末梢動脈疾患 (青海)

0
8752

私- 定義/一般 :

主に関連する閉塞性動脈障害’アテローム性動脈硬化, 原因変数程度狭く、時には下肢の血管新生のための動脈の内腔への進化.

による’病変の範囲と供給の質, リットル’不十分な血液灌流は影響がないかもしれません (無症候性パッド), いつ現れる’筋肉の努力 (跛行) または永続的になります (永久的な慢性虚血またはCLI)

II- 疫学 :

10% フランスの人口の. 20% 歳以上の被験者 65 年は苦しんでいます’下肢の閉塞性動脈症

の局所合併症’アテローム性動脈硬化

の有病率’心血管疾患の別の無症候性の局在はこれらの患者で重要であると思われますL’動脈炎は多血管としてアプローチする必要があります’そのように無視して世話をする

III- の危険因子’あおみアテローム :

アテローム性疾患のすべての典型的な危険因子は、’これらの病変の病因l’これらのさまざまなアテローム発生因子の病因的影響は、アテローム性疾患の場所によって異なります :

  • 冠動脈病変についてバランスのとれた影響
  • lの優勢’脳卒中の発生における高血圧
  • 遠位の動脈疾患のための糖尿病有病率
  • 喫煙動脈疾患の有病率は、近位

リスク要因「不変」 :

1* 年齢 :

2* 男性 L’AOMIに達しました, 同じ年, 2〜3すべての女性のための男性が、女性ではより深刻

3* エスニシティ 黒い肌の被験者は、非常に高いリスクを持っています’影響を受ける’あおみ

白い肌のトピック

リスク要因「修正」 :

1* 喫煙 : ILは、’大動脈イリオフェモロ膝窩動脈硬化.

喫煙者はリスクを持っています 04 非喫煙者よりもパッドを開発するより重要倍.

重大度は直接関連しています’たばこ消費の重要性

2* 糖尿病 : この要素は2番目に来る, 好ましくは小動脈に達します (遠位攻撃).

より多くの糖尿病がアンバランスであります, のリスクが大きい’AOMIが高い.

3* 高血圧症 : この要因は、すべてのタイプの’循環器疾患. しかし、その重要性は’青海.

4* Dyslipidémie : リットル’高コレステロール血症と, より少ない程度に, リットル’hypertriglycéridémie, の有病率の増加に関連しています’青海.

5* その他の要因 : L’肥満, 座りがちな生活と欠如’身体活動は一般に変更可能な要素として認識されています.

慢性腎不全 :

L’慢性腎不全とのAOMIの関連はよく知られています.

IV- 病態生理 :

V- 陽性診断 :

FDRCV, 地形 ++

臨床症状 :

1* ぐったりintermittente :

間欠性跛行は、最も一般的な症状であります.

決定した努力のために発生するタイプのけいれんの痛み, 例えば向こう’特定の市場境界

歩行距離を定量化することが不可欠です

一般的に少ないです : 恥ずかしさやd’疲れ, さえd’麻痺, しかし、後者の場合には、神経性跛行との鑑別診断を行う必要があります

非常に一般的に責任病変の地形を疑うに痛みの最高レベル, 痛みは、植物やふくらはぎに遠位に始まり、徐々にこのように臀部の痛みを上昇します - >大動脈分岐の病変, の’原始的な腸骨またはl’腸骨内腿の痛み-> 外腸骨病変, 大腿膝窩動脈病変の場合には、共通の大腿骨や大腿深 - > 跛行は柔らかく、足に影響を及ぼし.

2* 安静時疼痛 :

アップ, 歩行距離がゼロになります, 安静時疼痛のインストール, トレンデレンブルグの位置にレリーフを取るために患者が必要

3* 栄養障害 :

状況の発生が変わります : 彼らは自発的なことができます, しかし、軽度の外傷や手術などの大規模な外傷の後も、これらの栄養障害は’表現と多重重力 :

– 簡単な除毛 – 壊死’つま先

– 動脈性潰瘍 – または足壊疽.

4* 陰萎 :

L’勃起不全は、上に閉塞性病変を有する患者における相談の比較的頻繁な理由である’大動脈腸骨動脈ステージ

実際, 彼の’ほとんどの場合、より行動します’の不安定性’その勃起’無力

L’協会’断続的な両側性跛行とd’動脈性インポテンツはレリッヒ症候群を定義し、しばしば大動脈交差の関与を反映している

5*D’探すべき他の動脈症状 :

画面l’近隣地域に到達, そのような消化器と腎臓の動脈など, かどうか, 冠状および大脳動脈など.

身体検査 :

  • 動脈脈拍の触診
  • 動脈ブラストを検索
  • 血圧の測定遠位IPS = (収縮期の指標)

IPS = 足首収縮期血圧 / 収縮期腕圧

値IPS 意義
>1.3 非圧縮性動脈 (糖尿病, IRC ..)
0.9- 1.3 動脈

ノーマル

0.75-0.9 Artériopathie

補償

0.40 – 0.75 Artériopathie

ほどよく

補償

<0.40 鳴り響きます

厳しいです

WE- 追加の検査 :

A – 酸素圧力= tcpOの経皮測定2

TCP 02 意義
> 60mmHgの 正常
60- 35 mmHgの 青海

補償

10-35 mmHgの 低酸素症

継続する

<10 mmHgの 虚血

評論

B – テストトレッドミル :

一定の速度毎時3.2キロ, スロープ 12%

歩行停止の最大定格周囲の歩行

C – 超音波エコードップラー動脈= ++++

場所病変, スコープ, 状態の壁, 狭窄の自然, % 狭窄. 有無担保循環. のネットワーク’下流. 傷害の自然 (アテローム, embole, 血栓)

歩行試験後

D – CT (血管TDM) :

で発見された病変を確認する選択検査’ドップラーエコー.

まだ放射 (妊婦中のCl), そして何よりも、注射が必要です’かなりの量のヨウ素造影剤, 回避する’透析中の腎不全.

E – アンギオ-IRM :

ますます使用, の感度と特異性’の順序 80%

L’MRIには、照射を行わない、必要としないという利点があります。’注射ヨウ素, そのリスクの特定の土地に興味深い議論すること : ビグアナイド下の腎機能障害や糖尿病.

但し, リットル’試験は依然として高価であり、取得することは困難です’コンピュータ断層撮影

F – 動脈造影 :

審査の基準と最後の場合にのみ、指定された血行再建術.

L’動脈造影はそこに残っています’の重要なステップ’外科的または血管内法による治療を目的とした患者の探索.

VII- 分類 :

1/ 臨床分類 :

最初の分類は、PADがLericheと噴水と呼ばれています 1952

スタード 1 : 患者は無症候性であります. L’身体検査で’廃止d’少なくとも周辺パルスまたはIPS <0.9.

スタード 2 : 患者は跛行を持っています.
ステージ2A : わずかぐったり (100メートルよりも大きい周囲長)
ステージ2bに : 深刻な跛行を和らげます (周囲の少ない100メートル以上)

スタード 3 : 患者は永久的な痛みを持っています, 安静時の歩行距離はゼロであります, 患者は、足をベッドからぶら下げて寝ます。’安心する.

スタード 4 : 患者はD型栄養障害を患っています’動脈性潰瘍または壊疽性潰瘍.

この臨床分類, シンプルで実用的, 呼ばれる重要ないくつかの :

  • アカウントに病変の地形を服用しないでください.
  • 病気の線形進行を示唆, これはめったに場合ではありません.

2/ 現在の評価 :

真/インフラ臨床段階 :

重要な血行動態の病変のないパッド

無症候性アテローム性動脈硬化病変のプレゼンス : 無機能の兆候, 兆候はない’身体検査

B /ステージd’虚血’努力 : 試合 :

– AOMIの条件の下で臨床翻訳なし’血行力学的に重要な閉塞性病変の存在にもかかわらず、通常の患者の活動 :

  • 機能的な兆候ありません
  • 上の標識の存在’身体検査 (廃止d’パルス, 血管雑音, 異常なまたはIPS遠位のドップラー信号低下休止仰臥)

– 痛みを伴う間欠性跛行を伴うAOMI d’努力, 様々な程度 (同じ検証基準)

C /ステージd’永久虚血 :

負傷したメンバーの活力への脅威か, 試合 :

  • 安静時疼痛とパッド, 足の位置によって緩和
  • 遠位栄養障害を持つパッド, マイナー (潰瘍反乱, 焦点壊疽, 虚血性足を拡散) またはメジャー (大規模な足の壊疽).

D / L’慢性重症虚血 :

L’重大な虚血はlによって定義されます’1つまたはl’その他の 2 以下の基準 :

– 鎮痛薬を必要とする虚血性残りの痛み, 以来、持続的または再発 2 週間, 足首の収縮期圧と < 50mmHgの (全く < 70mmHgの) および/または圧力’つま先 < 30mmHgの
– 足首の収縮期血圧と潰瘍や壊疽のつま先や足 < 50 mmHgの (全く < 70 mmHgの) および/または圧力’つま先 < 30 mmHgの

VIII- 臨床形態 :

症候群’抹消’末期大動脈 (Leriche) :

– 陰萎 : 海綿体を満たすのに十分な血流
– infをメガバイトで下肢とpulselessnessの極度の疲労.
– 下肢の筋萎縮症
– 蒼白足, 彼らの上昇により増加しました

症候群’腸骨閉塞 :

– 大腿パルスの一方的な消失
– 間欠性跛行腰仙一方的
– 太ももの非対称萎縮

オクルージョンfemoropoplitealやレギンス :

パルスの消失と太ももと脚の間歇性跛行遠位

- > による’年齢 :

フォーム若い患者 :

総腸骨動脈地形.

高齢者のフォーム :

  • びまん性動脈疾患
  • 多くの場合、重要な足の怪我
  • 多くの場合、遅発性
  • 複雑な病態の頻度 : しばしば困難臨床評価
  • 多くの場合、治療の選択肢が限られて

- > 女性で :

  • 動脈ネットワークタイトな : 時々、外科的な選択肢を削減
  • 多くの場合、急速な拡張性.

- > 糖尿病で :

  • 神経障害の頻度
  • 多くの場合、遅ればせながらステージIIIとIV
  • 場所poplitoしばしば、支配的な足
  • 栄養障害の場合、感染性合併症

IX- 合併症 :

ステージdへの通路’より高度な虚血 :

翻訳された地元の進化の事故 (悪化’動脈閉塞) または置換の流れの悪化 (還元活性…)

までの時間を切り替えることが : 回帰 (50 % 再びステージIIは、無症候性になります, 50 % ステージIIまたはステージIへのステージIIIの復帰) 特に治療中 – 安定 – 悪化

急性虚血 :

部分的または全体的な低酸素性代償不全の状況d’会員の機能と保全を危うくする会員

臨床像d’急速または突然の発症 :
– 冷たいメンバー, 淡いです, 非常に痛いです, びっこの人
– 動脈パルス廃止,
– 不在デrecoloration,
– 感覚運動障害の発症

バツ- 治療 :

A /前処理の評価 :

このレポートの目的 :

– 主要な代謝機能を評価し、’選択した治療法をサポートする患者の能力.
– 検索d’他のアテローム性疾患の場所

L’大脳動脈のドップラー超音波 : 日常的になってきました, 脳スキャンにより、適宜補足, MRIや動脈造影

バランスシート’心臓の評価 : そして特に, 冠動脈疾患を効率的に検出することにより : 身体検査 + ECG + 心エコー検査 + テストd’心筋の努力/シンチグラフィーおよびおそらく冠動脈造影 ++++

主要な代謝機能の評価 : 特に呼吸器、肺機能検査によって、 (EFR), 肝臓と腎臓.

細菌学的サンプル : 栄養障害の場合 :
– 破傷風の予防接種をチェック
– ローカルケア清潔
– 抗生物質による予防壊疽

慢性病巣’感染 同様に前に根絶する必要があります’挿入d’血管インプラント.

B /医療治療 :

S’のアテローム性病変を有するすべての患者に適用されます’大動脈と下肢.

1/ 危険因子の制御 :

確かに、この治療法の最も重要な部分であります :

L’やめる’たばこ中毒 達成し、維持しなければなりません

脂質異常症の制御 : 毎年生物学最小によって検証されなければなりません. 食事とスタチンとの長期的な治療は、これらの患者における必要不可欠となっています, の対象と (LDL)-コレステロールを下げます 1 G / L参照0.7gr / L.

糖尿病 : 命令的研究とバランスを取らなければなりません.

リットル’高血圧症 : その制御は依然として不可欠です, しかし、あなたは守らなければなりません’の可能性を気に’過度に激しい降圧療法による重篤な動脈病変の不安定化, 特に、β遮断薬によって標的血圧未満でなければならないか等しいです 140/90 任意の患者の動脈炎でmmHgで, 糖尿病や慢性腎臓不十分の患者を除いて, その中では、以下でなければなりませんか等しいです 130/80 mmHgの.

2/ 血栓症の予防 :

抗血小板療法は、体系的で、血栓塞栓症の予防を目的とし, 脳と心臓を含みます.

L’低用量アスピリン (75 中のMg 325 毎日のmg) この適応において有効であることが示され、クロピドグレルはまた、’不寛容’アスピリン. いくつかのために, それも選択肢の治療法となっています. L’これら2つの抗血小板薬の併用n’出血のリスクが高まるため、一般の患者にはお勧めしません.

3/ 安定化プレート :

プラーク安定化は医療の最も重要な目標の一つであります. この安定化は、主にサテンの多面的な効果に基づいています.

4/ 動脈血管拡張薬 :

Classiquesタイプbuflomedil (Fonzylane300®), イチョウ葉の標準化抽出 (Tanakan®), ナフチドロフリル (Praxilene200®), ペントキシフィリン (トレント400®).

長く処方されていますが、’しなやかな歩行距離の増加、および四肢救急患者の歩行距離の減少.

5/ 抗凝固療法 :

  • エグthromboemboliques合併症
  • 貧しいベッドに補綴マウントの開存性を維持.

6/ 阻害剤’酵素脱変換 (IEC) :

D’段階的に段階的に導入 2 へ 4 週間, 血圧およびクレアチニンの圧力監視の下で.

C /へのリハビリ’努力 :

それはS’の行為’ケアの基本的な要素.

物理的な運動 30 の患者では、1日3分、1週間に3回が不可欠です。’動脈供給ネットワークを開発するための動脈症.

アンは、その有効性を推定しました 80% 浅大腿孤立性病変内.

D /トリートメント血行再建 :

1- 血管内技術 :

主な技術は、血管形成術およびステントあります (ステント)

2- 病的な動脈バイパスバイパス :

  • 伏在静脈を使用して自家.
  • プロテーゼは、すべてのサイズのいずれかダクロンでご利用いただけます, テフロンを展開されます.

3- ラ血栓 - endartériectomie :

エルは、アテローム性I Eが管財を除去することを含みます. それは不可欠LEMENT大腿骨分岐を越えた時に実行されます

4- メソッドhyperémiantes :

交感神経切除術は少数に限られています’適応症

5- 切断術 :

彼らはマイナーなことができ (アンカーの下流) またはメジャー (太ももや足).

XI- 表示 :

の治療管理’D期の患者’虚血d’努力 :

医療 :

危険因子の制御を含みます + antiagrégant + スター + IEC±動脈血管拡張薬は常に歓迎です

へのリハビリ’努力 : 3ヶ月から6ヶ月のためにすべての場合に試みるべき.

再灌流療法 (手術や血管内治療)

の失敗後に提供されます’少なくとも 3 月d’近位病変が無効化または脅かされている場合、良好な医療または早期.

欧州のESC勧告

フーダード博士のコース – コンスタンティヌスの学部