前置胎盤

0
23129

私- はじめに-DEFINITION :

彼らは言った’胎盤が流行している場合’彼の’下部セグメント全体または一部に挿入します出血性胎盤プレビアの頻度は 0.28% 妊娠

II- 病因 :

A- セグメントLOWER ON AVERAGINGプラセンタ :

胎盤は下部のセグメントにオーバーフローして、’複数の妊娠による母親と胎児の交換, 高齢出産, 喫煙や薬物乱用.

B- PRIMITIVE LOW注入 :

  • 子宮の異常 (子宮奇形, 線維腫, 腺筋症…)
  • 医学的補助生殖
  • 子宮内膜はmultiparityによって弱体化, 子宮内膜炎, 帝王切開傷跡, ATCD d’中絶, PPのrécidive

III- 解剖学的分類 :

分類には4つの段階がありますMacAfee

  • ステージIV : 総中央前置胎盤や : 完全にカバー’オリフィス頸部インターン
  • ステージIII : 首の部分のみが胎盤で覆われているPP部
  • ステージII : lを露出する限界PP’オリフィス頸部インターン
  • ステージI : lのために下端が距離を保った横PP’オリフィス頸部インターン < 5CM

IV- 病理学的解剖学 :

A- MACROSCOPIE :

PPは、一般的に広げ、正常胎盤よりも薄いです, それは膜の小さい側を示し, 絨毛変性ゾーンのこのレベルで (フィブリン)

胎児死亡の場合 : 胎盤は減少を示し 30% 死と関連血腫と胎盤重量

B- 顕微鏡用DEATH胎児 :

壊死脱落膜, 間質性線維症の限界血栓症は、胎盤舌をデタッチ

V- 病態生理 :

  • 妊娠中の出血は、胎盤の下縁部に揺さぶるを引き起こす子宮収縮時に発生します
  • 作業しているとき : 私子宮頸管の開大は、胎盤の剥離を引き起こし
  • L’出血の原因は母親と胎児の二重です

WE- 臨床的検討 :

A- FUNCTIONAL SIGNS :

  • L’出血 : 赤い血で作られました, フラン, 自然にまたはで現れる’子宮収縮または運動の機会. それはしばしば再発です.
  • 子宮収縮の痛みの種類

B- GENERAL SIGNS :

青ざめていること, 迅速なパルス, 低TA.

C- 身体的徴候 :

  • 触診 : 柔軟性の子宮外収縮, 高およびモバイルプレゼンテーションで
  • 聴診 : BCFの良いまたは変更されました
  • 鏡の下で審査 : チェック’子宮内出血の起源
  • テレビ : 子宮頸内、指示に対して正式に胎盤マットレスを探しています

VII- 検査 :

A- BIOLOGY :

  • GR HRとNFS
  • 血液消去の結果 : TP, フィブリノゲン, 可溶性複合体, PDFとD.dimères
  • Kleihauerによって胎児の赤血球を検索

B- cardiotocographic登録 :

  • 正常な胎児の心拍数とハイライト子宮収縮
  • の場合の苦しみの兆候’母性ショック (胎児頻脈, 制限または後期減速振動)

C- ULTRASOUND :

上記の腹部と膣道のために : 前置胎盤の診断が可能となり、BESSISによって分類として分類します :

  • プラセンタpraeviaAntérieur :

– タイプ 1 : 膀胱の上部3分の1を超えません
– タイプ 2 : 間に 1/3 と 2/3 上方袋
– タイプ 3 : 襟付きフラッシュ
– タイプ 4 : 首の4センチメートル背面に位置しています

  • プラセンタpraeviapostérieur :

– タイプ 1 : 位置しています 4 首のセンチバック
– タイプ 2 : 襟付きフラッシュ
– タイプ 3 : 膀胱の下三分の一に達し
– タイプ 4 : 膀胱の下三分の一を超え

VIII- EVOLUTION- コンプリケーション :

治療が存在しない場合には : 妊産婦死亡率は、 25 マイルの場合の (の障害’止血, 貧血, 子宮内膜炎, embolique栓塞事故, 腎不全, または下垂体壊死症候群シーハン)

胎児の死亡率は、 90% ; それは、未熟児にリンクされています, RCIU, 特に心臓欠陥)

ときにアクティブ・マネジメント, リットル’マークされたPPの進化 :

  • 再出血
  • 絨毛羊膜炎または脱出コード付きRPMリスク
  • 早産

IX- 臨床形態 :

  • 無症候性
  • の初期の形 1あります と 2 四半期
  • 関連するフォーム :

– そしてHRP
– 癒着胎盤
– 破裂’プレビア船 (脈のpraevia)

バツ- 診断DIFFERECIEL :

  • 余分な性器出血 (出血性膀胱炎, 肛門裂傷または痔)
  • 外陰部出血, 膣や子宮頸
  • 間に 2 四半期 : 基底脱落膜血腫, 後半ABRT, または胞状奇胎
  • 間に 3 四半期 : 脱落膜または限界血腫, 子宮破裂, 胎盤circumvallata, 子宮内melaena.

XI- TREATMENT :

  • の前での入院’学際的なチーム (産科医, 麻酔医, 小児科医)
  • 母体の蘇生 : 2つの広いトラック’機内で, 褥瘡は、横方向左, 酸素 6 81 /分で輸血d’アルブミン, PFC, 血液型イソイソアカゲザル
  • 保存的治療 :

– Toccolyse : の敵対者’オキシトシン (アトシバン*), AINS, (3PP出血場合模倣に対して示され
– コルチコステロイドの肺の成熟 : 1224時間後のベタメタゾンmg’間隔
– 予防’同種免疫RH

  • 治療産科 :

– 帝王切開 : 緊急の場合 : 大量出血’入院または治療に反応しない, または胎児仮死の兆候が存在する場合

外’PPカバーまたは病理学的提示の場合の緊急事態

– 低ライフ : PPの頭部プレゼンテーションで、非重複, 膜の人工的な破裂は早期BCFの厳格な監視と助言されます, 天然または胎盤, 灌流d’出産の結果で維持されるオキシトシック.

XII- 結論 :

胎盤previaの場合, 周産期死亡率は大幅に妊娠の延長のために減少しています, リットル’帝王切開, 出生前ステロイドおよび新生児の蘇生

輸血により妊産婦死亡率は大幅に低下し、’帝王切開.

A博士のコース. ABES – コンスタンティヌスの学部