外部と中耳の感染症

0
8490

外耳炎

私- 定義 :

L’外耳炎は、次のレベルで発症する急性皮膚表皮です。’傷んだ肌 (抽出後d’耳垢のプラグ, 洗濯d’耳,…) またはd’物理化学的性質が変化した皮膚 (プールや川で風呂 ; 知っています, I脂っこいコーティングと表面角質層破壊エッセンスと洗剤 ; D’慢性耳漏 ; 放射線治療後,…) 要因は数多くあります : 高温多湿の気候

II- の解剖学と生理学’耳介 :

導管は、2つの部分で構成され : 内側骨リード, 管路の外側をfibrocartiiagineux. パイプとfibrocartiiagineuxパビリオンの間の境界は、境界のない率直です. 外耳:
– パビリオン
– 管路線維軟骨
– 骨リード

  • Peauのデュコンジットfibrocartiiagineux: 表皮と真皮 : ヘアシステム + ceruminous腺
  • スキン骨リード : 非常に薄いです, 少し’別館.
  • 片利共生外耳道 :

*Micromycètescommensaux : 糸状種類micromycètes (アスペルギルス), 酵母様の種類

*共生細菌 : ブドウ球菌, 好気性ジフテロイド, 嫌気性ジフテロイド, 大腸菌(Escherichia coli), プロテウスと緑膿菌は、健康的な外耳道に散発的に発見されました.

III- 細菌感染 :

1- 外耳炎びまん :

暴力的な痛み, S’時々付随するd’下顎および側頭領域への照射. 痛みはによって悪化します’耳珠に触れて耳介を動員する.

L’耳鏡検査が困難になります, ダクトの狭窄によって痛みの両方. L’耳鏡の外観は、’の重要性’愛情. 病変は、単純な皮膚充血からほぼ完全な脊柱管狭窄までの範囲です。’コンジット, 漿液性分泌の湧き残し

  • 治療: 基本的にローカル, 最も頻繁に関与グラム陰性生物に対して活性, 通常、関連する抗生物質およびコルチコステロイド,抗生物質のうち、, それは古典的なdです’ネオマイシンとフラミセチンを使用する (Corticétine*, Antibiosynalar *, notileで*, Polydexa ), フルオロキノロン (oflocet)

2- 煮ます :

C’毛包脂腺濾胞を中心とした皮膚ブドウ球菌性疾患です, 痛みは、多くの場合、符号のみフォアグラウンドにあり、. 彼女は非常に熱心です, ローカライズ, 咀嚼によって悪化. これは、発作に発展します. L’検査はうっ血性腫脹を示しています, ローカライズ, 1は、黄色がかった白色点を見ることができるの上

3- 膿痂疹 :

スクレイピングや汚れた物を洗浄した後、ブドウ球菌や連鎖球菌による重にリンクされています, または慢性耳漏との関連で. それはS’最も頻繁に観察される’子供.

4- 丹毒 :

L’丹毒は急性連鎖球菌性蜂巣炎です

臨床的に, それは、炎症性浸潤フラグによって明示されます, 近傍領域に溢れ, déjetant小葉. それはS’dを伴う’高熱, 寒気, 治療はに基づいています’高用量非経口ペニシリン抗生物質療法

5- 悪性外耳炎の壊死 :

本質的に、しかし排他的にではないが、’平均年齢は 60 へ 75 年. 糖尿病は、ほとんどの場合で発見されました. 糖尿病のコントロールの品質は、病気の引き金に役割を果たしていないようです. 糖尿病はで発見することができます’病気の機会. L’悪性外耳炎は、すべての免疫不全領域でも発症する可能性があります

関与SVTとして緑膿菌, 特徴づけ耳漏, 非常に暴力的な痛みのinsomniantes, と’欠勤d’通常の治療による改善. L’耳鏡検査では、管の床に倍数性または壊死性の領域が見られます,

  • 治療: のサンプルの後に緊急に実施された抗生物質療法に基づいています’細菌学的検査, 緑膿菌に対して標的, 本質的にフルオロキノロン及び第三世代セファロスポリン.

6- 急性Myringites :

7- Périchondritesフラグ :

その形態学的合併症の可能性によって、恐るべき, 治療が’早い段階で着手されていない

IV- ウイルス感染 :

1- ゾーン :

これは、条件フラグまたは導管として提示することができます. L’2つの場所の関連付けは非常に刺激的です. L’発疹は顔面神経の感覚領域に反応します (中間VII) : 法螺貝, 耳珠, anthélix, 後部ダクトの底部と鼓膜の. 「ラムゼイハントゾーン」として知られるこの地域は、’部分的にしか到達しない. 皮膚病変は’心房帯状疱疹の成分, 麻痺の隣に

フェイシャル, の’蝸牛と’前庭機能障害. 治療は主に基づいています’アシクロビル

2- 疱疹 :

これは浮腫ベースに基づいてグループ化された小胞花束多環式のアウトラインを特徴とします.

V- 真菌感染症 :

耳真菌症

急性中耳炎

私- 定義 :

L’急性中耳炎 (OMA) 処方する主な理由の1つです’の抗生物質’子供. それはS’の行為’細菌感染. ほとんどの時間, それが機能聴覚管を破壊するウイルス性鼻咽頭炎によって開かれます. 診断は前に行われます’協会’の浸出液’中耳と急性炎症の兆候. L’耳鏡検査は、化膿性のレトロな鼓膜滲出液を伴う膨らんだ鼓膜を発見します, または鼓膜圧力のローカライズされたミシンで連続した化膿性耳漏.

II- 病因 :

L’中耳炎は感染症です. それは’微生物負荷間の干渉 (ウイルスや細菌) 免疫反応. 有利なすべての要因’中耳炎はこの干渉に関連しています : 関連する要因’ホスト (年齢, 遺伝的素因, アトピー) 強化する’免疫系の障害, 環境要因ながら、 (の子供たち’同じ兄弟, 保育園で育った子どもたち, automno - 冬の季節) 微生物負荷を妨げます). のトランク’Eustachiusもこの感染症の主要な役割を果たしています.

III- 原因 :

穿刺または自発的なフローに基づいて細菌学DGC

  • Hインフルエンザ, STRP肺炎M .catarrhalis
  • STRP B溶血性GRP Aは非常に隔離されています
  • 嫌気性は最小限の役割を持っています
  • 腸内細菌 (プロテウス緑膿菌, E, 大腸菌, klebsiellesらエンテロバクター) : 20% 問題 – の 03 月

IV- 診断 :

の診断’OMAは臨床的です :

  • 耳痛d’突然の発症または同等のもの (摩擦やトラクションフラグ, 泣い珍しいと神経過敏や睡眠妨害)
  • 化膿性耳漏, の圧力の下で鼓膜の違反にリンクされています’ほとばしります, 自発的に屈服する’耳痛
  • 前 2 年, リットル’耳痛がない可能性があります. 腹部症状 (下痢, 嘔吐) の間接的な兆候かもしれません’感染.
  • 感染症が存在します : °Fで 40

Otoscopie : 正常鼓膜は灰色半透明です, リットル’耳鏡検査は、’段階的なAOM:

スタジアムのうっ血 :
– 拡張Vxの周囲malléaires
– 鼓膜の透明性を減少させました
– 光円錐の消失

収集段階 :
– 鼓膜のびまん性炎症
– 鼓膜の肥厚: 不透明度, 耳小骨レリーフの損失
– 爆弾はあなたをtympan意味しました

穿孔段階 :
– 穿孔デュtympanポイント
– 化膿性耳漏

V- 合併症 :

1- 合併症のlocorégionales :

  • mastoïdite
  • 顔面神経麻痺オクトーゲンデバイス
  • labyrinthite

2- 合併症のendocrâniennes :

  • 化膿性髄膜炎
  • empyème硬膜外
  • 脳内膿瘍
  • 横洞血栓性静脈炎

WE- 治療 :

1- ATB全身 : アモキシシリン, アモキシシリン - クラブラン酸, セファロスポリン, マクロライド, コトリモキサゾール

抗生物質の推奨確率論 :

  • より若いです 2 年
  • 年齢以上に 2 年と感染症の特定のリスク (免疫抑制, 顔の奇形, 乳様突起炎の歴史)
  • 年齢以上に 2 年と騒々しい症状は肺炎球菌による感染を示唆する (高熱, 急性耳痛)

抗生物質治療は、再評価が、推奨されていません 2-3 症状が持続する場合日 :

  • 年齢以上に 2 騒々しいデモのない年
  • OMAのうっ血

2- paracentèse :
問題 – 03月, 反乱軍のTRT, 耳炎、複雑, 地形immunodéprimé

3- 補助療法 :

  • 鎮痛剤や解熱剤
  • 充血除去薬と消毒薬鼻咽頭
  • イアードロップ

L’単純な慢性中耳炎

私- 定義 :

L’慢性中耳炎は、内層の炎症です’中耳, C’鼓膜について言うt, 附属書空洞とPT, 拡張を越えて 03 月

II- 病因 :

音の振動をに最もよく伝達するために’内耳, リットル’中耳は換気して排水する必要があります, C’トン 02 条件は、換気によって保証されています, PTとのクリアランスムコ- 毛様体

III- クリニーク :

  • 「ウェット口」
  • 難聴’重要度変数
  • pousséeデréchauffementでotorrhée最小際どいここDevient化膿性スイート (感染rhiosinusienne)
  • へ’otoscopie : 穿孔が限界ではありません, いずれかの前または中央SUPおよび腎臓状浮腫粘膜ピンク光沢を明らかに
  • L’副鼻腔と鼻咽頭に焦点を当てた耳鼻咽喉科の検査が不可欠です
  • アレルギーの調査が必要とされています
  • L’聴力検査 : 難聴の送信
  • 放射線学 : (シュラー/ TDM) 乳様突起地域をぼかします

IV- L’進化 :

  • 鼻咽頭感染症や気候の影響のなすがままにエピソードを温めます
  • L’ostéite
  • 中耳炎の後遺症に進行することができます : ドライオープン耳

V- 治療 :

1- 医療:

  • 粘膜の欠乏状態の治療ORL: VIT, 硫黄, スパトリートメント
  • ATB全身および局所
  • コルチコステロイド
  • マイクロ願望, 地元のケア

2- 外科的治療 :

ヘニダー博士のコース – コンスタンティヌスの学部