ワクチン接種と妊娠

0
4980

私- 前書き :

妊娠は女性と彼の側近の予防接種についての情報への良い時間です

ワクチン接種は、前に行われる医療処置であります, 妊娠中や産後で.

II- 予防接種の目的 :

  • その免疫妊娠中に変更された妊婦の保護
  • 任意の感染性fetopathiesと産科合併症の胎児を守ります
  • 新生児ほとんどのワクチンに与える耐性は、人生の最初の数ヶ月で免疫原性ではありません (HBVとBCG除きます)

III- 妊娠中のワクチン接種のリスク :

  • 女性のための : 一般的にワクチンのリスク
  • 胎児へ : 生ワクチンのための催奇形性のリスク
  • 新生児のための : 人生の最初の数ヶ月の間に予防接種との相互作用のリスク.

IV- DIFFERENTワクチンと妊娠 :

A- 風疹 :

  • 妊娠中に対して、示されています
  • 妊娠中の偶発的なワクチン接種 : 無報告foetopathy, IMGただ1つの超音波モニタリングF兆候ありません
  • キャッチアップ接種産後
  • 避妊のワクチン接種中 2 月

B- 水痘 :

  • 妊娠中の女性は、免疫化されていない場合,Igpolyvalentes.
  • ワクチン接種後の博覧会 : 妊娠中の短所で示しました
  • コンセプト前 : 避妊と非免疫女子中のワクチン接種 2 月.

C- 麻疹 :

  • 妊婦で噴火が免疫されていない場合 : IG汎用性の管理
  • ワクチン接種を推奨

D- B型肝炎 :

ワクチンは、従って、表面抗原のない感染性を構成しません, ワクチン接種は、妊娠中に可能です.

E- TETANOS :

ワクチンは、破傷風トキソイドからなります

妊娠中や授乳中のワクチン接種缶.

F- COQUELUCHE:

から米国で推奨細菌性抗原で構成Acelullaireワクチン 20 週.

G- FLU :

母体のリスク : 罹患率と死亡率の増加

産科リスク : ABRT, MAPや早産, RCIU

胎児のリスク : 催奇形性はありません

新生児のリスク : 新生児の下でのいかなる可能性ワクチン接種ん 6 新生児におけるインフルエンザの例では、高い死亡率と罹患率とのヶ月.

V- 予防接種母乳育児 :

母乳育児は黄熱病離れワクチンに対する母体の免疫応答を変更しません。, すべての予防接種は、産後に可能であり、.

A博士のコース. ABES – コンスタンティヌスの学部