エチルアルコールによる中毒

0
5824

私- 前書き :

  • エチルアルコールまたはエタノールは、彼の健康アルコールの害理由だけではなく、危険な毒であります, 彼の反社会的な反応は、家族の平和と公共の秩序を乱します.
  • 専門的に, アルコールはまた、仕事の収量と品質にしても、労働者の安全に影響を及ぼし.
  • アルコール依存症は、有機変性の原因であります, 精神的かつ強力criminogenic.
  • 最も一般的な中毒の世界的な :

– 急性=> 酩酊,
– 慢性=> アルコール依存症

  • 起源のエタノール :

– 炭水化物発酵=> ワイン, ビール, サイダー,…
– 蒸留によって濃縮した後に得られたドリンク / カルバドス, リキュール,… »

  • アルコールに起因する疾患や事故=> 惨劇

II- 病因 :

  • 職業暴露 :

– 広い吸収肺の気道を伴う慢性中毒, 皮膚
– 用途 : 溶剤, 実験室用試薬, 製薬業界では, 染料, 香水,…. »

  • 自殺未遂 : アルコール/向精神, アルコール/有毒ガス / CO »
  • 不慮の中毒 (世帯) 幼児 : 経皮 (摩擦)
  • 過度のアルコール摂取 :

– 期間 (慢性化)
– 品質 (タイトルアルコール)

  • 世界での平均消費量: 8 純粋なアルコール/人/年のリットル

III- 代謝 :

  • 主に消化管吸収 : 受動的 (20 % 胃の中に 80 % 十二指腸)
  • 依存 : タイプ飲料 (タイトル), すぐに飲み込ま, 消化器空虚, 個々 (アルコール性の, gastrectomie,…)
  • 分布 : 循環血液中や細胞内および細胞外液中に拡散し、脳を含む全ての臓器,
  • 肺, フォアグラ=> 総吸収 2 – 6時間.
  • 胎盤を通過, CSFと牛乳の中に拡散
  • 消去 :

– 変わりません (2 へ 10%)
– 息 (2 へ 3%) : Q /肺胞気21 = Q / LML血
– 尿 : から 1 G / 1, 尿量の増加にもかかわらず、低
– 母乳, 汗, 唾液, 涙

  • Catabolisme :

– 肝臓の酸化 (80% エタノール吸収)
– 他の組織における軽微な酸化
– 量に応じて、酸化能力

  • 過剰のアルコール=> 組織=> 直接効果

エタノール

アセトアルデヒド
↓ALDH
アセテート
↓Thiokinases (末梢組織
アセチルCoA

サイクル・デ・クレブス
CO2 + H2ザ・ + E

  • 代謝許容度を高め、アルコール依存症の間に開発し、多くの酸化経路
  • 毒性代謝物 :

– =非常に酸化アセトアルデヒド, 求電子
+ 酸化タンパク質 : 壊死
+ 核酸 : がんリスク

IV- 毒性 :

  • エタノールの毒性が原因であります :

– 有毒そのもの : 神経構造の達成 (膜麻酔パワー, 中央うつ, 意識障害, 昏睡)
– アセトアルデヒド (effetアンタビュース) :
+ 不寛容反応 (血管拡張, 低血圧, 頭痛, 嘔吐…)
+ ミトコンドリアの変化, 肝細胞傷害

  • 増加NADH H + / NAD +誘発 :

– 血液や肝細胞中の乳酸/ピルビン酸を増加
– hyperlactacidémie : 尿酸の尿中排泄の乱れ - > コラーゲンの痛風と刺激肝生合成
– トリグリセリドの合成を促進グリセロリン酸濃度の上昇
– 脂肪酸異化の減少
– 減少の糖新生→低血糖

V- 症状 :

  • による臨床効果 : エタノール, 代謝物 (アセトアルデヒド), 代謝の結果

1- 急性中毒 :

  • 臨床徴候の相関 / BAC
  • 個体間のばらつき

A- 相励磁または促進 (1 G / L) :

幸福, 饒舌, 脱抑制, 協調運動障害のmotrice, 遅延反射.

B- うつ病相, 中毒の位相が特徴 (1 へ 2 G / L) :

ますます遅い反応, 協調運動障害に強いです=>事故の危険性, 冷却の場合の脳虚血の危険を伴う末梢血管拡張

  • スペシャルフォーム : 激しいです, せん妄, 幻覚

C- フェーズ麻痺や昏睡状態のステージ (3 G / L) :

麻痺による昏睡, しかし、心臓と呼吸中枢の、特に阻害

  • 生物学 : 代謝性アシドーシス, hyperlactacidémie, hypertriglycéridémie, 低血糖, ハイパーuricémie
  • 合併症 : 呼吸不全, CCV, 低体温, 内臓 / 膵炎と急性肝炎, くも膜下出血や消化.
  • 駆動=効果ドライバを飲みます

– トンネルビジョン
– グレアに対する感受性の増大
– 距離の変化した感謝
– 減少した反射神経
– 陶酔効果=> 能力の過大評価
– 事故xのリスク 2
– アルジェリア立法 > 0,2G / L

2- 慢性中毒 :

  • 多臓器
  • 依存性 + トレランス

– SNC : 震え,
– SNP : 麻痺, 痙攣, 多発性神経障害
– フォアグラ : 脂肪症, 硬変, アルコール性肝炎
– 消化管 : 食道がん
– 膵臓 : 急性膵炎
– 心血管 : HTA, cardiomyopathie
– 目 : 視神経炎
– 骨格筋 : rhabdomyolyse

  • 撤退の合併症 => 振戦せん妄
  • 臨床徴候

– 精神錯乱, 見当識障害時空間
– 四肢の振戦, 不眠症の攪拌.
– 一般的な兆候 : 温熱療法, 汗,
– 頻脈, HTA, 下痢.

  • 治療 : 救急医療, 補液と鎮静の喧騒

WE- ANALYTICAL毒物学 :

  • 賦課 : 周囲の空気, 息, 歌っ, 尿, 唾液, 汗, 液体または胃内容物

1- 血液検査 :

  • 関心 : クリニーク, プロ, 法医学 (酔うながら運転, 毒性死)
  • 利用規約サンプリング : 静脈穿刺, 物質を酸化または還元せずに消毒剤 (アルコール, エーテル) => Dakin, 抗凝固剤=のNaF,
  • 法医学専門知識 : 2 密封されたチューブ
  • アッセイ :

– 化学的方法 (この方法Cordebard) : 公定法, ホットパイ入り江酸の存在下での蒸留によるアルコールの分離, 二クロムによる酸化 (nitrochromique混合物), 超過重クロムはリターンでiodometrically決定しました
– =物理的方法または電気化学

2- 他の生物学的媒体中用量 :

  • 尿, 汗 (疫学的関心)
  • 唾液 (血液中のアルコールの量と相関)
  • 胃洗浄 (洗浄を制御します)
  • 胃の内容 (診断毒性死)