生理学の定義

0
9220

生理学は、生き物の生命を維持する機能を研究します.

人生の特性 :

  • ムーブメント.
  • 成長.
  • 再現.
  • ブリージング.
  • 消化.
  • 吸収.
  • 循環.
  • 興奮.

人生のすべてのこれらの症状は、化学反応に依存します, これらの化学反応の全てが代謝と呼ばれています.

自分の専門分野によると、体の細胞が十分に個別のシステムにグループ化されています, システム機能を確保 :
– 栄養, 呼吸, 排泄, サーキュレーション….
– 神経系のVégétatif : 栄養機能を保証します

関係機能 : 外の世界と個人の関係

– 五感感覚機能.
– 筋肉運動機能システム.
– 生殖システム生殖機能.

細胞の多様性とその専門は機能を維持するために調整プロセスを必要とします :
– 統合.
– 規制.

化学伝達物質によって調節機能 :
– ホルモンの関係.
– 神経質な関係.

内部環境のコンセプト :
内部環境の安定性の重要性 :
刺激は、内部環境の不均衡の原因となり得ます :
外部の :
熱, 冷たいです, 音, 不足酸素, 水の不足
内部 :
痛み, 炎症, 悲しみ, うつ病

恒常性 : ボディは、内部環境の比較的一定の条件を維持することができます, 生理的な規制プロセスのおかげで (ホルモン, 神経).

そのロー状態の内部環境の条件をもたらすためにボディ応答します。. 熱 : -T° – 物理-chimique – 生化学の

生体エネルギー

目標 :

  • 熱量測定の方法を知ります.
  • 条件と基礎代謝の測定の関心を説明します.
  • 基礎代謝の要因の変動を引用.
  • バランス混合食生活の栄養ニーズと原則を知ります.

定義 :

生体エネルギーは、体内のエネルギー交換の研究であります. 食べ物が提供する化学エネルギーとして身体に利用可能なエネルギー (炭水化物, lipide protide). これは、リン酸化された化合物の形で保存することができます (ATP, ADP, CPのクレアチンリン酸), または機械的仕事を生成するために使用すること (筋収縮, 肺換気, 心臓の活動!…) または化学的プロセス (新しい分子の開発).

  • エネルギー : 仕事と熱のすべての形態のための用語.
  • 代謝.
  • 同化作用.
  • Catabolisme.
  • エンタルピー : 酸化中に放出された最大のエネルギー, エネルギー含量の基板との間の差であります (初期状態), そして酸化生成物の (最終状態).
  • エントロピ : 乱れたエネルギーの仕事を提供することができません.
分子リニューアル, 成長

エネルギー交換の研究

熱力学の原理を応用 :

熱力学の法則は、生命体に適用されます (ボディ) : エネルギーの等価性と保全の原則C'EST.

体内のエネルギーの変換は、熱エネルギーの割合を示します :

エネルギー→機械的な作業 (20%)
→Chaleur (80%)

エネルギー変換にのみ初期および最終状態を表します.

エンタルピーは、最大エネルギーであります (W) 酸化中に放出され, 酸化された基質のエネルギー量との差であります (初期状態), そして酸化生成物 (最終状態).

ΔH= Wフィナーレ – イニシャルで,
Δhだけでは表し=エンタルピーの変化.
C6 H1206 + 602 →6C02 + 6H20 – 2813KJモル.
ΔH= -2813KJmole

本体は、単離されたシステムではありません, 受け取ったエネルギーを表現し、エネルギーの節約は、外の世界で消費されるエネルギーに等しいです.

基板によって生成代謝される食物またはエネルギーから化学エネルギーの形で供給されるエネルギー.

エネルギーは熱として放散しました, 機械的な仕事, 浸透圧の仕事… エネルギーが消費されます.

代謝エネルギー=エネルギーが費やさ. 散逸
トレイイル基板製 + 熱

測定方法.

  • 熱量直接測定エネルギーが費やさ (散逸).
  • 基板によって生成されるエネルギーを測定する間接的な熱量測定.

エネルギーの異なる形式の等価性 :

メカニカル, 電気, ケミカル, 浸透圧… 測定の同一の単位はキロカロリーを使用する場合.

ユニット

定義 :

•lkCal 16に15°Cの水1kgの温度を上昇させることができるエネルギーの量である°C. lkCal = 4,185kJ

直接熱量測定 :

で熱として消費されるエネルギーの現れを休ま, 熱を測定するエネルギー消費量を測定するので、.

テクニカル : ラヴォアジエ熱量計またはアトウォーターとBENEDICT.

間接的な熱量測定 :

•食品熱化学 :

これは、エネルギー基質に基づいています : G / L / Pそれは計量との長期的な観察が必要です, 正確な組成…

食物摂取によって提供されるエネルギー、身体によって使用されるエネルギーの量は、&rsquoの計算から推定されます (メソッドの摂取物), 又はC02と&rsquoを測定するステップと、尿素が身体によって排泄 (MethodeのデEgesta).

– 1グラム炭水化物→→4kcal 17kJ.
– 1g脂質→9kcal→38KJ.
– 1gプロチド→4kcal→17KJ.

食べ物, ソース’エネルギー

•呼吸Thermochimie :

この方法は、酸素消費量の測定値から体によって使用されるエネルギーの計算に基づいています (V02).

食品によって提供されるエネルギーの正確な計算のために, エネルギー値を決定する必要があります, 酸化食品の性質に対応した酸素.

カロリーの等価は、食品の種類によって異なります :
炭水化物→5.05kcal / LO2.
脂肪→4,70kcal / LO2.
Protides→4,70kcal / LO2.

V02の測定時には, 各の正確な貢献を知ることは困難です 3 基質 : 実際には1は、平均カロリーと同等を使用しています.

02の平均カロリーと同等に等しいです :
4,8 キロカロリー/ L02 I E02 = 20 kJの/ L02.

値は標準電源を受けた被験者において観察されました.

EX : 個々には0,250L / minのV02を持っている場合, エネルギーの量は、明るくするために使用されます : 0,250 バツ 20 = 5kJ / MN.

技術 : spiromètre

呼吸商 (R) : 二酸化炭素の体積の比であります (VC02) 酸素の量の積 (V02) 同じ時間の間に消費.

R VCO2 / VO2

R炭水化物= 1R脂質= 0,7 Rプロチド= 0,8

エネルギー貿易の変更 :

エネルギー交換と物質の世界的な側面 :

  • 成人で

長い間隔で, 組織の計画は静止しているので、質量が一定であります.

短い間隔で, 非定常体制 :
断食と運動中 : 準備金の使用.
食事で : 取っておきます.

  • 子供;&rsquoで

成長中 : 体は新しい生命体を構築する形で化学エネルギーを蓄積します

エネルギー交換は、生理的状態に応じて変化します.

変動の主な原因 :

  • 筋活動.
  • 外気温 : 体温調節.
  • ‘ 食品の特定のダイナミックなアクション (A D S) 若しくは

食品の熱産.

1- 筋活動 :

と,安静時の体に比べてエネルギー消費, そして、筋活動, 我々はそれが第二の場合の方が大きいことを観察します.

残りの部分に比べて、この費用は行って機械的な仕事のエネルギーコストを表し、

2- 体温調節 :

エネルギーの交換媒体の温度に応じて変化.

恒温動物 (男) 一定の体温を維持, 屋外の広い温度範囲にわたる.

男はTの変化にさらされている場合°, それはそれがそのïを維持することを可能にするthertabrégulationプロセスを設定します”°37°Cに最も近い.

携帯酸化および筋活動の熱発生結果は、甲状腺や副腎ホルモンの影響を受けています.

生物とその環境との間の熱交換をすることによって作られています :

-伝導 : 対象物との接触を必要とします, 低い被験者は、立っている場合, 被験者が地面に横たわっている場合は増加.

– 対流 : 被写体が配置されている流体移動によって達成されます, 空気中や水中での.

– 放射線 : 肌と環境の間のT度の差が大きい、特にとして、より重要です.

– 蒸発 : 呼吸器または皮膚を通しての熱の損失の主要な源であります (発汗).

熱中立のT°

ヒトでは , LATによる曲線Nfの代謝が°外面は、上方に凹状であると呼ばれる値の最小値を通過します , 熱中立デ定義T゜ (T°N T) 費用はthermoregulationsを害されているため.

エネルギー消費が増加したときにT°外側にずれて多かれ少なかれT N Tより°

Tの値がT°Nであります :
– 裸の男でT°N Tは26°=.
– °軽くクラッド男性T N T = 21°

コールドゾーン : T°EXT. < T°N T.
ホットゾーン : T°EXT. > T°N T.

°T N TでT°エネルギー消費のずれ多かれ少なかれ部屋が熱に対するや防寒の方向の両方において体温の操作のコストを表す場合、追加の観察.

寒さとの戦い :

男は、熱分解を減らすことで寒さに適応します (熱損失) そして、増加therrnogenèse (熱).

発熱は、熱発生のスリルによって増加させることができます, 誰, 不随意の筋活動であります, これを過ごした化学エネルギーの全てが熱に変換されます.

筋緊張の上昇, そして自主的な筋活動しています 2 重要な機構, その増加の熱産.

熱産生への熱産食後寄与, 寒さとの戦いに有用 (季節や気候に応じた食事の適応).

熱い戦い :

周囲温度の上昇に対する男の戦い, 筋活動を減少させることによって熱発生を減らします, そして、増加の熱分解.

熱分解は、皮膚血管拡張を増加させ, その熱損失parnonejuctionのet.convectionを増加させます.

エネルギー消費や体の変化度T
部屋のTに依存°

D E : エネルギー消費

3- 食品の特定の動的アクション (ADS) :

エネルギー消費は、食物摂取食後、次の期間に大きいです.

この追加のエネルギーが呼び出されます : A .D .S .

– 広告のための特別な機能 :

  • postprandiale.
  • このエネルギーは、筋肉の活動中に使用されていません.
  • エネルギー合成の吸熱反応で使用されていません.
  • 熱必須として表示されます.
  • ADS蛋白質が高いです, しかし、低脂肪のために.
  • 消化機能に関連していません.

営業費用と背景

身体のエネルギー消費は2つの部分に分かれています :

  • 営業費用は、筋肉の活動に関連するすべての費用の合計です, 体温調節とADS.
  • 背景費用は、残りのエネルギー消費であります, 運転経費をキャンセルする場合.

下の費用 :

背景支出の生理的意義は、臓器機能のエネルギーコストに対応します, 常に基本条件の下でアクティブなまま人 (心, 呼吸筋, REIN …) この費用は、のために必要な主要な機能の維持に関係しています 1 生活.

基礎代謝 : M.B.

BMRは、エネルギー消費を評価kcql / H /㎡またはW / m2のように定義されます, 基本条件で測定, すなわち :

  • 断食 : hypoproteic最後の食事は、少なくとも12時間àl6h前に取られるべきです.
  • からの筋肉と精神的な休息 30 分仰臥位, 半暗闇の条件下, そして、音の刺激の欠如.
  • 熱中立性 : ホットとコールドに対するコントロールの欠如, 被験者がわずかである場合に被験者が°21に露出されている場合°〜26本相当Yetu.

BMR

基底状態の支出第背景/ BSA
(空腹時に, 厳格な休息, T°温熱)
•ノーマル :
45-50 ワット/メートル2

•基本的な代謝の生理的変化 :

  • 性別 : < 女性で
  • 人種, 気候: < アジアや暑い気候
  • 年齢 :
  • 誕生 : 40W / M2
  • 60-65 W / M2 へ 6 年
  • 50 W / M2 へ 25 年
  • 安定しており、成人 40-50 W / M2 へ 70-80 年

•代謝の基本的な病理学的変化 :

  • 甲状腺機能低下症 (myxoedème)
  • 甲状腺機能亢進症

FOOD DIET.

これは、毎日提供しなければなりません :

  • エネルギー.
  • S&rsquo;水.
  • ミネラル.
  • ビタミン.

十分な量で, 身体の機能のために, 個々の開発 (成長期, 妊娠).

被験者のパワーは、定量的または定性的に変化し得ます, バランスが不可欠です, 測定が簡単であるの重み, 食品の制御条件であります.

WEIGHT : 理想体重は最低の死亡率および罹患率であります.

これはボディマス指数を算出ケトレーの式によって算出されます (IMG).

IMC (キログラム/メートル2) =質量/サイズ2

エネルギー要件のカバレッジ :

毎日のカロリー摂取量は、エネルギー基礎代謝のコストと対象の活動に関連するものを相殺します.

毎日のカロリー摂取量は、比は維持含み, より多くのカロリーサプリメント (C S) または作業比, その値は、対象の活性に依存します (プロ, スポーツの, 成長期).

比は維持します :

  • マン= 2000 2200kcal / 24まで.
  • 女性= 1600 1800kca / 24時間で.

カロリーサプリメント (S C) : 専門的な活動やスポーツトピックに依存.

EX :

  • 光物理的活動S C 500kcal / 24時間での作業.
  • 精力的な活動での作業O C.は1500kcal / 24であります.
  • 極限状態での作業 (鉱山や寒冷気象条件で) S Cは4000kcal / 24時間に達することができます.

isodynamieの法則 :

炭水化物, 脂質とタンパク質がエネルギー需要のために交換可能です, それは食品isodynamieです.

isodynamieは限界があります :

必須アミノ酸と窒素バランスの維持の摂取が必要です.

彼らは必須脂肪酸を提供して脂質は、食事から排除することはできません.

MATERIALSエネルギーはNEEDS.

タンパク質 :

これらは、食品メーカーです, 彼らは必要なアミノ酸を提供しています。, 内因性タンパク質の合成に, エネルギー基質であります.

必須アミノ酸の貢献 :

体内で合成されません, 食品によって提供されなければなりません.

  • L'イソロイシン.
  • リジン.
  • メチオニン.
  • フェニルアラニン.
  • スレオニン.
  • トリプトファン.
  • バリン.

脂質 :

脂質はエネルギー食品です, 彼らは、リノール酸の酸必須脂肪酸を提供します, アラキドン酸, 不可欠と脂溶性ビタミンAの吸収を可能にします, D, E, そしてK.

炭水化物 :

エネルギーを提供.

代表します 50% へ 55% 食料配給.

肝臓や筋肉に格納されています (グリコーゲン).

糖はゆっくりと消化します, そして迅速な消化.

ビタミン :

生活に不可欠な生化学反応の触媒であります.

  • 可溶性の生活 : VIT, VIT D, 等.
  • 可溶性ビタミン : 白B1, 白B6, 生活B12 VIT Cなど.

ミネラルバランス.

ハービ博士のコース – コンスタンティヌスの学部