尿路の探査技術

0
10643

私- 前書き :

  • 尿路の技術的な探査は多いです
  • 彼らは、任意の尿路症状の前に必要不可欠です , 臨床検査はまだ不十分であるため、
  • ultrasonnographieは、1回の試験で時代 意図
  • ASPは、特定の石を検索するために、超音波の補助として示されています
  • L「UIV , 長い尿路を探索するためのゴールドスタンダードとなっています , CT尿路造影は、今日重要な考慮事項となっています
  • MRIやMRI UROは反対-適応症CT尿路造影や子供の場合は、他のイメージング技術に代わるものです
  • VCUGは、検索&rsquoのために示されている; R VUと勉強するVurètre
  • 内視鏡の探求 , 同位体および尿力学補体V撮像データ

II- 解剖RECALL :

腎臓の内部アーキテクチャの図 1/腎皮質 2/コラムベルタン 3/ピラミッド・デ・Malpighi 4/味蕾 5/洞脂肪
UPJ-caliceal形態 1/Ureteropelvic接合 2/バシネット 3/グランドカリス 4/小さなカリス 5/caliceal上位グループ 6/caliceal基を意味し、 7/グループcalicealinféneur 8/calicealロッド 9/Fomix 10/味蕾

男性に膀胱
女性では膀胱

III- テクニック :

1- ASPまたはAUSP :

    • 監督仰臥 (DD) 大判写真の面
    • 膀胱の完全な避難した後、.

  • 成功基準 :

– 腰の外側エッジの良好な視認性
– モーションブラーの欠如 : 腸内ガスの鋭さ
– 腎臓または上極の可視性 11 アーティキュレーションのコスト – 脊椎の
– 恥骨結合の下縁部の視認性

  • スキャン :

– T彼は2人の腎シルエット (状況 , サイズ , 輪郭).
– 腰の外縁 (目に見えるD12 – L1).
– 消化ライトの分布.
– 骨枠 : 転移, トラウマ.

  • 特に結石症に注意 (尿路の投影に異常な不透明度を検索 (手綱, バシネット, 尿管, 前立腺).

2- ULTRASOUND -DOPPLER :

  • 試験 1 意図 :
  • 利用できます , 無害 , 安いです, 繰り返し. .
  • 緊急時に行うことができます, 子供の, 妊娠中の女性 +++.

  • 分析 :

– 手綱: 形状 , サイズ , 状況 , echostructure
– 実質, CPC.
– 膀胱: 充実, 真空.
– 前立腺および小胞
– 尿管 : 見えません (腰椎と骨盤)
– 尿道 : 図示していません.
– 腎血管または塊の血管新生 : ドップラー
– ジェットurétéraux;

  • 固体または液体の塊の性質を調べ.
  • ハイライトの計算 (特に透明ラジオ).
  • さらに検討を行うことができます : オレンジ近所.
  • 監視, コントロール.
  • パンク, 排水.
  • 制限 :

– オペレータ依存
– ガス, 肥満
– 正しく評価されていない腎機能

NB : 膀胱のためのいくつかの外科的アプローチ : 恥骨 , endocavitaire (endovesical , endorectale endovaginale)

3- 尿路造影静脈内 (UIV) :

  • ロング尿路のゴールドスタンダードとみなさ ,彼女はuroTDMによって廃位されます
  • 機能と形態学的検査

A- プリンシペ :

  • 不透明尿することを可能にする腎臓によって除去された末梢静脈ヨウに造影剤を注入します
  • 腎実質と排泄腔の詳細な研究を可能に,

B- 禁忌INICATIONS :

  • 腎不全: IRを悪化させる可能性があります
  • 妊娠 : 好みます 1ERE サイクルの半分.
  • 不寛容のヨウ素.
  • 骨髄腫 : 患者に潤いを : タンパク質ベンス・ジョーンズの管状の沈殿を防止

C – 技術 :

患者の準備→ :

  • 若いです 12 流体制限とH.
  • ATCD患者 , 前投薬もしアレルギー.

→レビュー自体 :

  • 前回の排尿後, ASPは、顔を実施しています.
  • 注入IV (大静脈) 水溶性トライオードPC : 1-1.5 CC / kgのボーラス (10ミリリットル/秒).
  • 写真を撮ります :

* Néphrotomographie
– 早期皮質Nephrography : 15-20 S
– nephrography管状 : 40-60 S
* 決まり文句の分泌 : PCレベルのcalicealカップ : 3 MN
* 形態学的な決まり文句 ( 排泄) : Urogrammes
– 5-10-15 -20 MN : CPCの研究 , 尿管 , 膀胱の塗りつぶしを開始します
– 排泄腔の処分 : IC外部の圧縮と解凍 ( 症候群obstructif, 最近の腹部手術 , … )
– 時々後半ショット : 症候群obstructif
* 膀胱の研究 : Cystogramme ( cystography降順) :
– 充実 : 30-45MN
– 排尿あたりショット (子宮頸開口部, 尿道)
– 排尿後決まり文句

D- 短所 :

  • レビュー放射
  • 小さな腎臓と尿管腫瘍を検出しないでください
  • 固形腫瘍と嚢胞を区別しません

4- UCR :

  • UIVと相補的な
  • 昇順cystography
  • 技術 :

– カテーテル法 (女) 尿道OU (男) 厳格な無菌の後

– PCトライオード注射液
– 写真を撮ります (充実 , 排尿あたり, ポスト排尿)

  • 任意の感染の外側を行わなければなりません (無菌尿文化 )
  • 適応症 :

– 逆流vesico尿管 :RVU +++
– 膀胱, 尿道

5- UROSCANNER :

  • 現在の選択のテストと見なさ
  • 非侵襲的方法
  • 尿路の包括的な研究を提供します

– 形態学 : 手綱 , 排泄器官
– 機能の : 排泄異なる相

  • AP空洞の包括的な研究
  • もっと

– レビュー放射 : 特に子供たちにプロトコルを制限
– いくつかの制約:
* 解剖学的および生理学的には、VE: 蠕動尿管など, 複雑な解剖学
* 混濁品質 : 腎機能に依存します, 濃度 , …

A- AGAINST- 効能 : 同上UIV

B- 技術 :

  • 準備 : 消化混濁を避けます, 満足な水分補給
  • インジェクションftirosémide : HYPERDIURESE

– PC希釈 (減少アーティファクト) ; 尿路の膨満
– CI: うっ血性心不全, 前利尿剤療法, 脱水, 腎疝痛

  • 買収の異なる相 : プロトコル 4 段階 :

– 注入なし : 検出の計算 (しかし、非体系), デ石灰化 (または腎腫瘍), ベース濃度固体塊
– 皮質延髄 (25 へ 80 注射後秒ICH): 特に手術前における血管異常や多血性病変の検出
– nephrographic (85 へ 120 秒) : 腎腫瘤の検出および特性
– 排泄 (3 へ 15 私に): 排泄経路分析→→必須のステージ

  • 他のプロトコル ( 簡体字または変種) :

– と一回の注射 3 買収
– と一回の注射 1 排泄買収
– nephrographyを組み合わせたダブルインジェクション (2それは、ボーラスであります) そして排泄段階 (1あります ボーラス)
– トリプル注入は皮髄のステージを組み合わせ, nephrographicと排泄

C -INDICATIONS :

  • 血尿
  • 尿路上皮腫瘍の疑い
  • 病因水腎症
  • 結石症のバランス ( 複数の石や再発)
  • 腎臓または尿管外傷
  • 外科アセンブリの管理
  • 複雑な尿路感染症のレビュー

6- IRM / CLOCK IRM :

A- INTEREST :

  • 非侵襲的, 非放射
  • レビューの探査 : 船, 実質 , と

B- 効能 :

  • 子供 ; 妊婦 , サイレント腎臓, CI PCI

C- 短所 :

  • 高いです, 数少ないです.
  • 時間に長くレビュー
  • 呼吸器アーティファクトと尿管の蠕動

D- 禁忌 : MRI中に表示

E- 技術 :

→ 2 シーケンスの種類 :
– シーケンスの自発的なコントラスト (尿)
* インタレスト腎臓サイレント場合
* VEの形態学的研究
– ガドリニウムとの配列
* 形態学的および機能情報

7- 他の探査とREVERT順行 :

  • Ufri : 逆行urétéropyélographie.
  • PR : 逆行性腎盂造影.

(混濁は、プローブ配置尿管道から、または骨盤内VE).

  • 順行性腎盂造影 : 腎盂の直接穿刺によって高いVEの混濁.

8- 探検血管 :

  • AngioTDM
  • アンギオIRM
  • 腎動脈造影.

9- インターベンショナルラジオロジー :

  • 診断目的のための穿刺 (超音波ガイド, scannographie).
  • 穿刺治療 (経皮的腎瘻によってドレナージ, 膿瘍のドレナージ, 尿管狭窄の拡張,…)

10- 探査ISOTOPIOUES : シンチグラフィー : 腎機能

11- 探検URODYNAMIOUES

IV- 病因 :

1- 出生異常 :

  • 症候群ジャンクション.
  • 腎ectopia.
  • 尿管瘤.
  • megaureter.
  • 後部尿道のバルブ.

2- STASIS SYNDROME : (閉塞性またはありません)

  • 診断.
  • レベル.
  • 原因: RVU, 胆石, 腫瘍, TBC,…
  • 腎実質への影響.

3- 腫瘍 :

  • 腎臓と尿路上皮の悪性腫瘍
  • 良性腫瘍.
  • 嚢胞.

4- 病理胆石

5- 感染症 :

  • 特定 : TBC.
  • 具体的な陳腐な胚芽ません : PNA ,
  • pyonephrosis, 膀胱炎.
  • 膿瘍

6- TRAUMA

A博士のコース. Acheuk-Youcef – コンスタンティヌスの学部