急性呼吸困難

0
10271

私- 前書き :

  • DAは、一般的な医学的緊急事態であります, une des principales causes de consultation d’緊急
  • 病因の倍数, いくつかは、生命を脅かすことができます
  • Le dg repose sur lexamen clinique et des examens paracliniques simples
  • 呼吸器系の主要な緊急事態を認識, 心血管または代謝, 迅速かつ緊急の治療が必要なDG

II- 定義 :

  • 呼吸困難は主観的な痛みを伴う感覚であります, 呼吸時の遺伝子, 息切れと感じました, の欠如’空気, 窒息
  • 急性症状= < 2 週間
  • polypnoea (tachypnée) 急速な呼吸= EN > 20/私に, +/- 表面
  • 座った状態で呼吸する患者を強制的に褥瘡起座= D

III- 病態生理 :

  • コンプレックス, 不完全知られています
  • respiデバイス筋肉の知覚, 電圧の不一致 (SNC) と長さ
  • Déséquilibre entre lactivation de la commande inspir centrale (アクティベータ信号) そして、換気の動き (抑制のメカニズム)
  • シグナルは、胸壁をR, 肺, 気管支, YOU, 中央とデバイスChemor
  • 脳幹内の統合, 皮質の中央

IV- 診断アプローチ :

1- 尋問 :

  • 主要な
  • 診断を作るだけでは十分であるかもしれません
  • 年齢と性別
  • 病歴
  • 臨床呼吸困難特徴
  • 心血管系の歴史 :
表I.Signes cliniques de gravité en présence dune dyspnée.

+ HTA, 冠動脈疾患 (angor, IDM, ブリッジ)
+ びまん性アテローム性動脈硬化症 (AVC, M1のartérite)
+ リスク要因MTE (ATCD, 手術, 彼tement, 腫瘍)

  • 胸膜の歴史: COPDの兆候, 職業暴露 (アスベスト, シリカ, エアロゾル), 医薬品, 喫煙 (> 20 PA)
  • 免疫抑制 (VIH, 血液疾患, 化学療法) 嚥下障害, コンテキスト
  • Caractéristiquescliniques:
  • 連続, 間欠, レポ, アクティビティ
  • モードd’installation, 自発的, 凶悪な, プログレッシブ
  • 条件d’出現: スケジュール, シーズン, トリガ
  • ペース, 時間 (吸息, 呼気)
  • 変更パルラ位置
  • 悪化の夜
  • 先任
  • 付属の兆候

2- 身体検査 :

  • シンプルアクション
  • 重力の兆し
  • DGを作ることができます, 原因として最も可能性が高いです

A- 試験Pleuropulmonaire :

  • 検査
  • ペース, 胸部奇形, 異常な動き
  • 胸の拡大 (BPCO, 喘息, 肺気腫)
  • 減少する’expansion dun hémithorax
  • ネック検査, 中空胸骨上, 鎖骨上 (プリント, マス, turgescence)
  • 収縮inspiratoireデュ筋肉SCM
  • 胸、腹部Balancement, 逆説的な胸部の動き
  • フレアリング鼻
  • Cyanose
  • 胸の身体検査
  • パーカッション : 一方的なティンパニ, 倦怠
  • 聴診 : 非対称, 呼吸音を減少させました, クラックル, 喘鳴, 喘鳴, 胸膜摩擦
呼吸困難 : orientation étiologique en fonction de l’聴診

B- 心血管レビュー :

  • の兆候’心不全: 頚膨圧, 逆流Hépatujug, 痛いHPM, 浮腫下肢, BP測定
  • 聴診: ギャロップ, 息, 不整脈, 心膜摩擦

C- 身体検査 :

  • Le reste de lexamen doit être complet
  • 感染症, の兆候’貧血, 首の触診と甲状腺, 頸部リンパ節領域

3- サプリメントのレビュー :

  • 便利, 確認は、基礎疾患の影響を評価dgou
  • 3 簡単なテスト: Rxthorax- ECG-gazométrie
  • コンテキストに基づいて他の, リットル’身体検査, 簡単なテストの結果と

A- 胸部のレントゲン写真 :

  • オリエンテ病因DG
  • 偉大な解釈のSD放射線 (間質性肺胞上, 気管支, 血管, 胸膜,,,)
  • 胸部膨満 (喘息, IRSC)
  • 心の大きさ

B- 動脈血液ガス :

  • 二つの状況: 高炭酸ガス血症と低酸素血症,高炭酸ガス血症のない低酸素血症
  • 低酸素血症、hypocapnia =シャント効果
  • EP, 喘息, OAP, 細菌性肺炎
  • Hypercapnie

C- 心電図 :

  • 心臓が原因
  • 心筋虚血, リズム障害, 肥大, の兆候’EP (AD偏差, S1Q3, BBD…)

D- 心エコー検査 :

  • 非侵襲, 心臓の原因
  • Valvulopathie, hypokinésie, cardiopathieの高血圧, 心嚢液貯留, の兆候’EP (急性肺性心

E- 他の試験 :

  • Dダイマー
  • 炎症マーカー (CRP, PCT)
  • 心筋酵素 (Tropo, ミオグロビン, CPK, トランスアミナーゼ)
  • B型ナトリウム利尿ペプチド (BNP) およびNT-proBNPの
  • CTスキャン
  • 肺超音波

V- 病因診断 :

1- 急性喘息 :

  • Dgfacile à l’既往症
  • 若いです, 危機歯擦音呼吸困難の夜, 努力や春, ATCD personnel ou familial d’アレルギー, 小児喘息, bronchiolites)
  • 喘鳴, 呼気ブレーキ
  • RT (胸部膨満, トリガーファクター)
  • 重力の兆し, 脅威症候群
  • 重度の喘息

病因治療

  • 急性喘息:

β2模倣エアロゾル : サルブタモール、テルブタリン (Ventoline-Bricanyl)

抗コリン : アトロベント – Bromure dipratropium Nébulisation 5mg/0,5mg20min, 3 回/ hであり、その後、4時間ごとにコルチコステロイド : ソルメドロールを2mg / kgの, ヒドロコルチゾン 15 ミリグラム/キログラム

2- 気管支肺炎 :

  • 表III.Manifestations cliniques dhypoxie et hypercapnie.

    TIME, 熱, 寒気, tachypnée, 頻脈

  • 咳, expectorationsのpurulentes, 痛みカントー
  • 倦怠, クラックル, 息の卵管
  • 不透明体系, 胸膜炎, 二国間の写真
  • 引き出し

治療 :

初期の確率抗生物質治療

  • fMactamine, + 酸clavAmoxicilline
  • C3G: セフォタキシム
  • Fuoroquinolones: レボフロキサシン
  • 細菌学的サンプル

3- COPDの急性代償 :

  • タブローVII.Principales causes de poussées aiguës de décompensation de l’慢性呼吸不全.

    年配, IRC

  • 因子décompensant
  • polypnoea, プリント, 呼吸abdominothoracique, 歯擦音
  • シーニュD'ICD, 右ギャロップ
  • 低酸素血症の兆候 – hypercapnie .
  • ラジオ胸部, gasometry

治療 :

  • β2模倣エアロゾル
  • 抗コリン
  • 機械換気
  • 原因のTRT

4- OAP :

  • Liquide dorigine plasmatique diffuse dans les espaces extravasculaires du poumon
  • L’oedème par hyperpression capillaire pulmonaire (OAPのcardiogénique)
  • L’oedème par altération de la membrane alvéolo-capillaire (病変浮腫)

OAP病変

  • 透過係数歯槽細管膜に増加.
  • 肺毛細血管楔入圧が正常か低いです. Le liquide doedème a une très forte teneur en protides proche de celle du plasma.
  • 間質性線維症へのその後の可能性の進化と急性呼吸不全 : 急性呼吸窮迫症候群.

病因 :

  • 感染, インフルエンザ, septicémies, 敗血症性ショック…
  • 毒性, 有毒ガスの吸入, 純酸素で換気, 胃液の吸入 (シンドローム・デ・メンデルゾーン).

進化 :

  • 3 段階 :
  • 突然発症肺水腫と
  • 2炎症性病変を有するND相, 浮腫, 憲法・デ・メンブレンhyalines
  • 3目は、慢性肺線維症であります.
  • 結果=主要なガス交換障害, シャントすることにより、耐火低酸素血症
  • 無換気と灌流が維持しました.

OAPのcardiogénique

  • 突然または慢性の上昇肺毛細血管楔入圧.
  • 呼吸困難の努力, 夜のorthopnoea, ハック, 生産, 泡の, カラフトマス
  • クラックル, 拠点, 「タイド」, ギャロッピング左
  • RT: 「蝶の羽」の二国間歯槽混濁, 心臓肥大
  • ECG: 因果心臓病

3 段階

  • 単一静脈性高血圧
  • Stade doedème interstitiel
  • 肺胞の浮腫

病因 :

  • 左心室不全
  • 左心室不全のない機械的な障壁

治療 :

  • 利尿薬 : フロセミド (Lasilix) / ボーラスIV 40-80mg
  • 硝酸塩 : ディ硝酸イソソルビドD', グリセリルトリニトラート (Risordan, Lenitral) 1-BMGのPUI灌流3-10mg / H

PAの監視 :

  • Tonicardiaques: ドブタミン
  • 換気非侵襲的
  • 原因の治療 (IDM, リズム障害…)
危険因子

5- 肺塞栓症 :

  • 困難な診断
  • 要因 (DVTの先行, 手術, 彼tement, 癌…)
  • 突然発症
  • 呼吸困難, カントーの痛み, hémoptysies
  • RT: 肺梗塞, ECG (CPA)
  • gasometry: hypoxémie-hypocapnie
  • Dダイマー, エコー + 心電図, 胸部CT血管造影, 血管造影, シンチグラフィー

症状/徴候

治療 :

  • 抗凝固治癒量 : HBPM / 未分画ヘパリン: 大規模なフォーム
  • Thrombolyse: 大規模なembolie, ショック, 急性肺性心
  • 外科的塞栓摘出

6- 気胸 :

  • ポスト外傷性や自発性
  • 呼吸困難 + 胸の痛みのインスピレーション
  • ティンパニ
  • 肺気腫皮下
  • 無線
  • 強制呼吸, 排水

7- 結核 :

  • Contage
  • の変更’状態
  • の兆候’含浸, 寝汗
  • アデノパシー
  • 無線: ほとばしります, 洞窟, 粟粒, ADP
  • IDR + 研究BK
  • 結核治療

8- 肺がん :

  • の変更’状態
  • 肝細胞癌
  • 無線 + スキャナ
  • 手術, 化学療法

9- メタボリック :

  • 代謝性アシドーシス: DKA. 急性腎不全…
  • 病因治療

10- 神経筋 :

  • Polyradiculonévrit​​eのaigue PRN, myasthénie…
  • 特定の治療法
  • 機械換気

11- 内気管支異物 :

  • 小児
  • コンテキスト
  • 窒息の, 浸透症候群
  • 無線 + スキャナ
  • 気管支鏡検査

12- 喉頭浮腫 :

  • 血管性浮腫
  • アナフィラキシーショック
  • 外傷性
  • アドレナリン, コルチコステロイド

13- 他の診断 :

  • 絞殺, 水浸し, 溺水…
  • 酩酊

14- CO中毒 :

  • 一酸化炭素
  • 無臭, 無色, 殺風景
  • 頻繁かつ深刻
  • E 中毒による死亡の原因
  • L’hémoglobine a une affinité 230 fois plus forte pour le CO que pour l’酸素

病態生理 :

  • 低酸素症, 一酸化炭素ヘモグロビンの形成に二次 (HbCO)
  • Toxicité cellulaire indépendante de lhypoxémie composantes immunologiques et inflammatoires

初期の兆候 : 頭痛, 吐き気, 嘔吐, 意識障害, メモリ, 眩暈, 倦怠感

重力の兆し : 昏睡, 穏やかな高張, 開口障害, 痙攣

栄養の兆候 : 温熱療法, 汗と外皮のピンクのカラーリング「コチニール」

  • HTA, 横紋筋融解症と急性腎不全, 呼吸窮迫
  • ECG : 頻脈, 不整脈, 障害のrepoiarisation, 心筋梗塞
  • 集団文字や季節
  • 実験室診断:
  • Oxycarbonémie (MI / 100ミリリットル) > 0,2ミリリットル/ 100mii
  • アッセイcarboxyHb > 5%
  • CPK, トロポニン: MYOC虚血, 筋肉の
  • クレアチニン: IRA
  • Hyperleucocytose
  • 正常な血液ガス

サポートCO

  • 半減期のCOがあります 320 分の空気, 90 分FIO2 100%, と 23 に高圧室で分 3 雰囲気
  • 酸素セラピーFIO2 100%
  • 高濃度のマスクでNormobaric
  • 12 以下のためのL /分 6 時間
  • 適応症: 症状の有無とCOHb < 15%
  • 高圧酸素療法:
  • 適応症 :
  • でも、簡単な知識の喪失, 意識障害, 痙攣, 神経学的兆候, 妊娠, 子供, 心臓既存の肺疾患, modification de l’ECG
  • HbCO > 15% 症状のあります
  • HbCO > 25% でも症状なし
  • 短所-兆候: 非排水気管支痙攣主要気胸

WE- 治療 :

対症療法 :

  • 座っ
  • Oxygénothérapie(SA02>90%)
  • 静脈内
  • 航空路
  • 毒性雰囲気の抽出
  • ICU入院 (重症度の兆し)

換気サポート :

  • 適応症 : 難治性低酸素血症, 呼吸枯渇, 意識障害
  • 従来の機械換気 : 鎮静後に気管挿管
  • 換気非侵襲的VNI: 顔の仮面, 意識と患者の協力が必要 (OAP, BPCO, 肺炎, 免疫抑制)

VII- 結論 :

  • 急性呼吸困難は、緊急協議のための一般的な理由です
  • 診断は主に臨床検査と簡単な診断テストに基づいています
  • 早期の病因診断は、あなたが適切な治療を開始することができます, 良好な予後の誓い

Cours du Dr FOUGHALI – コンスタンティヌスの学部