ホートン病

0
6159

私- 定義 :

– 血管炎は、側頭動脈炎としてホートンによって記述しました ;現在は「中・大口径動脈の血管炎」として定義されています
– することができ
→ローカライズ
→全体動脈システムを拡散します
– パートナーは、PPRを持っています 20% ケース

II- 疫学 :

キーは、高齢者の以前のスタートができる場合を除きます (50-55年)

特に女性トウシュが、超えました 60 年間頻度はない遺伝子マーカー男女とも同じです

III- Anapath :

– 炎症 3 内膜の変化とチュニック, 不定の肥厚, 弾性繊維の変質, 炎症性浸潤多形

– これらの病変は、焦点と分節であり、外頸動脈の枝で特に座ります : 雷雨, 上顎. しかし、対応する組織の地域で病変の重症度の状態を定義し、影響を受けた動脈の炎症性変化と血行動態の影響の重要性に-According中規模および大口径の全ての動脈に影響を与えることができます

IV- クリニーク :

1- 血管の兆候 : 多形関連の体系化 (場所) 血管病変 :

  • ヘルメットの持続的な頭痛席一方的頭頂時々放送
  • 知覚過敏症の頭皮
  • 削減や時間的パルスのさえ廃止
  • 側頭動脈のパスが曲がりくねっています
  • トラブル咀嚼 (跛行のintermittente)
  • 跛行下肢以上を歩きます
  • Suritシーニュoculaires名と墓 :注目急性の性質があります : 視力低下 ; 半盲, diplopie… (大腿thrombose soit宇根OPTIQUE虚血デュNERF OPTIQUEの頂上のシェア). 永久失明の危険性
  • 不安定狭心症の兆し
  • 最近の高血圧症や突然悪化 : 腎動脈を達成することにより、
  • DLRは、急性腹部外科腹をシミュレート : 動脈炎腸間膜が心筋腸間膜に進行することがあります
  • 虚血性脳卒中
  • Tbが到達した領土に応じて、全身および変数です

2- 関連するPMRをすることができ

臨床徴候は、不可逆的な虚血への進行を防ぐために、URGを扱わなければなりません

V- Paraclinique :

  • Sdの炎症が非常に重要と混乱 : VS A 3 フィギュア=> LH (>100) ; CRP正, 無血清学的マーカー
  • 病変の組織学 : 炎症性浸潤の存在とパン関節炎焦点分節びまん ; これは、ガイド生検echodopplerのポイントです (バックマイナスを来るかもしれません : 局所性病変と分節など)
  • エコードップラー : 病気の特定の記号と壁の肥厚=> 血管リング

WE- 治療 :

– CTC (corticoïde) 高用量/ kg /日設立サイコロ臨床的疑い, 時には治療は、アクションの速度にIVを投与され、
– 症状の改善との良好な応答 (永久的な損傷消えていません)
– 再発も
– 症状をコントロールすることができ2-3yearsのために経口コルチコステロイドによる病院CTCを維持
– ホートンは、PPRに関連付けられている場合 : TRTホートン孤立かのように, 用量は、PPRの兆候を消すのに十分な強されているので、
– 逓減はかなり緩やかにする必要があります : VSは、少なくともによって減少した場合、それが軽減されます 50% 初期値の

VII- 複雑 :

  • 血栓形成を伴う循環障害
  • 下流虚血, 血栓が合計で不可逆的な動脈解離である場合 (大動脈である最も深刻な)

ブダーサ博士のコース – コンスタンティヌスの学部