レンサ球菌感染症

0
6103

03 側面 :

  • 皮膚連鎖球菌.
  • 連鎖球菌粘膜.
  • 全身連鎖球菌.

連鎖球菌は’急性感染症 ; immunoallergique ; らポストstreptococcique.

非常に頻繁に, 多くの (EX : ストレプトをangine), 多様, さまざまな, 変数のgraviteeが可能 :

  • 皮相 : 皮膚EX : 丹毒, 膿痂疹, scarlatine.
  • 深いです : ストレプトをbactériémie, 心内膜炎.
  • にリンクされている炎症反応’感染 : maladieポストstreptococcique EXP : Hriaa ; sidenhamをChorée ; GNAポストストレプト.

ほとんどのS : ペニシリンGに一定の感度.

私- 顔の丹毒 :

  • 急性皮膚表皮炎’オリジンストレプト ; 広範囲 ; 顔のローカライズされた感染から開発 (傷, スティングd’虫, 外傷性の傷)
  • 突然発症, でマーク 71 迅速なT° (39-40), 寒気, そして激しい倦怠感, すぐに赤のホット浸潤が痛い表示され、痛みは灼熱感 (燃やします), プラカードインデュレ’から周辺に拡張’要点.
  • 標識は行く’クローゼット+区切りの周辺で強化 (周辺のビーズ) =蝶の羽. これは重要な浮腫の顔を行い、, S’まぶたに向かって伸びる^両側性結膜炎 (深刻さの兆候), 流涙対称, 食器棚は黄色がかった漿液性で覆われています’銀色の外観 (なので’顔に蜂蜜を塗る)

+ NB : ビーズはの特徴です’顔の丹毒.

  • 身体検査 : ADPの顎下, 衛星初期点や耳珠.
  • 進化 : それは環状であります, 治療せずに迅速に治癒するが、それは容易に再発しています (で 1 年, 3年…) いくつかのエピソードで, 可能性が高まっている’次のような複雑化への拡張性

+ ロケール : 化膿 ; 蜂巣 ; リンパ節炎.
+ 一般的なディストリビューション : 菌血症, 心内膜炎, またはポスト連鎖球菌疾患のRAA, GNA.

  • 鑑別診断 :

+ 顔の悪性ブドウ球菌感染症.
+ 顔急性の湿疹 (EX : 化粧品の応用)
+ 眼科帯状疱疹.
+ 炭疽膿疱

  • 治療 :

+ ペニシリンG 2-6 M /日IV / IM期間 : 10J + 地元のケア.
+ の場合’アレルギーエリスロマイシン : 2-3 グラム/ 24時間

II- scarlatine : (皮膚粘膜)

  • Toxi-感染, エージェント : P溶血性連鎖球菌グループA, Rhinoの-咽頭への出発点.
  • Sにより分泌される毒素 : 毒素érythrogenne (ルージュ) 皮膚症状を担当すると免疫力を持っています (exotoxine).
  • graviteeは、初期または後期合併症にリンクされています, (心臓, 腎臓).
  • クリニーク :

+ インキュベーション : 4-5 jの後に’侵略または激しい全身倦怠感によって発表された, フィーバー39-40°C, 頭痛, VMS, ±腹痛’子供, ±咽頭の痛み (dysphagie
+ スロート試験 : 狭心症, 扁桃体の赤, 拡散, C’あります’énanthème (粘膜へ), SANDY言語 (ロード).
+ 相D’状態 : 02 サイン.
– L’exanthème scarlatine : トランクで始まり、MS, ミリリットル, C’est un érythème diffue en nappes de couleur rouge vif sans intervalle de peau sain, 暗いと厳しい丘疹が点在.
– L’énanthème : 早熟, présent depuis l’侵入, 絶え間ない, 明赤色, la langue est le siège dune glossite exfoliative, そして、SANDY側面ロッテ, 舌の落屑 (アスペクトVのlinguale, と’a plus de muqueuse)
+ インクルード 6 eme jour d’進化, la langue est daspect rouge framboise, se nest que vers le 10-12 言語は、その正常な外観を取り戻します.
+ 進化 : リットル’exanthème régresse lentement alors que le Sd infectieux va disparaître très rapidement, 皮膚が落屑を持っています (AU) qui respecte lordre dapparition, elles faites déléments fins ou de larges placards.

  • L’évolution de la scarlatine peut être responsable de complications :

+ ORL : 中耳炎, 副鼻腔炎, mastoïdite.
+ 心臓 : Hriaa, 心炎のrhumatismales.
+ 腎臓 : GNA précoce ou tardive doù lintérêt de rechercher la protéinurie.

  • 治療 :

+ ペニシリンG : 2-4 M / D期間 : 大
+ そして、アレルギー : エリスロマイシン (マクロライド) 2G / J
+ 分離猩紅熱は伝染性であります.
+ 学校の立ち退き.
+ 腎機能の定期的なモニタリング / 心.
+ 届け出疾患.

III- Endocardite dOsler :

  • 細菌レジストリ (subaigüe), 健康や再加工のバルブに, 彼らは、Sビリダンスによるものです (nongroupables).
  • Survient sur linsuffisance que sur le rétrécissement et en rythme sinusal que sur arythmie.
  • 初め : 残忍な血栓塞栓症が発表されます (EX : 片麻痺) またはゆっくりと進行するだけでなく38から38.5°C + 青ざめていること (ワックス状の色合い) 証言する’炎症性貧血と進行性.
  • 心臓の聴診 : 有機発泡は日によって主要な日です (息切れn’排除しないでください’心内膜炎).
  • 皮膚の症状 :

+ 偽のパナリスd’Osler : 痛みを伴う腫れ, 儚いです, 指やつま先の上に座ります.
+ 紫斑病pétéchiale : 座席の鎖骨追加, jugal, サブリンガル.
+ 内蔵ジェインウェイ : リンゴと徒歩で
+ Tache ROTH : の底に’血管網膜炎の眼の側面.

  • 腎イベント :

+ 顕微鏡的血尿
+ 蛋白尿.
+ 炎症の結果 : VS7I, CRP7I, IGG 7I , 補数レベルの破壊.
+ FNS : 白血球増加があるかもしれません.

  • 診断 :

+ 血液培養抗生物質エアロ嫌気前.
+ Echocardiographie : 植生や傷の有無, (ミシン目, 破壊ロープ)

  • 治療:

+ 生物とその感度に応じて、.
+ 抗生物質 : 殺菌組み合わせの非経口的に. 例 :
– (3 lactamine + aminoside
– セフォタキシム + ゲンタマイシン
– セフォタキシム + ブドウ球菌た場合に電子バンコマイシン.
+ 対症療法 :
– Tonicardiaques
– 訂正血行動態障害.
+ 外科的治療 :
– 血行動態の障害の場合.
– の永続性’ヘモカルチャー陽性.

Oubira博士のコース – コンスタンティヌスの学部