間質病理

0
6157

私- 定義 - 一般 – 形態学的リマインダー – 間質媒体の研究の方法 :

1- 定義 :

間、システムは、組織または器官のダイ又はモールドを形成するスペースまたは領域のセットを表します.

2- 概要 :

場所であること、またはすべての交換を行います, 細胞間のシステムは、すべてのセルの生活に不可欠なサポートであります.

このシステムは、とも呼ばれます – ファブリックの共通結合 – 絨毛膜OU間質.

普遍的に席, それは広く、すべての組織全体に分散されます, 血管の要素の間に延びます, 地下上皮の膜と特殊な間葉細胞の膜.

システム性を保証間 :

  • 脇役
  • 毛細血管と細胞の間のすべての代謝交換のための栄養の役割.
  • 体の防御の役割
  • 細胞分化における役割.

3- 構造と生理リマインダー :

システムは、細胞間で構成されてい 2 必須成分 :

  • グランド物質
  • 自然の繊維状の要素

→グランド物質 : これは、適切な細胞間マトリックスであることを特徴とする請求基づく細胞および結合組織繊維. これは、非晶質であります, 均質化および非構造化. 主にで構成 :
– 中性またはムコ多糖類gycoprotéïnes… .抗原性の役割
– ムコ多糖類のacides, シンプルな硫酸化やセメント系材料の物質のように振る舞います.

自然繊維状の要素→ : 整合性とサポート構造の維持に重要な役割を果たしています.
– コラーゲン線維 : その直径は、 1 へ 12 NM, 原線維の束で構成され 20 へ 200 PIM. 彼らは非常に拡張可能です, 電圧に強いです, しかし、柔軟. タンパク質で構成され : コラーゲン, プロコラーゲン及びトロポコラーゲンの線維芽細胞形態製線維芽細胞の原形質膜を横断されます.
– 繊維のレチクリン : 非常に薄いです (0,2-1 ジム) ; 分枝. コラーゲン線維の未熟形があるように見えます.
– 弾性繊維 : 彼らは、可変の厚さのものであり、分枝 (ALO ljwm /中). テンションを受けます, 彼らはストレッチと、このテンションの終わりに彼らの元の長さに戻ります. 彼らは組織へのこの与える弾性 (船, 皮膚, 肺)

4- 研究の技術および方法 :

→肉眼研究 :
– 地上物質は透明であり、, ゼラチン状の粘性.
– 繊維状要素は白っぽいです, 一貫性は、金額によって異なります, その性質とそれらの品種の一つの優位性 (コラーゲン, レチクリンまたは弾性).

→光学顕微鏡研究 : 特別な染み付き

  • グランド物質 : アルシアンブルーおよびPAS… .カラームコ多糖類. ターコイズブルーの最初の, fuschiaピンクにおける第二.
  • 繊維状の要素 :

– HEサフラン : 汚れコラーゲンイエロー, レチクリン繊維と弾性繊維の好酸球 (鮮やかなピンク)
– マッソントリクローム : 緑や青のコラーゲン
– 銀染色は茶黒でレチクリン繊維を染色しました
– ブラン色orceïneレ繊維élastiques

II – 病理間質環境 :

1- この病理学に影響を与える要因 :

  • 性ホルモン : エストロゲン, 黄体ホルモン, テストステロン
  • 重合酵素 (Cathepsine D, plastine) dépolymérisants (コラゲナーゼhyalurinodase, エラスターゼ)
  • 内分泌分泌物 : PTH, glucocorticoïdesACTH
  • TRT : Antinflammatoires

2- 間物質の早期の変化 :

A – 量的変化繊維状要素 :

→枯渇要素または萎縮 :

定義 : それは、通常の状態例に関連して細胞間物質の体積の量の減少を意味します :
– 骨粗鬆症における骨タンパク質マトリックスの減少
– ストレッチマークで観察され、真皮の弾性繊維の減少または消失.
– 減少した肺の弾性ネットワーク … .肺気腫 (アルアンチトリプシン欠損症)

→増加要素または肥大 : 線維症または硬化症

1- 定義 : これは、臓器または組織のC&rsquoの硬結を引き起こし間の繊維の増加であり、その硬化症を言うことです. ほとんどの場合、それはコラーゲンを興味.

2- 外観の状況 :

  • 二次ポスト硬化症や炎症性
  • ジストロフィーと呼ばれる原始性硬化症

3- 主な品種硬化症 :

コラーゲン硬化症 : コラーゲン線維の過剰産生に関連します :
– 炎症の最後の段階で
– 慢性炎症の間に (TBC, 梅毒)
– 自己免疫疾患の間に : 強皮症

弾性硬化症とélastoses : 化学皮膚損傷 (皮膚の老人,UV放射線への長期暴露)

4- 地勢 :

硬化症を体系化することができます (例 : 一次間質性肺線維症) ; またはmutilatingと離断 (心筋硬化症の後) そして最終的に包囲 (結核膿瘍と洞窟).

5- 複数の帰結 :

→機能的な影響 : することができ
– 有益 : 傷の間に複数の瘢痕
– 不利な : 重度の呼吸不全をもたらす複数系統的プリミティブ間質性肺線維症.

→形態学的帰結 : 硬化症缶
– F本体の体積の増加… .複数の肥大 (例 : 慢性胆嚢炎の肥大)
– 臓器萎縮性硬化症の量の減少 (例 : 慢性胆嚢炎萎縮性)
– 臓器の形態学的外観を編集します。 : 肝硬変.

B – 繊維状要素の質的な変更 :

いくつかのケースでは、繊維状の成分の質的変化を伴う増加があります (例 : ケロイド).

C – 基本的な物質を変更します :

  • 変成作用および結膜上皮化生 : これは、他の基本的な物質への塩基性物質の変換であり、 (例 : 軟骨質における骨質で軟骨内骨化)
  • 含浸 : この培地中の細胞間媒体通常存在しない物質または製品にアタッチメントを指し . (例 : 家庭の医療石灰化または壊死における弾性繊維の石灰岩含浸).
  • 浸潤 : これは、近隣物質によって細胞間媒体の侵入を指し, びまん文字または単離された要素 (例 : 浮腫, ガス壊疽, 炎症細胞や腫瘍の浸潤).

N博士のコース. レンマ – コンスタンティヌスの学部