薬と妊娠

0
4440

私- 前書き :

外因性物質への妊娠の暴露は、一般市民と医療金本体で共有する深刻な懸念を提起します, 妊娠中に知られているか、実績のある治療法は、在胎週数に基づいて胎児に知られている、または潜在的なリスクと期待される便益比を評価することが不可欠である理由母親のバランスに必要または不可欠であり治療で.

II- 妊娠中の薬物動態CHANGES :

妊婦や新生児は、生理学的および代謝的に将来を確保しています. 全く, 胎盤は障壁ではありません, そして妊娠中の母親の体には大きな変化を受けます :

  • 吸収の変化は増加し、肺と皮膚の循環機能と消化管運動-intestinalesを減少しました.
  • 薬物分布を変更します : 血漿量が増加し、タンパク質を減少させました.
  • 糸球体濾過を増加させることにより、薬物の排泄増加.

III- DRUGSペンダント妊娠の危険性 :

– 胎児のリスク :

  • 先天異常 1 へ 2%
  • 胎児毒性
  • 発がん性リスク

– 母体のリスク : 妊娠中の女性を治療するのではないことは母方の合併症とmemefoetoの原因となることができます- 保育所.

A- 当四半期RISK :

  • 初期の開発の期間 (1 へ 2 受胎後週) ou période du «tout ou rien» où lexposition à un toxique est suivie par une réparation complète ou dune lyse de l’卵.
  • organogènèse : から 3 へ 8 第週間後の構想 : embryopathiesmajeuresのための敏感な期間.

B- 当四半期RISK :

胎児の成長にリスク, 変形, 腫瘍誘発, CNSの開発 (催奇形性行動障害や精神運動)

C- 当四半期RISK :

  1. 出生時の適応への影響 : 新生児の合併症. 心血管, 呼吸の, メタボリック, ….
  2. 恒常性CNS : 離脱症候群
  3. 分娩 : obstéticales合併症

IV- 妊娠中に取るようにDRIVING :

  • 治療指標を確認済み.
  • ベネフィット/リスクの胎児と母体の評価.
  • 反対除外- 個々の表示.
  • 最も安全な薬剤を選択.
  • 最短期間の最低有効用量を処方.
  • 最終催奇形性薬剤 : クマリン誘導体, レチノイド, antithyroidiens,ホルモン, tétracyclines.ergotamines, ….
  • 新生児の問題への薬物 : 癌, 抗糖尿病, 利尿薬とACE阻害薬, AINS, 向精神,…

A博士のコース. ABES – コンスタンティヌスの学部