治療的精神医学

0
5952

私- lntroduction :

治療的精神医学は現在、別の精神障害に多く使用されています.

彼らは、クロルプロマジンの抗精神病薬の性質の発見により発足しました。 ( Largactil ) で 1952 その後、抗うつ薬トフラニール (イミプラミン . で 1957 その後、精神安定剤や気分安定後.

薬理学的治療には、 4 薬のクラス: 神経弛緩薬, レースthymorégulateurs, 抗うつ薬, 抗不安薬.

II- 薬物治療 :

向精神 :

名前の向精神を持っている物質または選択科目の流行精神活動の操作に適用されます.

向精神薬は、異なる受容体に作用するが、神経伝達に関与することを薬であります: ドーパミン, セロトニン, GABA

そこ 3 向精神グループ :

  • Psycholeptics : 鎮静剤サイキック (睡眠薬, トランキライザー, 神経弛緩) 「精神病制作を削減, 神経症状を誘発します, 自律神経と内分泌」
  • Psychoanaleptics : 精神的な刺激: 抗うつ薬, 覚醒剤を警戒
  • psychodysleptics : 精神活動の幻覚のディスラプター : 「精神病性障害を誘導します: 精神医学で使用されていません」 .

あり 4 クラス:

1- 神経弛緩 :

彼らは、ドーパミン作動系に作用します: 感情的な生活の規制, 制御動機, 知覚の変調, モーター制御, プロラクチン分泌の阻害.

そこ 2 世代抗精神病薬, かどうか、彼らの有害神経系への影響に応じて, 一般的に錐体外路: いわゆる従来の神経弛緩薬と非定型抗精神病薬または第二世代の抗精神病薬.

これらの神経学的影響は、新世代の神経弛緩薬ではそれほど頻繁ではありませんが、’完全に消えていない.

神経弛緩薬の薬理ダースのクラスがあります。.

A- 適応症 :

主な兆候神経弛緩: 精神病

  • 急性精神病: トラブルschizophréniforme, 躁病エピソード, せん妄憂鬱.
  • 慢性精神病: 精神分裂症, 妄想性障害.

追加適応症神経弛緩

  • 認知症の心理行動障害.
  • 人格障害の行動的症状 ( 反社会的, 境界…)
  • TOC.

B- 副作用 :

1- 神経系への影響 :
症候群錐体外路
– ジスキネジー
– じっと座っていると下肢の転送する多動症候群不能.

2- 自律神経の影響 :
– 心血管 : 低血圧のorthostatique
– 消化器症候群 : 便秘と口渇
– 内分泌症候群 : 体重増加, 月経周期の乱れ
– アレルギー
– 感光性
– 湿疹
– 胆汁うっ滞性黄疸

C- 短所-兆候 :

– 肝不全
– 心不全
– 腎不全
– 血液汚れの障害
– CNSの変性疾患
– Myasthénie
– 閉塞隅角緑内障
– 妊娠・授乳期

D- 長時間作用性神経弛緩 :

これは、長鎖脂肪酸とアルコール中の式を有する神経遮断のエステル化から次 (溶解度が低いです) .筋肉内に導入, 非常にゆっくりと着実にその有効成分を放出するインプラントなどの神経弛緩振る舞います.

  • それらの投与のルートは、非経口であります ( IM ) 排他的に
  • それらの作用期間が異なります 2 へ 4 週間
  • 半減期 3 およそ週
  • 常にのために経口神経弛緩に相当する規定 15 日NLPに対する患者の感受性をテストするために遅くフォームに移動する前に、, 多くの場合、病院で
  • 可能であれば補正を追加します
  • 失敗した場合, 別のNAPへの通路に、OSごとに注射または変更NLPの間隔を減らします

主な合併症 : 「神経弛緩悪性症候群は、」最も恐ろしい合併症生命を脅かす患者の問題です

診断基準 :

3 主な基準 :
– 熱
– 剛性
– 増加したK CP

6 マイナー基準 :
– 頻脈
– tensionnelle異常
– 変化した意識
– Tachypnée
– 多量の発汗
– Hyperleucocytose.
プレゼンスの場合は診断可能性が高いです: 三の大基準または二つの主要な基準と4つのマイナー基準.

2- 抗うつ薬 :

彼らは後にのみ有効です 2 へ 3 うつ病対象の週間の治療. これらは病的悲しみを修正する能力によって定義されています. 抗うつ薬は、致命的なシナプスモノアミンを増加させ、イントラ (セロトニン, カテコールアミン).

抗うつ薬の様々なクラス

HAD

  • イプロニアジド: Marsilid®.

ADT : 三環系抗うつ薬

  • イミプラミン: トフラニール®.
  • クロミプラミン: Anafranil®.
  • アミトリプチリン: Laroxyl®.

IRS : セロトニン再取り込み阻害剤

  • Chiltopram: Seropram®.
  • フルオキセチン: Prosac®.
  • パロキセチン: パキシル®.
  • フルボキサミン: Floxyfral®.
  • Setrline: ゾロフト®

他の抗うつ薬 ( これSNRIに: セロトニン再取り込みとノルアドレナリンInhibiteurde ):

  • ビロキサジン: Vivalan®.
  • ベンラファキシン: エフェクサー®.
  • Mirtapazine: Norset®

A- lndications :

– エピソード大うつ病 : すべての抗うつ薬
+ 精神病に関連したうつ病: この場合には抗精神病薬を追加します
+ なぜなら、最近のうつ病エピソードの予防的治療: 唯一の単極性うつ病の場合.

– 強迫性障害OCD :
+ クロミプラミン, セルトラリン, パロキセチン, フルボキサミン, フルオキセチン
+ うつ病併存疾患外の効率化.

– 広場恐怖症を伴うか又は伴わないパニック障害 :
+ クロミプラミン, シタロプラム
+ うつ病併存疾患外の効率化.

B- 副作用 :

  • 三環 :

– アンチcholinergique : 口渇, 便秘, 尿閉,, 障害の宿泊.
– 心血管 : 低血圧のorthostatique, 頻脈, リズム障害
– サイキック : 励起, 阻害を示します, 自殺リスク, 譫妄, 不眠症, 悪夢.
– 神経学 : 鎮静, 記憶障害, dysarthrie, 震え, 多発性神経障害.
– 血液学 : 血小板減少症, ハイパー好酸球増加.
– 口腔病学 : glossite, 治療を延長したときに口内炎.

  • ISRS :

– 頭痛, 揺れ, 吐き気, 嘔吐, gastralgies, 細胞溶解および胆汁うっ滞性肝炎, 減量.
– セロトニン症候群 : 精神錯乱, myoclonies, 攪拌振戦, 剛性, 低血圧または高血圧症.

C- 適応症に対する :

絶対 :

  • 緑内障の急性角
  • 良性前立腺
  • 心臓病不安定化 – IDM
  • 1STの学期
  • 非選択的MAO阻害剤との関連

親族 :

  • 癲癇
  • 肝と腎障害.

3- Thymorégulateurs :

気分レギュレータはリチウム塩で表される薬理学的クラスに限定されています :

  • D’一部は (Téralithe®, Neurolithium®), および抗痙攣薬,
  • D’どこか別の場所 : カルバマゼピンました (Tégrétol®), バルプロ酸 (Dépakine®), またはバルプロミド (Dépamide®).

気分安定剤は、神経伝達物質セロトニンなどに​​直接作用します, 膜安定化効果を有し、酵素タンパク質G依存活動を変更

原則処方 :

気分安定剤治療の導入は含めpretherapeutic必要です :
– 研究に対する-兆候,
– 完全な身体検査, 神経系を含みます, 体重の測定と (initiai用量調整が可能),
– 心血管系の病理を探してparaclinical検査, 肝, 腎臓や甲状腺 :
+ ECG, 肝機能検査 (の投与前’1つのthermégulateurantiépileptique), 腎機能検査 (リチウム塩の投与前 : クレアチニン, クレアチニンクリアランス, 蛋白尿, 腎性糖尿, ),
+ TSH (リチウム塩の投与前),
+ 化学パネル (リチウム塩の投与前 : ナトリウムの枯渇やカリウムを検索), NFS血小板
+ 出産年齢の女性のための妊娠検査,
– 治療の開始は、臨床と研究室の監視の下で徐々に行われます。, 平衡に血漿濃度の定期的なモニタリングと.
– 明確かつ正確な患者情報が有益と望ましくない治療と経過を通して同じ用量を維持する必要性の両方の効果に必要とされています.
– 監視, 適応症に対する悪影響と.
フォームLP (遅れフォーム) これらのために用意されてい 3 物質.

A- 適応症 :

  • 双極性障害.
  • 行動障害.
  • 攻撃性.

B- 副作用 :

  • 消化器疾患
  • 症候群のpolyuro-polydipsique,
  • 体重増加と震え,

C- 短所-兆候 :

  • 不足 (氷) 腎臓-
  • ナトリウム食 – 低ナトリウム血症
  • 心不全と甲状腺機能障害.

4- 抗不安 :

感情的な緊張や不安を軽減する薬物であります. 彼らは、神経弛緩薬や抗うつ薬を区別するのは簡単です, 彼らは、精神病および気分障害には影響しませんので、. これらは、その主要な薬理学的特性であるGABA作動系に作用する異なる化学クラスによって表される物質であります:

  • ベンゾジアゼピン: バリウム®, Tranxène®, …
  • カルバメート: Equanil®.
  • 抗ヒスタミン薬: Atarax®.
  • アザピロン: ・バスパー®.
  • 他の: etifoxine: ストレス®, Captodiame: Covatine®,

これらの物質は全てのアクションを組み合わせた同様の性質を持っています:

  • 抗不安.
  • 鎮静剤.
  • Myorelaxante.
  • 抗けいれん薬.
  • 健忘.
  • Orexigène (食欲;で&rsquo増加).

適応症および注意事項を結果としてこれらの薬理学的特性.

A- lndications :

不安状態, 不眠症, 錯乱状態.

不安発作 (パニック発作) -パニック障害

IDM – 冠動脈疾患,

トラブル, 心身,

手術前投薬, リウマチ性疾患

てんかん重積状態.

B- 副作用 :

鎮静剤;

中毒性の効果;

認知効果;

反応逆説的なリバウンド現象

C- 短所-兆候 :

重篤な呼吸不全, myasthénie,

アルコール飲料と協会.

D- 事故トランキライザー :

意識の欠如- 交通事故.

Cours du Pr Yekhlef – コンスタンティヌスの学部