発声障害の診断

0
7508

私- 定義 :

発声障害は声帯の異常な形態や機能に関連した音声の成果であります.

II- 解剖学 :

声帯が形作られています 2 前部および後部可動に固定された点に係留リボン.

対称ペア, 彼らはラインケのスペースで筋肉の呼吸器粘膜のセパレートタイプで覆われた音声の筋肉で構成されています.

インクルード 2 声帯は、タイムリーな固定前交連の前で会います. 各ボーカル筋肉の後部には、軟骨のプロセスを訴える係留されます 2 輪状子猫の上端と連接披裂軟骨.

軟骨の移動度は、再発性神経によって提供され, 迷走神経の枝 (バツ) 声門の筋肉の拡張器とconstrictorsを支配.

声帯は、リンパドレナージを持っていません.

III- 陽性診断 :

A- 尋問 :

それは多くの場合、病因を可能に.

これは、文字の発声障害を指定します :

  • 発生のモード
  • 永続的または断続的に
  • ボーカルの努力の後に発生
  • 年功序列とスケーラビリティ.

任意発声障害 3 週声帯のENTの検査を必要と.

*これは、発声障害の前後の関連する兆候を探します :

  • Otalgie
  • Odynophagie, dysphagie

*彼はフィールドを高く評価します :

  • 喫煙および/または急性アルコール中毒
  • プロフェッショナルの声 : 歌手, 教師…
  • 感染の歴史 : 梅毒, 結核
  • 挿管と最近の麻酔
  • 頸椎や胸部外科の歴史
  • 胃食道逆流
  • 慢性副鼻腔感染症

アルコールやタバコ、フィールド上の任意の永続性発声障害は、癌を恐れています.

B-臨床検査 :

それは、 :

  • L'検査 : 喉頭または甲状腺地域の横の低い子宮頸傷跡を探して
  • 触診は、可能なリンパ節腫脹を見つけるために、頸部リンパ節領域の骨格奇形や触診を研究軟骨.
  • 喉頭喉頭鏡のか、声帯の可動性と形態を評価するための内視鏡で検査.

C- 追加の検査 :

彼らは、任意の発声障害の前にバランスシートphoniatric不可欠で作られています :

  • 声のphoniatric感謝 : 歌声, 投影声, 発話音声…
  • ストロボを有するビデオ内視鏡​​は、より正確なアプローチ病変および振動粘膜異常の原因ことを可能にします.
  • 基本周波数喉頭の前治療客観的に評価する声のコンピューター分析.

IV- 病因診断 :

distingueオン

A- 喉頭モビリティの障害 :

1- 再発性麻痺 :

  • 米国または両側
  • 終値で

→病変が再発神経経路上に配置することができます :

  • 子宮頸関与と甲状腺手術や食道の歴史
  • 左の再発に関与縦隔や心臓.

→迷走神経の経路上に

  • Atteinte tronculaireのau niveauデ頸部, 固定化された声帯の外転が得られ頸静卵円孔または後部窩.

2- Ankylosécrico-aryténoidienne :

シミュレーション麻痺, 挿管への二次

3- Dysphonie spasmodique :

達し、より一般的な痙性を見つけるために持ちます : 眼瞼痙攣, 顔面痙攣や首の筋肉.

B- 声帯との形態学 :

1- 炎症 :

非常に一般的な, 彼らは、悪化させる要因のを見つけるのですか (慢性副鼻腔炎, 胃食道逆流) :

  • Laryngitesエグ 細菌やウイルスのコンテキストで発生しました
  • 慢性喉頭炎 タバコ乱用が主な原因. 彼らは、これらの病変の癌変革を恐れなければなりません

– レッド肥大喉頭炎
– 厚さの板多かれ少なかれと喉頭炎白いdyskeratoticは、インサイチュまたは微小浸潤において癌を隠すことができ.

  • ラインケのスペースの大幅な浮腫に関連する喉頭炎疑似粘液腫, 非常に癌を変換します.

2- 腫瘍 :

癌 : 声帯の癌は、任意の永続的な発声障害の前に大きな恐怖です

  • 厳密に声帯に限定または声門上および下の階に拡張することができます
  • 拡張された形で喉頭の移動度の低下や喪失を引き起こすことができます.
  • 喉頭鏡検査によって全身麻酔下に生検を課し.

良性腫瘍 :

  • アミロース, chondrome
  • 唯一の組織学は、診断を可能に.
  • 喉頭モビリティ障害は進化ではまれです.

3- 感染 :

  • 梅毒, コンテキストは、診断を導くことができるTB.
  • Papillomatoselaryngée : 小児期に発生または成人期および悪性の可能性のためのより多くの軽蔑的な予後に表示されています.

4- 先天性欠損症 :

多くの場合、間接喉頭鏡検査で診断 :

  • 溝glottidis =ボーカル筋肉スロット
  • Kystescongénitaux内cordaux
  • Laryngocèles

5- 機能音声障害に二次的有機病変 :

非常に一般的な, 彼らはポリープにつながります, 結節, 結節のキス.

その証拠はありません声帯の任意の有機病変, 命令的組織標本と全身麻酔下喉頭鏡検査が必要です.

C- 形態異常の有無 :

診断は、機能性発声障害がフルバランスphoniatricを必要とすること、その後で. 心理的なフィールドが評価されなければなりません, この機能障害の起源に発生であってもよいです.

V- 治療 :

1- 治療は必要 :

  • リスク要因の除去 : タバコ, アルコール.
  • 悪化させる要因の治療 : 慢性副鼻腔炎, 逆流gastrooesophagien
  • 形態学的病変の処理

2- 急性喉頭炎 :

  • 抗生物質で治療されています, 抗炎症エアロゾルと.
  • 声帯のリモコンは、彼らの解剖学の反発広告integrumを制御するのに役立つはずです.

3- 他の有機病理 :

  • その病因に従って処理されたが、ほとんどの場合、全身麻酔下サスペンション喉頭鏡検査を必要とします.
  • スピーチ療法は、位置異常の声を修正する必要があることが多いです.

4- 喉頭モビリティの障害の治療 :

  • 片側再発喉頭麻痺と強直は単なる言語療法を通じて主に扱われます.
  • 時々, 麻痺声帯でテフロンの注射またはコラーゲンの必要性.
  • 関連する呼吸困難の場合 (二国間の麻痺), レーザarytenoidectomy又は翼弦方向後方ノッチを実行する必要があるかもしれません.

5- 機能性発声障害の治療 :

– 任意の器官の損傷の除去 : ポリープ, 結節
– モニタリングは、言語療法のリハビリテーションを可能に :

  • 再発の有無を確認するには
  • 特定の傷害の悪性形質転換を検出
  • 声の新たな評価による客観治癒オン.

博士Mのコース. Benchaoui – コンスタンティヌスの学部