コロナ 2019 n個 (武漢)

0
6127

が提示:   博士ナビルBOULAGHMEN – 医師疫学SEMEP EPSPラグアト

定義 :

  • コロナウイルスは、ヒトおよび動物における呼吸器感染症を引き起こす可能性がウイルスです。
    いくつかのコロナウイルスは、風邪などの症状を持つ軽度の呼吸器感染症につながります (冷却) しかし、いくつかのコロナウイルスは、死亡のリスクを伴う重度の呼吸器症状を引き起こす可能性があります.
  • 電流を含みます 2019 n個

疫学データ :

コロナウイルスの現在の流行 (2019-ピーク) 武漢の中国の都市で始まっているだろう, 市の魚市場やシーフード= 人獣共通感染症の早期流行中

空気を通って人間に続いて、人間 ), 触れたり、口に接触したオブジェクトと, 鼻や感染者の目。 インキュベーション = 2 へ 14 日

コロナウイルスによる感染と死亡者数 (最後に更新 : 29 二月 2020 へ 21 H 00

支払います ナンバー感染 死亡者数
中国 79.251 2842
韓国 3150 16
イタリア 1128 29
イラン 593 43
日本 241 5
シンガポール 102 0
フランス 100 2
香港 94 2
ドイツ 79 0
米国 68 1
クウェート 45 0
スペイン 45 0
タイ 42 0
バーレーン 41 0
台湾 39 1
Malaysie 25 0
英国 23 0
エミレーツアラブUNIE 21 0
スイス 18 0
カナダ 16 0
ベトナム 16 0
イラク 13 0
TOTAL   2941

インクルード 29 二月 2020 へ 21 時間 : 85.994 通知がある場合 2.941 死

これらの定義は変更して、入手可能な情報に基づいて :

1- CASの容疑者 :

A) と誰も :

-発熱や感情熱っぽいと関係なく、その重症度の低い急性呼吸器感染症の臨床徴候, 他の病因は特定されずに、それは完全に症状を説明することができます.

-移動し、その送信領域に滞在しました アクティブ * で 14 臨床徴候の発症の日前の日.

OR

A) かかわらず、その重症度の急性呼吸器感染症を持つすべての人, で 14 以下の展示会の日 :

–  Covid-19の確認例étroit1接触, 後者は、症候性でした ;

– 誰でも共同暴露, 露光の同じ危険にさらされたものとして定義されます (それは生活/旅行伝送アクティブになっている地域では、と言うことです) 確認した場合.

– 働いていたか、誰もが感染の場合はCovid-19が確認された病院に滞在しました.

2- 確認した場合 :

Covid-19の存在を示す試料と疑わしい場合.

密着:

密着は、それが症状を示したときにケースと同じ生活空間を共有した人であります.

例: 家族, 同室, または咳の時にケースからメートル未満で面に直接当接面を有しました, くしゃみや議論中, 近隣の教室やオフィス, 近隣ケース, 輸送中.

-暴露:

同時暴露された人は、露光の同じ危険にさらされたものとして定義されます。 (それは生活/旅行伝送アクティブになっている地域では、と言うことです) 確認した場合.

トランスミッションロケール : 中国, 韓国, シンガポール, 日本, イラン, イタリア (Lombardie,ヴェネト州).

コロナ 2019 n個 (武漢) -1

コロナ 2019 n個 (武漢) -2

コロナ 2019 n個 (武漢) -3

 

コロナ 2019 n個 (武漢) -4

コロナ 2019 n個 (武漢) -5

コロナ 2019 n個 (武漢) -6

コロナ 2019 n個 (武漢) -7

スクエアデバイスの監視と早期警戒を取得 :

  • 各医療施設の保護手段の入手可能性 : ((安全に十分な量と在庫 +++++))
  • サージカルマスク,
  • FFP2,
  • ブラウス,
  • ブラウスに,
  • シャーロッツ,
  • 保護めがね.
  • インフルエンザのものと同一のサンプリングキットおよび輸送媒体の可用性を確保 3 EPH・デ・ディストリクト,

スクエアデバイスの監視と早期警戒を取得 :

  • 応じます, 定義された可能性例として、任意の患者の前に, 次の措置 :
  • 保護の通常の規則に基づいて患者を入院,
  • シート番号の下に鼻咽頭を収集を続行 03 厳しいインフルエンザのサンプリング方法の例について,
  • すぐに予防とINSPの総局に事件を報告.
  • 国境にリーダーポスト衛生管理を教育 (CSF) :
  • からの乗客のための赤外線カメラの設置による監視システムの活性化 中国, 韓国, シンガポール, 日本, イラン, イタリア ,
  • 疑わしい例の定義を満たす任意の乗客の単離および入院を実行します,
  • から乗客を知らせます 中国, 韓国, シンガポール, 日本, イラン, イタリア ,  示唆に富む臨床像の場合の緊急時のために,
  • 意識セッションを整理します (個々の衛生対策) へ向かう途中の旅行者のための 中国, 韓国, シンガポール, 日本, イラン, イタリア .

1- &rsquoの点で、エントリ :

– D’ rsquo&のレベルを上げる; rsquo&のすべての点で健康監視や警告、エントリ, 空気, 海軍および土地, 送信がアクティブで、特にサイドボードの国,

– これらのポイント&rsquoを強化し、人的・物的資源への参入.

2- 保健施設で :

– 閣僚のノートの幅広い普及と監視を確保,

– 各設定に疑われる例治療に専念H24チームを任命 (リスト, 参照の医療従事者の住所と電話番号),

– 準備し、アップ&rsquo来るので、疑いのあるケースの回路をテストするステップと、d&rsquoボックス、分離,

– D’禁止’ボックス&rsquoへのアクセス、分離専用のチーム外の人に.

– 個人用保護具や手の消毒剤の手段の利用可能性を予測します
– コンプライアンス条件&rsquoを確保すること。一般的な衛生

良いアドバイス & 予防 :

- 個人衛生の良い習慣, こうした定期的な手洗いなど,

- 動物との接触を避けます, 特に家禽とその糞

- だけでなく、呼吸器症状のある人との接触

- 彼らが調理されるまで、唯一の卵や肉を食べます.

- 急性呼吸器感染症の症状を持つ人々のために, 咳のための衛生規則を遵守することが不可欠です : これは、他の人から離れて滞在する主です, 咳やくしゃみをするときの組織や衣服に彼らの口と鼻を覆って手を洗います.

- あなたの目に触れないでください, 洗っていない手で鼻と口.

一般的なヒント :

フェイスマスクは、病気を予防するために有用であり得ます, 危険領域にマスクを着用. N95の分類とマスクが好ましい、またはFFP2されています

FFP2マスク

が提示 :   博士ナビルBOULAGHMEN

医師疫学SEMEP EPSPラグアト