Dermocorticoïdes

0
6526

導入オン :

  • 局所ステロイド (DC) 年から皮膚科で使用されていました 1950, それらの使用は皮膚科で治療革命でした
  • 現在、20個の異なる分子があります, その抗炎症活性に応じて分類されています (「低」から「非常に強い」へ)
  • 彼らの使用する必要があります, 但し, 許可ルールに従います, 例の大半で, 悪影響を避けるために、

行動 生物学 :

  • 血管収縮
  • 効果 抗炎症 : それが最も求められる治療効果であります, DCは、任意の炎症の原因の紅斑および浮腫を軽減します,  ターゲットは複数あります :  白血球,  マクロファージ, ケミカルメディエーター...
  • 効果 Antimitotique (antiprolifératif) :

インクルード レベル 表皮 : DCは効果が萎縮しています

インクルード レベル 皮膚 : 最強は、線維芽細胞の増殖を阻害し、コラーゲンと弾性繊維DCの合成を減少させます

  • 効果 免疫抑制 : DCは、ランゲルハンス細胞を減少させ、その抗原提示能を減らします
  • タコphylaxie (急性耐性) : それが強さを証明しています (トレランス) 長時間の中断のないアプリケーションの間に治療

クラシファイドイオン :

アクティビティ / レベル DCI 専門
非常に強いです / IV

ジプロピオン酸ベタメタゾン

プロピオン酸クロベタゾール

Diprolène®

Clotasol®

得意 / IV

ジプロピオン酸ベタメタゾン

アセポン酸D'ヒドロコルチゾン

ヒドロコルチゾン酪酸

デソニド

Diprosone® / Bétasone®

Efficort®

Locoïd®

Locatop®

適度 / II デソニド Locapred®
低いです / 私 ヒドロコルチゾン Hydracort® / Cortiderm®

PharmacociNetique :

  • バイオアベイラビリティ 皮膚 (皮膚) : いくつかの要因に依存します :

要因 関連 インクルード DC : 脂溶性と濃度, 賦形剤の性質 (軟膏が好む浸透), アジュバントの存在 (サリチル酸および尿素)

要因 関連 インクルード 皮膚 : 表皮の変更 (浸透増強), 適切な水分補給 (より良い分布), 解剖学的サイト (角質層の厚さに応じて), 年齢 (高齢者や時期尚早で大きな吸収), 皮膚温度 (増加した局所熱と浸透増強)

要因 関連 インクルード モード D'アプリケーション : 表面ドールアプリケーション, 接触時間, 閉塞 (乗算皮膚 10)

  • 効果 貯水池 : それは、表皮の角質層におけるDCの蓄積され、その後、徐々により深い層に放出されます. 角質層が病的であるとき、それは消えます

モダリティ 使用の DC :

  • 選択 レベル ビジネス : 依存 :

タイプ 表面 インクルード Dermatose : 大きな表面に強いDCを避けます

シート 負傷 : 薄い皮膚に緩和する直流低 (顔)

年齢 患者 : 子どもたちに緩和する直流低

  • 選択 インクルード 形状 生薬 : 病変の性質や場所に依存

クレーム : 非常に広範な兆候を持っています

軟膏 : 乾燥性皮膚疾患に使用, hyperplasiques, keratosic. 折り目を回避するために、

ゲル : 滲出性病変と折り目に便利

ローション : 毛深い分野に適し

  • ルール 服用 : 一日一のアプリケーションは、通常は十分です, 表皮変更しない限り、 (2X / J).

長期の治療のために, リバウンド効果を露出させ急停止を避けます (症状の再発),  徐々に治療の電力を削減,  いずれかの間隔アプリケーションで (1 日/ 2と /3) 下位レベルのDCを使用することによってのいずれかで

指示されましたイオン :

これは、症候性および非病因であります

  • Corticoïde のみ :

間で インクルード 適応症 抗炎症 : アレルギー性接触皮膚炎 (接触性皮膚炎 +++), アトピー性皮膚炎, 刺激性接触皮膚炎, photosensibilisation (日焼けに対する抗炎症効果), 様々な掻痒 (疥癬を除きます +++), 他の (地衣ローカライズされた平面, 虫刺され, dyshidrose)

以下のために  インクルード  効果  antiprolifératifs :  苔 (DCは、かゆみを抑制し、浸潤を減少させます), 乾癬, 肥厚性瘢痕およびケロイド

他の  適応症 :  脂漏性皮膚炎,  強皮症硬化症,  スレイド,  白斑, 皮膚炎bulleuse

  • 協会 :

とともに サリチル (Diprosalic®) : 扁平上皮皮膚病のための

とともに インクルード Daivonex® (ビタミンDの微分) : Daivobet®

とともに インクルード 抗真菌剤 インクルード 抗生物質 : この関連付けは正当化されません

に対して示していますション :

感染性ウイルス性皮膚疾患, 細菌, 真菌および寄生 (疥癬eczématiséeを除きます), 潰瘍性皮膚炎, 顔の皮膚病 (にきび, 酒)

効果 二次 :

  • ローカル :

萎縮 : 表皮 (リバーシブル, 表皮は、「シガレットペーパー」で終わります, 顔 +++), 皮膚 (決定的な,  治癒遅延,  擬似傷跡,  毛細血管拡張,  紫斑簡単にあざ

皮膚炎 rosacéiformes : 誘発にきび, 酒の悪化や口周囲皮膚炎

感染症  皮膚 :  悪化感染 (疱疹),  二次感染性皮膚炎

: 緑内障, 白内障 / ホルモン : hypertrichose, 皮脂過形成

ダイバー :   幼児臀部肉芽腫 (座席は、乳幼児に皮膚炎), 色素脱失, アレルギー性接触は、CSまたは賦形剤に皮膚炎

  • 全身 : レア, 特に幼児や子供で観察されます (大きな表面上または閉塞の下でのアプリケーション), 効果は、全身コルチコステロイド治療後に観察されたものと同じです (視床下部 - 下垂体 - 副腎軸の制動, 症候群cushingoïde)