症 (AIS =ステロイド) : スタードIII
  • 利尿薬と抗凝固薬.

IX- 鑑別診断 :

  • 喘息.
  • 塞栓症.
  • 抹消気管支炎.
  • 気管支拡張症 : DDB.
  • 心の問題 : IVG, ICG => 呼吸困難.
  • 嚢胞性線維症.

Cours du Dr Mokrane – コンスタンティヌスの学部