代謝統合

0
5678

前書き :

炭水化物, les acides aminés et les lipides forment les carburants tissulaires et les éléments structuraux de l’組織.

Mais cest au titre de pourvoyeurs dune grande partie des calories alimentaires quils exercent leur plus grand impact sur le métabolisme.

代謝経路が同時に作業しなければなりません, chacune d’彼らは検出することができなければなりません’état des autres afin de fonctionner de façon optimale et de satisfaire les besoins de l’組織

異なる代謝経路間の調整を説明する方法 ?

Comment le réseau complexe des réactions du métabolisme fonctionne-t-il pour répondre aux besoins énergétiques de l’のセット’組織 ? これは、以下の種々の組織について議論されています : 肝臓, 脂肪組織, 筋肉や心筋, 脳や赤血球.

私- 目標代謝 :

1- production de l’ATP (エネルギー通貨) 精力的な分子の酸化による : グルコース, 脂肪酸, アミノ酸 :

筋収縮, 能動輸送, 生合成など….

2- 電力を低減する生産NADPH,にペントースリン酸によってH : 還元的生合成(脂肪酸, コレステロール…)

3- 生合成のための基本的な分子の産生 (アセチルCoAを)

II- 代謝調節のツール :

そこ 03 規制値 :

1- contrôle de l’酵素活性 :

A- 非共有結合修飾 : リットル’allostérie

B- 共有変更

C- taux d’酵素 (遺伝子発現)

2- 代謝経路の区画化 :

サイトゾルおよびミトコンドリア (シャトルシステム)

3- 専門化 métabolique des organes :

遺伝子の発現差異 (イソ酵素)

III- 主要な代謝経路の制御サイト :

最も重要なルートがあります :

1- 解糖 :

– Cytosolique

– グルコース —–> 2 ピルビン酸 +2 ATP + 2NADH,H

– 酵素キーレギュレーション :
PFK1(+++)
HK
PK

2- クレブス回路 :

– ミトコンドリア

Acétyl COA —–> GTP + 3 NADH.H +1 FADH2

– 対照部位 :
クエン酸Sase
イソクエンDHase
Cetoglutarate DHase

3- ペントースリン酸経路 :

– Ubiquitaire

– Cytosolique

– NADPHの生産,FFとリボース5P

4- néoglucogenèse :

– 肝臓と腎臓

– サイトゾル+ミトコンドリア

– からのグルコースの合成 : ピルビン酸, グリセロール, Aアミン

– 酵素キー : -フロリダ州,6 ビープase , ピルビン酸カルボキシラーゼ

5- 合成 et dégradation du glycogène :

– 肝臓や骨格筋

– Cytosolique

– Glycogénolyse :
– グリコーゲンの内訳
– グリコーゲン —–> G6P
– 酵素CLE :Glycogeneホス

– Glycogenogeneser
– 合成デュグリコーゲン
– グルコース —–> グリコーゲン
– 酵素CLE: グリコーゲンシンターゼ

6- 合成と分解A.gras :

– Lipogenèse :
– 合成a.gras
– cytosolique
– 重要な酵素 : アセチルCoAカルボキシラーゼ

– B-酸化 :
– 分解A.gras
– ミトコンドリア
– 重要な酵素 : カルニチンアシルトランスフェラーゼ

IV- Le ” CAHIER DES CHARGES » énergétique :

セルラーエネルギー要件は可変ですd’un tissu à l’その他の

  • 脳 :

* 脳はグルコースのみを使用しています(若い外) : それは、グルコース依存性であります.

* それは、一日あたりのほぼ150グラムのグルコースを燃やし, どちらか 1/10 その変位 (1500CM3), soit encore léquivalent de 30 角砂糖.

* このエネルギーのほとんどは、ポンプを動作させるために使用されます (ナ+-K+) ATPase qui entretient le potentiel de membrane indispensable à la transmission de l’神経インパルス.

* le cerveau na pas accès aux A. グラ, lies dans le sang a l’アルブミン, 血液と脳との間の障壁を越えることはできません.

*障害, 若いとき, le cerveau peut se « contenter » de corps cétoniques.

  • 肝臓 :

-食後には , il utilise d’最初のブドウ糖d’食品起源
-その他, それは好ましくはA.grasを消費します.

  • 筋肉 :

-食後には, 筋肉はdを使用します’最初のブドウ糖d’食品起源
en routine » ils consomment de préférence des A.gras
-但し,
* 中’un exercice de forte intensité et de courte durée, ils nutilisent que le glucose.
* 若いとき, 彼らはケトン体を使用します, A.aminesを参照してください, 組織のglucodependantsのため温存グルコース.

  • 心筋, plus que les muscles squelettiques » fait feu de tout bois » : グルコース, と, 特にA.gras, 適切な場合にはケトンおよび乳酸.
  • 脂肪組織 :

– 食後には , le tissu adipeux utilise d’最初のブドウ糖d’食品起源.
– それ以外の場合は、好ましくはA.gras消費します.

  • D’autres tissus sont gluco-dependants : 赤血球, 白血球, 腎髄質および網膜.

V- インクルード « WAREHOUSE « énergétiques :

La qualité et la quantité des réserves énergétiques sont variables dun tissu à l’その他の.

  • グルコース :

-グルコースは、肝臓や筋肉にグリコーゲンとして格納されています.
-それは二重の起源を持っています :
* 消化
* メタボリック :
-> 肝臓のグリコーゲン分解および筋肉, しかし、肝グリコーゲン分解からグルコースのみが輸出であります.
-> 肝臓の糖新生

  • A.gras :

-A.grasは、肝臓中のトリグリセリドとして、特に脂肪組織に格納されています (オーバー 10% 体重) 筋肉内およびより少ない程度.
-脂質エネルギー貯蔵容量は、したがって、事実上無制限です.
-A.grasは、二重の起源を持っています :
* 消化
* メタボリック :
->ラlipolyse : 特に消費者の組織のために肝臓や脂肪組織中のトリグリセリドA.grasメモリ解放.
-> ils sont synthétisés de novo à partir des glucides via lacetyl COA , 特に肝臓での脂肪組織で.

  • アミン酸 :

– 筋肉のタンパク質は、エネルギーの観点ではありません, un stock dacides aminés : それらは収縮に割り当てられています.
– 但し, 若い長期化, 筋肉タンパク質分解は、エネルギーの目的のために使用されているアミノ酸を生成します.

VL- 代謝適応と栄養状態 :

一つは、似顔絵を区別することができます 3 特別な状況 :

– 食後期間 : あります 4 heures qui suivent la prise dun repas

– 若者の期間 :
* 生理若いです (またはインター食事) : レス 12 時間
* 非生理的な若いです :
-> 裁判所 : 少ないd’une semaine
-> 長いです : 超えて’une semaine

la période d’筋活動

Toute adaptation métabolique à lune ou l’その他の 2 dernières situations respecte le « cahier des charges » énergétique : 特に, グルコースは、組織グルコ依存性に専用されています, 一方、他のエネルギー燃料 (脂肪酸とケトン体) 厳しい少ない他の組織に提供されています.

——–> 食後には
L’arrivage dorigine alimentaire de glucose, D’acides gras et dacides aminés entraîne :
– リットル’utilisation du glucose comme substrat énergétique par la plus part des tissus.
– anabolismesの開始 :
* 肝臓や筋肉でのグリコーゲン合成 (àpartirデュグルコース)
* 肝臓や脂肪組織における脂質生成, 筋肉内およびより少ない程度 (脂肪酸から).
* 筋肉のタンパク質合成 (アミノ酸から).

——–> 若者の時代に
– L’apport alimentaire des nutriments a valeur énergétique étant interrompu, リットル’organisme doit trouver en lui-même ses propres ressources énergétiques.
– L’adaptation métabolique découle de la diminution de lapprovisionnement en glucose et en acides gras.
– それは尊重します 2 優先順位 :
1- グルコース依存性組織を予約グルコース
2- 可能な筋肉タンパク質限り保存

  • 生理若いです :

正常な血中グルコースレベルは正常を通して維持されます :
– 肝グリコーゲン分解で
– そして、肝臓の糖新生

De plus les tissus qui peuvent » se passer” de glucose(筋肉や心筋, 肝臓や脂肪組織) 消費します, その代わり, 脂肪組織の脂肪分解からの脂肪酸 (脂肪分解も糖新生の基質であるグリセロールを産生).

  • 非生理的な短い若いです :

la glycogénolyse hépatique sépuise très vite, グリコーゲンの不足.
インクルード 2 mécanismes adaptatifs ci-dessus samplifient :
* 脂肪組織の脂肪分解
* グリセロールからと肝臓の糖新生と, 今、アミノ酸は、筋肉のタンパク質分解によって生成します

– 肝臓のケトン体生成が開始, à partir des acides gras dorigine lipolytique et des acides aminés cétogènes, ケトン体は、脳のエネルギー需要の増加シェアをカバー, 筋肉, 特に梗塞.

– 筋肉のタンパク質分解 : 製品のアミノ酸(特にアラニンとグルタミンで) これは主に基板糖新生あります, 残りはエネルギー代謝を入力してください.

  • 長くない生理的なヤング :

L’exagération de la protéolyse musculaire aboutirait à une fonte musculaire telle quelle compromettrait la survie de l’組織
– 筋肉タンパク質分解を減少させます : タンパク質資本が良く保存されています
– néoglucogenèse, qui dhépatique seulement devient à la fois hépatique et rénale, グルコースの製品は、厳密に組織グルコために予約されています- 依存 (赤血球)
– 肝臓のケトン体生成は継続します, 脳の利益の消費より多くのケトン類のもの
la lipolyse du tissu adipeux saccentue, ほとんどすべての組織は現在、厳密脂質ダイエットです.

——–> En période d’筋活動

  • 高強度および短い持続時間の筋活動 :

– 嫌気, 筋肉 (筋肉が速い繊維をけいれん, ミオグロビンの貧しい白) utilisent comme source d’エネルギー :
1- グルコース (筋肉グリコーゲン分解, 肝臓の糖新生)
2- リットル’hydrolyse de la créatine-phosphate

  • Activité musculaire dintensité moyenne et de longue durée :

– 好気的に, 筋肉遅筋線維は、消費します :
1- グルコース (筋肉グリコーゲン分解)
2- les acides gras dorigine lipolytique
3- アミノ酸タンパク質分解

L.BELKACEM博士のコース – コンスタンティヌスの学部