潰瘍胃十二指腸

0
8158

定義 :

C’est la destruction locale de la muqueuse gastrique et/ou duodénal sétendant jusquà la musculeuse.

私- INTEREST QUESTION :

– 有病率は減少します
– 激変コンセプトphysiopath
– 馬力 ++++
– PPIの治療データ, plus d’内視鏡検査, 少ない手術

II- 疫学 :

1- 流行 :

– 10%
– L’ulcère duodénal est 3 へ 4 fois plus que lulcère gastrique.

2- 年齢 :

– UD : 若者 40-50 年
– UG: 古いです 55-65 年

3- 性別 :

La maladie ulcéreuse est plus fréquente chez lhomme que chez la femme un ratio de 4/1 pour lulcère duodénal 2/1 pour lulcère gastrique.

III- 危険因子 :

1- 環境の :

HPの感染+++ :

  • ジェネシスPUDにおける直接的な役割 (90% デUD =馬力+).
  • 馬力 :BGN, コロニー形成は容赦なく誘発胃病変における不在の治療に一種胞状が持続粘膜

2- Médicamenteux :

8-20% : 薬物摂取に関連するリスク合併症アスピリンを増加しました,AINS ,CTC

3- タバコ :

増加のリスク潰瘍の発生
高速治癒を減少させます
再発のリスクを増大させます
majorises合併症が発生しました

4- アルコール :

物議を醸します

5- ストレス :

ディベート

IV- 病態生理 :

  • 多元的
  • LOCALIZED自己消化粘膜
  • 違反とF F .AGRESSIONのバランス. DE DEFENSE:

暴行 : Excès de production d’胃酸.
防衛 : 粘膜バリアの変質.
HP +++++++++

V- 病態生理 :

A- UG / UBとの間の差 :

UG : 弱い防衛
UD : prépondérance de lattaque

B- 防衛 :

彼らは、用語粘膜バリアの下に集まりました. S’oppose à la rétrodiffusion des ions H +

  1. バリエール粘液、炭酸水素塩
  2. その売上高は表面上皮, タイトジャンクション
  3. 微小循環 : 栄養機能, 規制H +
  4. リペア, angiogénèse

BMGはMUGDに記載されているいくつかの異常

WE- 診断 :

A /クリニック :

同じ臨床症状

1- 典型的な疼痛症候群 :

  • 50%
  • 心窩部席やHCD
  • 慢性的
  • 食事による中断
  • 周期
  • 落ち着いた食事摂取

2- 非定型 :

  • なしの特定 : 嘔吐, 胃弱, hyperalgic
  • 無症候性: 年配

3- 身体検査 =ノーマル

B / SHUT :

  • シンプル, イージー, 速いです, 賢明, 特定 : 生検 + HP検索
  • 地形の指定, その名, リットル’aspect macroscopique, サイズ, そして、関連する徴候
  • 治癒の兆候: くぼみ, 収束折り目, 白線, retractile, バルブの変形, pseudodiverticule

1- UD :

– 欠陥 +/- 深いです
– 背景フィブリン
– 白色jauneatre
– シート : anterieurを行います+++
Face.post = CPC出血
– フォーム: 周りに 70%
不定期 20%
リニア 8%
サラミ 2%
– サイズ: 5-10んん

生検およびCONTROL =場合は示されていません :
– 永続的なSF
– ATCD合併症
SiのFDR : AINS, 風袋

2- UG :

ベニン : – 定期的な
– 周りに, 小判
– 背景白っぽいです
– 通常のエッジ
– 定期的な収束を折りたため
– 可撓性周囲の粘膜

マリン : – 不定期
– エッジ & 結節性の背景
– 肥厚折り目, アナーキーオリエンテーション
– 周囲の粘膜浸潤, タフ

10-12 生検; 4 ダイヤル

悪性潰瘍とコントロール瘢痕生検は、瘢痕あり!!!!!!!!!

– 無ヒーリング
– 増加サイズ
– 変更の様相
– 不審BX

SURGERY

C /鑑別診断 :

  1. 機能病理
  2. 有機病理

痛みTO : 胆管, 膵臓, 疝痛Extradig: 冠動脈/肺

UG: – KC胃
– LM N H
– Tmのstromale
– 結核
– クローン
– 梅毒
– WITH

VII- 合併症 :

1/ 出血 :

  • HDHの最も一般的な原因= 50%
  • MUBD>マグ
  • L’hémorragie peut révéler la maladie ulcéreuse
  • 自発ストップ= 80%の場合
  • 死亡 8-10%

分類DE FORREST : 出血リスク

スタードIaの : 出血ジェット
スタードポンド : 出血プライ
スタード第IIa : 目に見えるVX
スタードのIIb : 付着性血栓
スタードのIIc : シミ
スタードIII : 胃潰瘍 (きれいな潰瘍)

流行 常習犯 死亡
フォレストマイIIA 25 % 35 % 11 %
フォレストのIIb 15 % 10 % 7 %
フォレストのIIc 60 % < 5 % 2 %

治療 :

  • Celui de létat de choc hypovolémique
  • Celui de l’出血
  1. 医療の +/- 内視鏡
  2. 外科
  • 再発防止馬力​​撲滅

治療手段 :

  • 抗分泌 : IPP ++

– いいえ’efficacité hémostatique
Néanmoins de fortes doses dIPP en IV associeés au TRT endoscopique est recommandé.
– オメプラゾール効果的なメンバーの塊やにじみ出るないVX場合
– ジェットまたはシートを出血場合は効果がありません

  • 治療endoscooiaue :+++

Méthodes diniection : アドレナリン, エタノール, ポリドカノール, 生理食塩水, エピネフリン… 熱的方法 : 電気凝固, レーザ, 加熱プローブ
Nouvelles méthodes : クリップ, 弾性リガチャー, プラズマ、アルゴン

  • 同等の効率 : の方法’iniection : シンプル/コスト↓
  • 適応症は議論しません : L’hémorragie active et le VX visible
  • TRT CHIRURGICAL

– 手術の衰退 : 内視鏡的治療 +++
– 適応症 : 内視鏡的治療の失敗または使用できない場合は大量出血
– 手術 : 止血

2/ 穿孔 :

  • 第二の合併症
  • それは、潰瘍性疾患を明らかに 1/4 ケース
  • その有病率は、と推定されています 1 へ 2 %.
  • 男性の優位は明らかです
  • L’ulcère gastrique est en cause dans 25 へ 30 % ケース.

テーブル :

La perforation dun ulcère duodénal peut survenir sans prodromes.
撮影に好ま (アスピリン, AINS)
L’ulcère est alors typiquement situé sur la face antérieure ou supérieure du bulbe duodénal.

Signes cliniques de péritonite par perforation d’潰瘍 :

潰瘍穿孔自己腹膜は、急性腹膜炎一般の画像を送信します.

NOTER : 40 へ 60% 成長=何例ありません
スキャナ : いくつかの形で診断を明確にすること.
Ne pas faire dendoscopie haute en cas de suspicion de perforation

臨床形態のミシン :

カバー穿孔 :
頻繁に再発する場合には潰瘍性, 隣接臓器との癒着が最初十二指腸の周りに作成することができます (フォアグラ, 小胞, コロン).
Perforation dans larrière cavité des épiploons.
Exceptionnellement un ulcère de la face postérieure du duodénum peut perforer dans larrière cavité des épiploons
年配 :
表には、高齢者に誤解を招くことができます

潰瘍穿孔の治療の原則 :

1- 保存的治療 (Methodeのデ・テイラー)

– 穿孔が発生した断食します,
– それはすぐに処理されます, で 6 時間,
– それはn個’y a pas de fièvre, またはショックの兆候, ni dhémorragie associée.

  • 胃吸引,
  • 静脈内に電解質および流体
  • 非経口栄養
  • 広域スペクトルの抗生物質
  • 静脈内に強力な抗分泌

2- 外科的治療 (縫合糸または胃切除術).

  • 腹膜腔の徹底的な洗浄
  • suture simple de lulcère avec ou sans vagotomie associée

3/ 狭窄 :

La multiplication des poussées avec leurs épisodes de cicatrisation successive peut aboutir à une fibrose progressive du pylore responsable dune occlusion haute
Savoir différencier Sténose inflammatoire ou cicatricielle Dans la majorité des cas il s’の行為’un ulcère duodénal.
有病率は、間にあります 1 と 2 %

治療 :

今 : バルーン拡張が可能な場合好適と良性の自然を証明しています
幽門狭窄のラジカル処理は、狭窄領域をバイパスする胃空腸瘻から成り (胃腸entéroanastomose) 潰瘍性疾患の根治療法に関連しました.

VIII- TREATMENT :

だが :

楽, 癒します, 回避合併症, 再発を防ぎます

STRATEGY :

疾患の病態生理学的根拠に基づいて、

A- AGGRESSIVE保護FORCES間の不均衡 :

  • バランスを復元 :
  • 酸を減らします
  • mucoprotective効果

B- INFECTION HP :

– 効果的な除菌 : なので + ATB

1- TRT antisecretoire :

酸分泌抑制であってもよいです 2 レベル

  • 頂端膜レベルでの受容体遮断
  • プロトンポンプの基礎ポールの最終段階の阻害

A – Antagonistes des récepteurs H2 à l’ヒスタミン :

  • Ils inhibent la sécrétion acide en bloquant de façon sélective les récepteurs H2 de lhistamine des cellules pariétales de la muqueuse gastrique :
  • 夕食前に一回量=> réduction de lacide nocturne : 90%.
  • 癒し 4 週間 : 70% ケース.
  • 副作用 (シメチジン +++)

=> 無力, プロラクチン増加, 精神障害.
=> 薬物相互作用 (肝代謝) :
=> 血球減少, cytolyse (レア).
=> 下痢

  • 相互作用 :

#テオフィリン.
# AVK (シメチジン).

B – プロトンポンプ阻害剤プロトンポンプ阻害剤の :

  • Ils bloquent l’の活動’enzyme H+-K+-ATPase
  • 効率++++
  • 副作用

=> ワルファリンとの相互作用の一部.

Quel traitement déradication d’馬力 ?

1/クラシックトリプル療法 :

– IPP×2 + lgx2アモキシシリン + 500mgx2クラリスロマイシン
– IPP×2 + lgx2アモキシシリン + metronidazole500mgx2

2/順次処理:

– IPPのx 2 + amoxicilline LGのx 2 ペンダント 5 日, それから
– IPPx2 +メトロニダゾール500mgのX 2 + クラリスロマイシン 500 中ミリグラム×2 5 日)

3/quadritherapie:

(IPPのx 2 + PYLERA®) ペンダント 10 日.

2- 手術 :

だが :

UB : 着実に酸味下げます
UG : 疑いの診断 , 不利な動向

拠点Phvsiopath :

  • 神経機構によって壁細胞の刺激
  • GおよびHClで過剰分泌細胞

テクニック :

  • VT + ジェスチャー排水 (胃の停滞)
  • VTS + ジェスチャー排水
  • VTHS
  • antrectomy
  • GEA
  • 胃切除

Les points importants :

  • 胃や十二指腸潰瘍疾患は、慢性再発性であります.
  • Le rôle pathogène dune infection chronique par Hp est maintenant bien démontré et son éradication permet de prévenir les récidives.
  • アスピリンおよびNSAIDは成長しているの増加を取って二次性潰瘍. 彼らは、高齢患者でより頻繁に発生します, 心臓病とpolymedicated, 呼吸の, 腎臓や肝臓に関連します.
  • Le syndrome ulcéreux typique consiste en des épigastralgies rythmées par les repas avec un intervalle entre le repas et la douleur dévolution périodique.
  • Le diagnostic de la maladie ulcéreuse gastro-duodénale nécessite la réalisation dune endoscopie digestive haute qui permet le diagnostic de l’ulcère, その場所, et la réalisation de biopsies pour rechercher une infection à Hp associée et d’éliminer un cancer en cas dulcère gastrique.
  • Les principales complications des ulcères gastro-duodénaux sont l’消化管出血 (最も一般的な), 穿孔および狭窄.
  • Le traitement de la maladie ulcéreuse repose sur léradication dHp associant deux antibiotiques et un inhibiteur de la pompe à protons à double dose.
  • 医原性潰瘍の予防 (アスピリンおよび他のNSAID) いずれの患者以上に提案することができます 65 年, の場合には’antécédents dulcère et/ou dhémorragie digestive et chez les sujets atteints de pathologies favorisant la survenue d’潰瘍 (心臓病, 呼吸不全, 腎不全や肝疾患) または出血性疾患.
  • 潰瘍性疾患の手術は、現在、ほぼ独占的合併症のために予約されています (内視鏡検査に失敗した後の出血, 狭窄または穿孔).

Cours du Dr Belghazi – コンスタンティヌスの学部