頭痛および群発頭痛

0
7028

頭痛があります神経科で相談のための最も一般的な理由です :

  • 原発性頭痛
  • 1 偏頭痛
  • 2 頭痛は、「緊張」と呼ばれます
  • 3 群発頭痛およびその他の三叉神経自律cephalalgias
  • 4 その他の主な頭痛
  • 二次頭痛
  • 神経痛やその他の頭痛

偏頭痛

私- 前書き :

  • 片頭痛は、「主」であります, 根底にある病変なし, 危機の進化.
  • これは、有病率の間で最も一般的な頭痛の種であります 10% -15%.
  • 通常の間に初心者 30 – 40 女性優位と年.

II- 病態生理 :

L’aura Correspond à une vague de dépolarisation qui sétend par contiguïté dans la substance grise cérébrale entraînant des modifications du débit sanguin (動脈血管収縮) entraînant ainsi un dysfonctionnement métabolique neuronal transitoire responsable des symptômes de laura.

頭痛 est causée par lactivation du système trigémino-vasculaire qui déclenche la libération de neuropeptides vaso-actifs entraînant une vasodilatation artérielle et une libération de cytokines et médiateurs pro-inflammatoires responsable de céphalées

III- 診断 :

  • 診断は、本質的にClinqueです
  • Repose sur les critères de linternational headache society (IHS)
  • 危機の距離 : lors de la consultation le diagnostic repose essentiellement sur l’検査.

distingueオン :
– 前兆のない片頭痛
– 前兆を伴う片頭痛 : 典型的, 片頭痛家族性片麻痺, 脳底動脈片頭痛

1- 前兆のない片頭痛 :

  • 最も一般的な (80%-90%).
  • C’est une céphalée spontanément résolutive.

危機の記号論 :

1- 頭痛 :

  • 徐々に移動.
  • nはその日の任意の時間 (夜, 朝)
  • 頭の中で (2-4H)
  • 一般的に一方的に揺り動かし
  • 地勢 : 特に前頭側頭, 時々後頭部
  • 拍動性の本質.
  • 同じ被験体における可変強度

2- les signes daccompagnement :

  • les nausées dans 90%des cas, les vomissements dans 50%des cas
  • 羞明
  • フォノ恐怖症
  • 顔面蒼白, 低血圧のorthostatique, 印刷不安定性

AURA UNDERなし片頭痛の診断基準(IHS) :

A 少なくとも 5つの危機 基準B-D.
B 頭痛発作中 4 へ 72 時間 処理なし.
C 少なくとも持つ頭痛 二つ 次の機能 :

  • 一方的.
  • 脈動.
  • 中等度または重度.
  • ルーチン物理的な努力によって悪化 (階段を登ります).
D 頭痛の間に, 少なくとも リットル’A 次の文字:

  • 悪心および/または嘔吐.
  • 羞明とフォノ恐怖症.
E 少なくとも A 次の文字 :

  • 歴史, リットル’examen physique et neurologique ne suggèrent pas de désordre organique
  • あるいは後者は、神経画像、または他の実験プロセスにより除去されます.
  • または有機障害が存在するが、片頭痛発作はそれと時間的関連して初めて表示されませんでした.

2- 代表的な前兆を伴う片頭痛:

  • La céphalée est précédée ou accompagnée dune aura.

オーラ :

  • 一過性局所神経機能障害, そして、完全に可逆.
  • 「片頭痛歩行」を生産する5分以上のプログレッシブインストール
  • 間の期間 5 分と 60 MN (平均 30 MN).

典型的なI S Hであり、選択します:
1- 二国間の視覚障害 (両眼) : scotomesのscintillants, 閃光, かすみ.
2- 感覚 : しびれや感覚異常、片側.
3- 言語障害 : 失語症または言語の難しさ.

診断は、私のような典型的な前兆を伴う片頭痛の基準診断を満たす少なくとも二つの攻撃の存在に基づいています’ (IHS).

IV- 頭痛合併症 :

  • 慢性片頭痛 : より多くの最後の頭痛 15 より多くのための日/月 3 月.
  • 状態の片頭痛の悪 : 72時間を越えて継続の危機.
  • L’Infarctus migraineux : 非常にまれ, Evoqué lorsque laura typique dure plus de 1 時間. Le Diagnostic repose sur la neuro-imagerie qui montre une hypodensité correspondant à l’梗塞
  • Crise dépilepsie déclenchée par une aura migraineuse

V- 頭痛TRIGGERS A危機 :

  • 心理的要因 : 不安, 感情, 心理的なショック
  • ホルモン因子 : ルール, 経口避妊薬
  • ライフスタイルを変えます : 動き, 転職, 休日, 航海
  • 感覚的な要因 : ライト, 音, 臭い, 振動…
  • 食料品 : アルコール, ショコラ, 脂肪焼き, チーズ, 柑橘類
  • 気候要因 : 排出する, 熱, 冷たいです
  • 食習慣 : 空腹時の低血糖, 食事をスキップ
  • 悪化要因 : – ヘッドの動き, 咳, 物理的な努力
  • 要因を軽減 : – 休息, アイ・クロージャ, 穏やか, リットル’闇

WE- TREATMENT :

1- 危機の治療 :

Prescrit Dès le début de la crise pour limiter lintensité et la durée de la céphalée migraineuse.

  • 抗炎症薬 (AINS) : ketoprofè結び目, アセチルサリチル酸, イブプロフェン, dicloféナック. Peuvent être pris dès laura
  • レトリプタン :

例えばスマトリプタン : 100CP mgの50mgの , 10-20mgスプレー,
注入の C 6mgの
頭痛の時に採取しないオーラ
Cl : 虚血性心疾患, 血管疾患, HTA

  • の場合’échec de la monothérapie association dun AINS et dun triptan
  • 鎮痛剤 (パラセタモール) なぜなら、薬物の乱用により誘発される頭痛のリスクが回避され、.
  • Dérivés de lergot de seigle : 最終案で

– ラジヒドロエルゴタミン (と) IM, IV, SC
– Gynergèneカフェイン入り

  • アジュバント治療 : 制吐剤, 抗不安薬

2- BOTTOM TREATMENT :

発作を軽減することを目指して

  • 適応症:

– 危機周波数以上3 /月の場合
– 間隔を置いたが、深刻な危機, 患者の生活の質を恥ずかしいです
– 患者は2jrs 週間にわたる治療の危機がある場合

  • 効果的な : 発作の減少の場合 50%

– 医薬品:

  • B-ブロッカー,
  • 抗セロトニン作動性,
  • 三環系抗うつ薬 (アミトリプチリン)
  • 抗炎症薬,
  • と,
  • トピラマート (アンチEpileptique)
  • バルプロ酸ナトリウムデ

– 治療の正解期間はOmoisある場合 1 治療を停止する前に年と非常に緩やかな減少.
– 障害が発生した場合には :
+ 投与量を増やします, 副作用のない状態で
+ または別の背景を示唆してTRT

三叉神経痛

これは、その地形第五脳神経の分岐の1つのまたはいくつかの領域で顔面痛です : 眼神経ウィリス (WE), 神経上顎 (V2), lejierf下顎 (V3)

私- 診断 :

1 – 基本的な神経痛のV (病気キーホルダー) :

痛み : 激しいです (電気感覚, 刺します)
– 発作は数秒の短期バーストで発生しています 2 数時間、数分続く自由間隔痛みと分
– 一方的, 常に厳密に三叉神経の領土に局在
– 痛みのピーク時, 筋肉の震えや顔の間代性しかめっ面が発生することがあります, 「チック」を実行.
provoquée par lattouchement dune ou de plusieurs zones gâchettes
– 神経学的検査は、通常の神経障害ではありません

2- 症候性神経痛 (二次) もしV :

– 痛みが連続しています, n個’est pas déclenchée par les stimuli périphériques ; 若いについて (前 50 年)
– 多くの場合、すぐにいくつかの枝に達しました.
– 角膜反射の減少または廃止, またはモータクォータの達成.

病因: 9月, neurinome de l’音響, 髄膜腫, ゾナあなた神経節・デ・ガッサー, 頭蓋底の腫瘍, 糖尿病…

II- TREATMENT :

– カルバマゼピン (Tégrétol®) : の用量で一次治療 600 A 1 800 MG.
良好な応答は、診断テストTを構成します.
– 新しい抗てんかん : カルバマゼピンへの不寛容であれば
ガバペンチン, Prégabatine, トピラマートラモトリジン,レベチラセタム
– ジフェニル
外科的治療 : 医学的治療が失敗した場合
1- V神経の血管顕微解凍
2- サーモ三叉神経節の経皮的凝固

血管ALGIE FACE (AVF) :

L’AVF est une céphalée primaire Beaucoup plus rare que la migraine avec une prédominance masculine.

初期の平均年齢は28yearsです.

私- 陽性診断 :

  • 非常に激しい痛み。, 継続する
  • 火傷の種類, 気持ちの失恋, D’圧砕
  • 厳密に一方的ないつも同じ側に触れます, 主に軌道.
  • へにわたって毎日危機によって進化 15 へ 180 分, 1日に3回に平均1で発生しました.

関連する症状 : 痛みの側に座ります

  • 結膜充血, 流涙, 鼻汁や鼻閉.
  • 縮瞳, 眼瞼下垂.
  • 吐き気, 嘔吐, phonophobie, photophobie
  • hypersudation ou rougeur de lhémiface
  • まぶたの浮腫

別に危機, リットル’examen neurologique est strictement normal

II- TREATMENT :

1- 危機の治療 :

  • 最初の行: 注射用スマトリプタン皮下
  • 短所-表示または非常に頻繁に発作場合 : リットル’oxygénothérapie hyperbare a un débit de 7 A 10 毎分リットル 15 A 30 分

2- BOTTOM TREATMENT :

  • 最初の行: ベラパミル
  • 第二の意図:

– コルチコステロイドまたはメチルセルジド
– リチウム

3- 外科的治療 :

もし、すべての薬物治療に対する抵抗性

Cours du Dr H.SEMRA – コンスタンティヌスの学部