統合失調症または統合失調症

0
5830

私- はじめに、定義 :

用語により統合失調症の異種の基を意味’記号論的核共通した愛情, 初心者通常時’通常、思春期とは、人格の解体に進みます.

統合失調症は、慢性妄想を特徴とします:
– L’存在D’不一致症候群
– L’赤字の進化.

II- 疫学 :

  • 愛情ubiquitaire, それは、すべての人種や文化に影響を及ぼし.
  • 男女比は、 1.
  • 通常の間で始まります 15 と 35 年.
  • 入射 : 0.1 へ 0.7 %.

III- etiopathogeny :

これは、想定されます’遺伝的素因があります’起源’神経内分泌機能障害.
これらの遺伝的要因は、脳の神経伝達に対する作用によりCNSを弱めます (ドーパミン作動性およびセロトニン作動システムを含みます)
沈殿させる要因とsとして関与の環境要因’准遺伝的素因.

A- 遺伝的要因 :

染色体の短腕の変化 5 (トリソミーまたは多型) ; この染色体は、ドーパミン受容体の原因遺伝子を運ぶのDI.

B- 生化学的要因 : Hyperdopaminergie.

で強調’観察’ドーパミン拮抗薬の悪化アクション (L-DOPA, LSD, アンフェタミン) 精神分裂症; と’統合失調症の症状の還元作用、神経弛緩, シナプス後受容体を遮断することにより、ドーパミンアンタゴニスト

C- 要因encephalic :

前頭葉の機能低下萎縮.
中心核におけるドーパミン受容体を増加.
脳梁の萎縮.

D- 精神病理学的および社会文化的要因 :

そこ, 統合失調症で, 内部と外部の現実の障害の認識, 彼の体と時間の感覚.

内の家族のコミュニケーションの乱れ : ダブルリンクの関係 ; 変更への抵抗; 不在の父と母の横暴, 曖昧時々は時々ハイパー保護反発します.

IV- クリニーク :

A- 早期またはモードのフォーム’エントリー :

1- 急性型 :

A /パフ妄想や主要妄想体験 :

せん妄しかしを呼び起こします’統合失調症の進化は予後兆候に疑われます :

  • 緩やかな発症
  • 障害胸腺貧困
  • 貧困せん妄nは’ポリモーフィックではありません
  • 治療への抵抗
  • 統合失調症の家族歴
  • 発病前の統合失調症の人格’ リットル’または統合失調.

B /躁病エピソードや非定型うつ病 :

  • 影響寒さとの調和の欠如
  • 出向
  • 倒錯変態系の挙動
  • 矛盾のアイデア
  • 質量不安,

C /その他の形式 :

  • 交絡アクセス
  • 法医学行為, やる気と残忍な (自殺未遂か逃げて).

2- プログレッシブフォーム :

L’症状の発症は狡猾です, より困難な診断 :

  • 知的パフォーマンスの低下 (学校や仕事), 前の困難なし.
  • 宗教的な大流行大規模かつ排他的.
  • 文字や感情を変更します.
  • 行動障害 (拒食症, 常用癖, 放浪 …)
  • ニックネーム神経症の症状 (obsessionnelles, 恐怖症やヒステリー)

B- 相D’状態 :

1- 症候群の不一致または解離性 :

C’統合失調症の根本的な障害であり、.

不一致または解離が凝集intrapsychicalの損失を反映しています.

これは、知的球に影響を及ぼし, 情緒・行動 :

/知的不一致 :

  • 支離滅裂な思考を与える観念団体のリラクゼーション.
  • 思考のコースの障害 : 観念ダムやフェージング.
  • 思考内容の障害 : 病的な合理主義, 口頭常, 非論理的なアイデアと抽象.
  • 言語は新語で無秩序されます, 口頭でのパルス, 次の回答, 無言症またはschizophasia.

B /感情的不協和 :

  • アンビバレンス感情
  • 逆説的かつ不適切な感情的な反応 (やる気笑い, こうした悲しい状況で笑いとしてParathymies.
  • 感情的な麻痺とathymhormia.
  • 感情的な無関心.

C /行動の不一致 :

  • 常ジェスチャー
  • Paramimies (しかめっ面, 逆説的に擬態)
  • マンネリズム
  • だると不注意
  • Clinophilie.

2- 症候群妄想 (タイプの説明: 偏執妄想) :

  • 一般的に, C’せん妄ブラーが豊富で、悪い体系.
  • テーマは複数あります : 迫害, 影響, megalomaniacal, 神秘的、宗教的な, hypocondriaque…
  • メカニズム : 幻覚, 解釈, 直感的または想像力.

3- 幻覚症候群 :

幻覚psychosensorial (acousticoverbale, 嗅覚, 触覚とcoenesthetic, 味)

  • 症候群’精神的な自動性と’影響 : 事実’必須サイコ幻覚; D’精神的な幻覚 (思考の型飛行, devinement考え, 思考のエコー …); D’自動化エンジン (タイプへ’課せられた措置, D’自動化口頭) ; せん妄と関連します’影響.

4- 自閉症 :

それは、現実との接触の喪失を意味し、統合失調症.

C’その悪化させる現実の主要な売却による対象者の内面世界の緩やかな衰退であります’患者隔離.

V- 臨床形態 :

古典, 説明 2 統合失調症のフォーム :
*/ 正統合失調症またはType I : 生産的な症状があります’ 予定 (譫妄, 幻覚や攪拌)
*/ 負の統合失調症またはタイプII : 陰性症状は、’ 予定 (撤退, 精神遅滞, Clinophilie, athymhormie)

A- パラノイド統合失調症 :

  • 最も頻繁に, 対応のauのタイプI.
  • C’説明の典型的な形態であります, 最も完全な不一致を組み合わせます, 譫妄, 幻覚と自閉症.
  • L’進化は肥沃な瞬間と呼ばれる猛烈に発生します.

B- 統合失調症のhebephrenic (または無秩序な形) :

  • 以前の発症 (15-25 年) そして、より陰湿.
  • 対応のauのタイプII, 撤退とaboulieと赤字
  • 臨床像が支配スポーク不一致であります ; せん妄が悪いと矛盾しています.
  • 缶S’とフォームhebephreno-緊張昏迷を実現シンドローム緊張に関連しました, カタレプシーとnegativism.

C- 統合失調症または統合失調感情障害気分変調性 :

同じアクセス時に統合失調症や気分の症状を兼ね備え. これは躁することができ, うつ病または混合.

D- シンプルな統合失調症 :

妄想や幻覚は格別です, 臨床像が支配スポーク不一致であります.

E- 残留統合失調症 :

C’の一形態であります’持続陰性症状への統合失調症の慢性のコース; これは、期間前に提起されました’少なくとも 1 年度中の陰性症状の夏の計画.

WE- 鑑別診断 :

  • せん妄
  • 慢性妄想 (PHC, パラノイア, paraphrénie)
  • 脳の病理 (脳腫瘍, 頭部外傷, てんかんの時間, 変性疾患)
  • 双極性障害
  • 不安障害

VII- 進化 :

処理なし : リットル’自発的な進化は、せん妄や知的能力の喪失の貧困に赤字であります.

治療中 : ありました

  • 減少’連続進化.
  • 増加pauci症候性フォーム.
  • 消失ターミナル緊張フォーム.
  • L’強迫タイプの再編成と外観形状.

本当の治療法は格別です.

VIII- 治療 :

L’入院はの例で示されています’精神運動性激越, 重大な問題行動, 治療拒否, 激しいうつ病代償不全や高不安.

A- 化学療法 :

  • 神経弛緩古典的な鋭いです (ハルドール, Moditen, Piportil, Loxapac) そして新しい世代は、
  • 今、ますますレアーに使用 (リスパダール, ジプレキサ, 能力) : 彼らの主な効果があります
  • 抗精神病薬, せん妄に対する, 幻覚とのミスマッチ.
  • 鎮静神経弛緩薬 (Nozinan, Largactil) : 彼らの主な効果はに対して鎮静剤であります’不安と精神病’精神運動性激越.
  • IMは、最初に使用して、経口リレーされます.
  • 血液検査, 心臓, 肝臓と腎臓の主に神経弛緩薬治療.
  • 治療’維持, コースを通して最小有効量になります, 患者ごとに決定します.

B- 耐性型 :

  • によって定義され’の使用にもかかわらず、臨床的寛解の欠如 2 以下のための神経弛緩薬に有効な用量 6 週間.
  • 表示 : どちらかクロザピン (Leponex) 制御FNS ++ ; どちらか’electroconvul​​sivothérapie.

C- L’ECTや電気けいれん療法 :

  • 耐性型の神経弛緩薬で.
  • 緊張の形で.
  • 食品の拒否で特色に生命を脅かします.

D- サイコセラピー :

  • 機関投資家の心理療法 :リハビリテーション、社会復帰を目的としました (作業療法, 治療のアパート, シェルターワークショップ.
  • 全身精神療法 : 再保険利益の, 内の家族のコミュニケーションの精神病自己と組織再編歪みの再編 (療法サポート, PIP, 家族療法, グループとTCCの治療法).

コース博士Saghir – コンスタンティヌスの学部