糖尿病の診断基準, 分類と臨床像

0
6997

私- 前書き :

Le mot « 糖尿病 « signifie : « passer à travers » 病気を特徴付ける強い多尿症に関連して ; 尿の味甘いので、甘いです (* 尿崩症)

最近の疫学的推定値が近くを識別するので糖尿病は、世界中の主要な公衆衛生問題です 366 millions de diabétique à travers le globe en l’AN 2011 そして、予想します 2030 周りを公転します 552 million selon lIDF (国際糖尿病連合).

アルジェリアにおける糖尿病の有病率: 8,5 へ 9,5 % (アップ’へ 12%) ,1 認識されていない糖尿病 1 知られている糖尿病.

II- DEFINITION :

糖尿病「は、慢性高血糖により特徴付けられる代謝性疾患のグループであります, に起因する’une insuffisance de production d’インシュリン (相対的または絶対的insulinocarence) またはd’une anomalie de linsulino-action (insulinorésistance) 標的組織における (フォアグラ, 筋肉, 脂肪組織) ou le plus souvent dune intrication des deux mécanismes.

この慢性的な高血糖は、最終的には特に目に影響を与える特定の臓器合併症に関連付けられています, 腎臓, 神経 ,または非特異的には、心臓や血管に影響を与えます. ».

III- 診断の状況 :

1- 機能的な兆候 :

  • 症候群のpolyuro-polydipsique : あり > 3L / 24時間, 夜間頻尿と, (グルコース > 1,80 グラム/リットル).
  • Polyphagie : それはそれほど頻繁です, 特に初期疾患で観察されました.
  • 憔悴 : 多食とのコントラスト, インスリン欠乏にリンクされています.
  • 無力症 : D’可変強度, それは物理的です, 心理的、性的.

2- 偶然の発見 :

C’あります’apanage du DT2.

  • A l’機会d’un bilan biologique : DSスクリーニングの下で, 妊娠, またはd’un traitement diabétogène, 術前…

3- A l’機会d’une complication :

アクアマリン (acidocétose )または慢性 (糖尿病性網膜症や腎症 ;IDM,AVC, 感染 ),特に種類 02.

IV- 診断基準 :

La dernière révision par lOMS en 1998, après la publication de lADA (米国糖尿病学会) で 1997, 糖尿病の診断のために考えます ( seuil dapparition de la rétinopathie) 3つの状況 :

1- 糖尿病の症状 ( polyurie, polydipsie, 憔悴) グルコース (静脈血漿で) >2G / I (11,1 Mモル/ L) à nimporte quel moment de la journée.

2- 血糖若いです > リットル,26G / L(7ミリモル/リットル) へ 02 機会,( また、静脈血漿で).

3- 血糖ブドウ糖75gを2時間後 (テストd’hyperglycémie provoqué orale « HGPO ») > 2G / L (LL,1ミリモル/ L.

D’autres part, 持って耐糖能の緩やかな異常の診断基準と, 心血管リスクの増加 ,et un risque dévolution vers le diabète sucré :

1- リットル’intolérance au glucose :
グルコース若いです< 1,26G / L
ブラッドシュガー 2 OGTT後の時間=(1,40 – 2) G / L

2- 若いにおける中等度の高血糖 :
グルコース若いです : 1,10 – 1,26 G / Lグルコース 2 時間後のOGTT :<1,40 G / L正常被験者 :
グルコース若いです <1,10G / L
ブラッドシュガー 2 時間後のOGTT<1,40 G / L

N.B :

  • 妊婦 : 妊娠糖尿病の定義が異なっています :

– 第1四半期のすべての妊娠中の女性のためのFPG (ou sil ya des FR de DT gestationnel):

  • 誓います >0.92G / L, C’est un DT gestationnel
  • 誓います<0.92 G / L, 危険因子を持っている女性に24-28SA間のOGTTを作ります (下記を参照してください).

Le diabète gestationnel est défini lorsquune seule valeur seuil est franchie :
GAJ : 0,92 G / L, グルコースLH : リットル,8G / L, 2時間グルコース : 1,53 G / L.

  • L’HÉMOGLOBINE GLYQUÉE (HbA1c) : 診断基準として??:

L’HBAlc est un moyen de surveillance du diabète sucré ; それは、いくつかの国で糖尿病の基準診断として使用されています (米国 ; カナダ ) 標準分析HPLC法を用いて (オー性能液体クロマトグラフィー ; 間のHbA1c 5.7 %-6.5% 炭水化物不耐症 ;>6.5% =糖尿病) 基準方法があります ; アルジェリアではないもの , où les méthodes de dosages varient dun laboratoire à un autre ;それはn個’est possible de retenir ce paramètre comme critère diagnostique du diabète sucré.

V- 分類病因糖尿病 :

糖尿病は、必要性を示す病態生理学的エンティティによって定義されます
重要なまたは非インスリン治療 (区別糖尿病タイプ 1 他のタイプ).

A- 糖尿病のタイプ 1 :

A- 自己免疫
B- 特発性

B- 糖尿病のタイプ 2 :

(スペクター変数, D’une résistance à l’のアクション’insuline prédominante avec déficit insulino sécrétoire relatif, à un déficit insulinosécrétoire prédominant avec résistance à l’のアクション’insuline.)

C- 糖尿病の他の特定のタイプ :

A- 細胞機能Pの遺伝的欠陥 :

  1. 染色体 12 HNF – 1 A ( FASHION 3)
  2. 染色体 7, グルコキナーゼ (FASHION 2)
  3. 染色体 20, HNF – 4 A ( FASHION 1)
  4. Mutation de l’ADNミトコンドリア
  5. 他の

B- Défauts génétiques de l’のアクション’インシュリン :

  1. インスリン抵抗性を入力
  2. 妖精
  3. 症候群デラブソン、メンデンホール
  4. 脂肪組織萎縮性糖尿
  5. 他の

C- 膵臓糖尿病 :

  1. 膵炎
  2. トラウマ / 膵切除
  3. 膵臓がん
  4. 嚢胞性線維症
  5. ヘモクロマトーシス
  6. 膵炎fibrocalculeuse
  7. 他の

D- 内分泌 :

  1. 先端巨大症
  2. シンドローム・デ・クッシング
  3. Glucagonome
  4. Phéochromocytome
  5. 甲状腺機能亢進症
  6. Somatostatinome
  7. アルドステロン症
  8. 他の

E- 糖尿病薬によって誘発されるまたは毒性 :

  1. Vacor (raticide)
  2. ペンタミジン
  3. ニコチン酸
  4. グルココルチコイド
  5. 甲状腺ホルモン
  6. ジアゾキシド
  7. アゴニスト(3アドレナリン
  8. サイアザイド系利尿薬
  9. Diphénylhydantoïnes
  10. インターフェロン
  11. 他の

F- 感染症 :

  1. 先天性風疹
  2. サイトメガロウイルス
  3. 他の

グラム- 糖尿病のまれな形態は、免疫系の疾患にリンクされています :

  1. «スティッフマン»症候群 (syndrome de «lhomme raide » )
  2. Anticorps dirigés contre le récepteur de l’インシュリン
  3. 他の

時間- Autres syndromes génétiques s’時々付随するd’un diabète D-Diabète gestationnel

WE- 臨床糖尿病 :

1- 型糖尿病 1 :

古い名前 : 若年性糖尿病, リーン糖尿病, ケトーシス、糖尿病,インスリン依存性糖尿病, 糖尿病は、インスリン依存性であります 5 へ 10 % 糖尿病 .

A- リマインダ : etiopathogeny – 病態生理 :

インスリンの完全な欠乏につながる自己免疫現象によるβ細胞の選択的かつ不可逆的な破壊. 自己免疫反応を誘発する要因は不明です (環境要因 :ウイルス, 毒性, 遺伝的素因に基づいて行動しますウシアルブミン、 + anomalies du système immunitaire de l’個々 ).

実用的な結末 :

  • un tarissement de la sécrétion d’インシュリン: リットル’insulinothérapie est vitale.
  • la présence de marqueurs de lauto-immunité quon peut doser.
  • 遺伝的背景のマーカーの存在 (HLA).

B- 臨床像 :

* フィールド :
年齢 : à tout âge surtout l’子供, リットル’adolescent et l’若い成人 (レス 30 年).
WEIGHT : 通常は正常です.
歴史 : で 15% ケース, タイプのDSの家族歴 1 特に兄弟で.
シーズン : もう少し一般的な秋と冬に.

* 臨床徴候 :

  • 初めは「明確な空からの残忍なルール「落雷であります), 枢機卿の兆候でマーク:

– 強烈なアン症候群polyuroのpolydipsique
– 増加無力症
– 多食
– 大規模かつ急激な体重減少, 心配両親
parfois un flou visuel qui peut saccentuer les premiers jours de linsulinothérapie.

  • これらの兆候は無視されている場合, 数日または数週間にしてケトーシスの徴候の開始 :

– 吐き気などの消化器系疾患, 嘔吐, 拒食症, 下痢と腹痛 (腹部の外科的緊急事態をシミュレート)
– 意識の障害 (曇りや昏睡)
– 低血圧で脱水の兆候.
dyspnée de Kussmaul avec haleine caractéristique dacétone

  • Cette forme sobserve surtout chez le sujet jeune où lacidocétose spontanée reste le mode de découverte le plus habituel.
  • で’adulte mature: 表少ない劇的

– スタートはそれほど急激である*少ないマーク症状
– ケトーシスのない遅い進化
– 留守番 (少なくとも最初は)TRTとシミュレートする経口T2D

  • このエンティティは、II型糖尿病と呼ばれています 1 D’évolution lente ou « slow DID » ou LADA ( 成人における潜在的自己免疫性糖尿病 ).

C- バランスシート :

* 代謝のバランス :

  • リットル’hyperglycémie est franche, 概して > へ 2 あなたの3グラム / 私は、高浸透圧性昏睡をシミュレートすることが非常に高い値に達することができます.
  • 大規模な腎性糖尿.
  • ++++血液中のケトンの、特に尿中. L’存在D’une cétose spontanée signe pratiquement le caractère insulinodépendant du diabète.
  • 厳しい中: 減少した血液pHと重炭酸塩と水、電解質障害の代謝性アシドーシス (低ナトリウム血症, 低カリウム血症や高カリウム血症の偽).

anomalies lipidiques à type d’hypertriglycéridémie.

* ホルモン :

dosage de linsulinémie et de la C peptidémie : 通常崩壊.

実際に, ces dosages ne sont pas indispensables au diagnostic dun DS de type 1.

  • 免疫学的評価

– 遺伝的背景: でのプレゼンス 90 へ 95 % タイプDSの 1 de race caucasienne de lantigène HLA de la classe II DR3 et / またはDR4 .

* リットル’auto-immunité :

の存在’AC dirigés contre les constituants de la cellule p. 最も重要であり、 :

– 自己antiinsuline抗体またはIAA : タイプの半分に存在するDS 1 すべてのインスリン療法の前に.

  • 抗プロテインチロシンホスファターゼ抗体 ( IA-2)
  • 膵島細胞抗体ランゲルハンスまたはICA (膵島細胞抗体) : 彼らは中に存在しています 90 % des DS de typel de lenfant de moins de 15ans au moment du diagnostic. Leur taux diminue avec lancienneté du diabète .
  • les anticorps anti glutamate décarboxylase de lacide glutamique (抗GAD 65) : 現在では 50 へ 80% タイプDSの 1 最近発見. Leur positivité augmente avec l’年齢. 彼らは、診断後数年を持続++++.
  • Ce bilan immunologique nest pas nécessaire en pratique courante au diagnostic du DS de type 1 D’autant plus que seuls des laboratoires spécialisés peuvent le réaliser.
  • 2つのサブタイプを区別するために不可欠です

– タイプDS 1 自己免疫: 正の免疫学的評価.
– タイプDS 1 特発性( 最も希少) マーカーなし.
– そしてまた分化DTを入力 1 MODY糖尿病の

  • L’autre intérêt de ce bilan concerne le diabète de type 2 : en effet létude UKPDS a montré que 12% ラベル型糖尿病 2 1つ以上の抗体を持っていました : antiGAD ( 9,8%), ICA ( 5,8%). 実際, 彼の’agissait de diabètes de type 1 D’évolution lente ou LADA.

* 合併症の株式 :

  • 診断時の無駄です. 最古の合併症は、糖尿病性網膜症であります (RD) これが表示されます 3 へ 5 年後.
  • の検索’une infection (リットル’ECBU, TLT…) est systématique lors du diagnostic et chaque fois quil existe un déséquilibre glycémique inexpliqué.

D- 進化 :

* 自発的な進化 :

インスリン治療が存在しない場合には, リットル’évolution se fait, au bout dun temps variable, に向かって’acidocétose puis la mort.

* 治療に対する反応 :

インスリンの好意,les doses dinsuline pour obtenir léquilibre glycémique varient dun malade à un autre.

lorsque le diagnostic a été précoce et que linsulinothérapie a été intensive, 糖尿病は寛解に入ること ( 「ハネムーン」).

La rémission dun DS de type 1 est la possibilité de suspendre linsulinothérapie alors que léquilibre glycémique reste normal avec le régime seul ou associé aux antidiabétiques oraux.

この寛解は一時的なものです, 数ヶ月のために 2 若しくは 3 年.

Complications aiguës possible à type dhypoglycémies induites par le traitement (elles sont la rançon dun bon équilibre métabolique).

E- 糖尿病のタイプ 1 associé à dautres maladies auto-immunes :

で 4 へ 10% ケースタイプDS 1 缶S’associer à dautres maladies auto-immunes dont les plus fréquentes sont les endocrinopathies (バセドウ病, 甲状腺炎’Hashimoto, 副腎不全) 白斑, 悪性貧血, セリアック病, 慢性自己免疫性肝炎など…

F- 前糖尿病の種類 1 :

型糖尿病にかかりやすい画面に免疫学的マーカーおよびHLAタイピングを検索 1, 特に病気の兄弟の中で, le plus souvent pour répondre à linquiétude des parents.

Aucun des marqueurs na une valeur prédictive absolue.

糖尿病LADA :

LADA : 大人の潜在的自己免疫性糖尿病,( 中間糖尿病または糖尿病 1,5) 重要な基準 :

  • 年齢 > 30 年
  • 欠勤d’acido-cétose au moment du diagnostic
  • 診断とパワーインスリンの間の時間 > 06 月
  • の存在’anticorps anti GAD 65

疫学 :
9,3% 型糖尿病 2 抗体を持っていたantiGAD.
糖尿病LADA二種類の
LADAタイプ 1 : それは型糖尿病の特徴を持っています 1( 年齢 < 40 年, 正常体重, いいえ関連する病理 ( HTA, dyslipémies ) « signes dinsulinocarence sans signes dinsulinorésistance »
LADAタイプ 2 : il a les caractéristiques dun diabète de type 2(年齢 > 40 年 ,アンドロイド肥満,association possible avec une HTA ou une dyslipémie « signes dinsulinorésistance sans insulinocarence »

2- 糖尿病のTYPE 2 :

古い名前 : 成人発症型糖尿病, 糖尿病, 非ケトン性糖尿病, インスリン非依存性糖尿病. C’est la forme de la plus fréquente : 90 へ 95 %.

A- L’ÉTIOPATHOGÉNIE est inconnue : 遺伝+環境要因

A- 遺伝 :

  • いくつかの集団において高い頻度: インドのPIMA
  • 病気の家族の本質. リスクがあります 40% いつ’on a un ascendant diabétique, 100 % 一卵性双生児で.

多遺伝子疾患: トランスミッションのモードと、遺伝子はまだ不明です.

B- 環境要因 :

  • リットル’肥満 :60 へ 80 % 診断時または肥満でした. C’あります’obésité de type androïde qui prédispose au DS de type 2 (insulinorésistance).
  • 運動不足 : 定期的な身体活動保護指数.
  • 栄養素 : une alimentation très calorique favorise la survenue dun DS par le biais de l’肥満. A l’inverse la malnutrition protéino-calorique saccompagne parfois dune forme particulière de DS.

タイプDSで 2, on note une diminution de la masse des cellules bêta mais insuffisante pour expliquer la survenue dun diabète.

L’hyperglycémie résulte de deux anomalies le plus souvent associées: anomalies quantitatives et qualitatives de linsulinosécrétion ainsi quune anomalie de laction en périphérie de linsuline ou insulinorésistance.

インスリン欠乏 : 細胞塊の減少と (3, disparition du pic précoce de linsulinosécrétion

Insulinorésistance : 肝臓はグルコース取り込みおよび糖新生の増加を減少させて.

脂肪組織で : グルコース取り込みの減少, 増加した脂肪分解,

筋肉のレベルで : グルコース取り込みの減少, そして、グリコーゲンの生産を減少させました

B- 診断 :

A- フィールド :

  • リットル’年齢 : 上の大人の成熟 40 ans et sa fréquence augmente avec l’年齢.
  • リットル’肥満 : 60 へ 80 % タイプDSの 2 きまたは肥満でいます. C’est surtout lobésité de type androïde (ウエスト周囲径によって評価) 糖尿病の素因となること.
  • リットル’遺伝: 糖尿病の家族歴 (兄弟の先祖, 担保) ainsi que d’肥満.
  • リットル’dとの関連’autres facteurs de risque cardiovasculaire :

基本的なルールでHTA,des anomalies lipidiques à type dhypertriglycéridémie et dhypoHDL-émie ainsi quun hyperinsulinisme.

Cet ensemble de co-morbidité réalise le syndrome métabolique dinsulino résistance qui prédispose aux complications cardiovasculaires ischémiques.

B- 診断の状況 :

長年にわたり大規模臨床レイテンシーと陰湿な開発( 平均的に 10 年).

診断された場合の, il existe un cas méconnu doù limportance du dépistage systématique.

発見の状況の多様性 :

  • 多くの場合、不在カーディナルサイン. 彼らが存在する場合, 彼らは一般的に中等度あります, 多くの場合、患者が見過ごさ.
  • le diagnostic est le plus souvent posé à l’機会d’un bilan biologique fait systématiquement chez les sujets à risque ou lors dune pathologie intercurrente.
  • それはn個’est pas rare quune complication révèle un DS type 2.

une rétinopathie avec baisse de lacuité visuelle.
– 心血管系の病理 : 梗塞 (IDM), gangrène dun membre, AVC.
– 代謝合併症 : 特に高齢者では高浸透圧性昏睡, 非自発的なケトアシドーシス.

  • 中’妊娠

C- Le bilan d’A 糖尿病 de type 2 :

* 診断目的 :

  • グルコース : リットル’hyperglycémie à jeun est en général modérée mais supérieure à 1,26g /1. 時々, それは、上記の非常に高いです 2,5 または3Gが、臨床的に忍容性が良好. 多くの場合, 診断n’est porté quaprès une HGPO.
  • ラ腎性糖尿 : それは、グルコースの関数であり、.

ketonuria : ルールには存在しません. ときにそれが存在します, それは、感染に通常二次的なものです.

* 脂質異常 : 現在では 30 へ 40 % ケースこれらの異常は、正常血糖後の血糖退縮に関連または独立必要な特定の処理であってもよいです.

  • L’hypertriglycéridémie est la plus fréquente
  • 少し正常または上昇、総コレステロール.
  • 小さくて密集しているLDLの増加とHDLの減少を伴うことが多い彼の病的な画分.

* 総合併症 :

La recherche des complications chroniques dégénératives est systématique dés le diagnostic en raison de lévolution latente de la maladie.

この評価は、臨床ととparaclinicalでもあります :

+ あって眼科検査 : 血管造影fluoroscéiniqueによって補完必要FO, LAFの検討, mesure de lacuité visuelle, mesure de la TO à la recherche dun glaucome.

+ と腎臓のバランス :

  • の検索’une protéinurie et dune micro albuminurie
  • クレアチニンの投与量は、腎機能を評価します.

+ un bilan cardio-vasculaire ECG à la recherche dune cardiopathie ischémique, 臨床的に潜伏.

+ 神経学的評価 : 末梢神経障害 (モノフィラメント….)

+ 在庫感染症 : 皮膚 ( 足の指の間に菌) 尿 (ECBU)..

D- 進化 :

糖尿病のタイプ 02 進行性疾患であります, 診断時 50-60% ベータ膵臓細胞はすでに破棄されています ; et cette destruction saccentue au fil des années, avec tarissement progressif de linsulinosecretion jusquà un stade dinsulinorequerance.

年のドン, 入手d’un équilibre glycémique correct puis lefficacité du TRT \i malgré lescalade thérapeutique, rendant nécessaire le recours à linsulinothérapie.

On parle déchec Maire aux ADO ou de DT insulinorequérant ou insulinonécessitant.

これはinsulinorequeranceに疑われます:
– リットル’の外観’un déséquilibre métabolique chronique s/TRT oral maximal.
des signes dinsulino-carence : 原因不明のw, 自発的なケトーシス傾向.
– インスリンを必要とする糖尿病の話をする前に, 我々として血糖コントロールの他の原因を除外しなければなりません :

  • 栄養エラー; une réduction de lactivité physique habituelle
  • グルコース代謝に干渉する薬を服用.
  • 潜伏感染併発特に病気.

DIABETEのTYPE 02 CETONURIQUE :

また、呼び出しのように 03 アフリカやアフリカでは比較的頻繁に, 間の年齢 30-40 年:
Profil clinique dun DT 2 robésitéとメタボリックシンドローム ,ATCDSファミリーT2DM …
Mais le mode de découverte dun DTl:cétose dallure spontanée; puisai des doses dinsuline jusqu’へ’arrêt avec réponse aux ADO.
– 猛烈での変更点 (cétoses nécessitant linsulinothérapie) 赦免 (やめる’insuline et mise s/ADO)

3- 糖尿病の他の特定の種類 :

A- 糖尿病のタイプMODY(若年発症成人型糖尿病) :

より多くを表します 2 へ 5 % 臨床的にインスリン非依存性糖尿病の例. MODY 2 そして、MODY 3 これまでで最も一般的です.

私たちは、現時点では知っています 6 サブタイプを共有 : 共通しているいくつかの種類があります :

  • 若年成人における発症年齢 , 通常の前に 25 年.
  • 常染色体優性遺伝.
  • 数世代にわたる疾患の存在
  • 半分の兄弟を達成.

* FASHION 1 : 遺伝子HNF-4α
* MODY2 : 遺伝子グルコキナーゼ ++,
* MOD Y3 : gèneHNF-1 A
* MODY4 : genelPF-1
* MODY5 : 遺伝子HNF-1β
* MODY6 : 神経DI遺伝子

B- ミトコンドリア糖尿病 :

ことを特徴とする母体送信するミトコンドリア細胞変性であります : 糖尿病 : すべての側面

感覚神経の兆候で到達マルチ内臓 (難聴, 網膜損傷), 神経筋の兆候 :

– ル症候群「MIDD» (母性遺伝の糖尿病と難聴) 結合 : 糖尿病 + 感音難聴, 架橋黄斑ジストロフィー.

– MERRF症候群 :

– MELAS症候群 : ミトコンドリアミオパチー, 脳症, 繰り返しストロークと乳酸アシドーシス.

C- インスリン作用の遺伝的欠陥 :

1- インスリン抵抗性を入力 2- 妖精
3- 症候群デラブソン、メンデンホール 4- 脂肪組織萎縮性糖尿

D- 膵臓糖尿病 :

1- 膵炎 (PCC +++) 赤字関連する外分泌と内分泌双子の赤字 ( Pと)

2- トラウマ / 膵切除 3- 膵臓がん
4- 嚢胞性線維症 5- ヘモクロマトーシス

E- 内分泌 :

1- 先端巨大症 2- シンドローム・デ・クッシング
3- Glucagonome 4- Phéochromocytome
5- Hyperthyroidie 6- Somatostatinome
7- アルドステロン症 8- 他の

F- 糖尿病薬によって誘発されるまたは毒性 :

1- Vacor (raticide) 2- ペンタミジン
3- ニコチン酸 4- グルココルチコイド++++++
5- 甲状腺ホルモン++++ 6- ジアゾキシド++++++
7- AgonistesPadrénergiques 8- サイアザイド系利尿薬
9- Diphénylhydantoïnes 10- インターフェロン

グラム- 免疫系の糖尿病に関連する病理 :

  • «スティッフマン»症候群 (症候群「&rsquo;スティッフマン」 )
  • 受容&rsquoに対する抗体;インスリン (ループス )

時間- 糖尿病を伴うその他の遺伝的症候群 :

WOLFRAM症候群または "MOADはDID", ローレンス – 月, プラダー・ウィリー

4- 糖尿病妊娠 :

妊娠糖尿病は、産後の変化にかかわらず、妊娠何でも期間中の様々な重症度の耐糖能異常発生をとして定義されたり、初めて診断されます.

妊娠中に , 増加したインスリン必要とインスリン抵抗性の状態は、第2四半期に主に発生します

疾患-母体乳児フェトélevéeらPEUTエントレーナーデコート、情報に母体胎児の合併症で東Associée (テーブルを参照してください).

裁判所・テルメ 長いテルメ
胎児の合併症 彼らは、子宮の中で死にます,
Macrosomie, 尚早
低血糖,
hypocalcémie,
ハイパーbilirubinémie,
呼吸窮迫
耐糖能の肥満症
合併症
保育所
HTA gravidique, 子癇前症, 帝王切開 耐糖能異常, 糖尿病タイプ 2

診断
– GAJ>0.92第1四半期のG / Lは、診断のために十分です (誓います >リットル,26g/l cest un diabète préexistant).
– 2H程度の間にそれ以外の場合はOGTT 24-28 SAの危険因子であれば (75グラムの摂取は、グルコースで希釈しました 250 その後、T0を徴収CC ,TLHあなたT2H).
– 1つの閾値を超えた、とき&rsquo妊娠糖尿病が定義されています :
GAJ : 0,92 G / 1, グルコースLH : リットル,8G / L, 2時間グルコース : 1,53 G / 1.
と : GAJ >リットル,26g/l cest un diabète préexistant.
妊娠糖尿病の危険因子 :
– 年齢 >35 年
– BMI>25 キロ/㎡
– 妊娠DTや巨人の個人史
– 第一度近親における糖尿病の歴史

VII- 結論 :

糖尿病は、複雑な疾患であります. さまざまなタイプがあります。, 最も一般的なタイプです 1 そして、タイプ 2 . 糖尿病の診断は、型の中で最も頻繁に明白である場合 1, il faut savoir lévoquer et le rechercher dans le diabète type 2 これはしばしば無症候性であります.

A博士のコース. ZAOUIA – コンスタンティヌスの学部